秘密基地試聴の記

日曜日は知人2名が訪ねてきてくれました。
IMAIさんはメグ ジャズ オーディオ愛好会のスタッフを買って出た
熱血オーディオマニア  そして もう一人は
イメージ 2
           http://hakusen.jp/
Kaeriyama Kosuke 
白線所属の映像作家
 anoというSPを造る方 

なかなか面白い箱無し構造

私も箱の音、特に中型位の
SPのバスレフで
稼いだ低音が苦手
むき出し46cmで
頑張る小生は共感!

 若いオーディオマニアは貴重な存在です!
イメージ 1
逸脱したレイアウト もしかしたらメチャクチャではないかと思ったらしい
そりゃそうですね...しかし、某媒体の大先生にもお褒め頂いた
見た目に反した定位、広がり、奥行きに驚いてくれた。
「今まで聴いた中で一番良かった。ドラム、特にシンバルのリアルさは凄い」
まあ、お世辞半分にしても嬉しいかぎりですね!

デジカメ録画 Dido Don`t Believe in Love

スポンサーサイト



メグイベント その2 まちがえて日記にかいたのと同じもの

字数オーバーでしょうか
続きです。  リピーターのズ

¥¤¥᡼¥¸ 1

           またそれました..

音のいんぷれは、イベントの環境、
状態で正しい判断
 
が当然できませんが、
44、1の音源の場合、かけるCDによってはメグのWADIAの方が
なじむ物もあり、
実際、挙手でどちらが良かったか聞いていましたが
好き嫌い半々という物もありました。が、、
やはりルビジウムでシンクしたハイレゾ物は圧巻です!
ここは皆さん同感だったと思います。

ところで

私もPC派になってしまってます。
動機は寺島さんから譲っていただいたEMT-986
HDDにリッピングし、ルビでシンクしたら、ストリーミング
よりも精度が高い音。特に音場、奥行き、高さ表現が
高いな~と。

それから手持ちのMACからAMARRA,
RME800、dcs992-2+業務機 GPSセシウム。

私は整数倍が好みですので88,2 Dual AES-EBUで
dcs DD-DAでございます。

192kや配信ものは、まだ手持ちのCDも取り込み中、
聴いてないCDもいっぱいあるのに、それらハイレゾ
を買い出したら...結果は見えてますので禁じてにしてます。

それました....

御田さんもオーディオ界の活性化のために
PCや配信化は必要、皆様ぜひ興味と導入をとおっしゃって
おりました。まったく同感です!
私は音響関係外ですが、扱っている開発物には音響ものが
着いていますので実は結構関係あったり、当然、付いている
オーディオ 
が購買動機になってきます。
ipodや車で聴いてる音楽がもっと良い音で家で聴ける。
でもオーディオは糞高いし、分け分からんオカルトだし。
しかし、PCオーディオはもっと分け分からんと言う人もいますね..
こんな事しなくっても皆さんお持ちのウィンドウズで
簡単便利にUSBで繋いだインターフェースで
SPDIFを出し、あとはおなじみのDACに繋ぐだけなので
安くトライ出来ますし、
一体型の簡単PCオーディオもどんどん出ますね。

などと考えてたら
あっ バスが無くなる.....
田舎者は辛いです。途中で退場....

ピュア派で否定的な気持ちがあるんがけど..でも
興味はあるかたは、まずはお気軽にやってみる事を
お勧めしたいですが....
分け分かんないという方多いんでしょうかね~??。

メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 会長 皆様
お疲れさまでした。

ではでは。

メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 PC AUDIOイベントに行ってきました 2

字数オーバーでしょうか
続きです。  リピーターのズ

イメージ 1

           またそれました..

音のいんぷれは、イベントの環境、
状態で正しい判断
が当然できませんが、
44、1の音源の場合、かけるCDによってはメグのWADIAの方が
なじむ物もあり、
実際、挙手でどちらが良かったか聞いていましたが
好き嫌い半々という物もありました。が、、
やはりルビジウムでシンクしたハイレゾ物は圧巻です!
ここは皆さん同感だったと思います。

ところで

私もPC派になってしまってます。
動機は寺島さんから譲っていただいたEMT-986
HDDにリッピングし、ルビでシンクしたら、ストリーミング
よりも精度が高い音。特に音場、奥行き、高さ表現が
高いな~と。

それから手持ちのMACからAMARRA,
RME800、dcs992-2+業務機 GPSセシウム。

私は整数倍が好みですので88,2 Dual AES-EBUで
dcs DD-DAでございます。

192kや配信ものは、まだ手持ちのCDも取り込み中、
聴いてないCDもいっぱいあるのに、それらハイレゾ
を買い出したら...結果は見えてますので禁じてにしてます。

それました....

御田さんもオーディオ界の活性化のために
PCや配信化は必要、皆様ぜひ興味と導入をとおっしゃって
おりました。まったく同感です!
私は音響関係外ですが、扱っている開発物には音響ものが
着いていますので実は結構関係あったり、当然、付いている
オーディオ
が購買動機になってきます。
ipodや車で聴いてる音楽がもっと良い音で家で聴ける。
でもオーディオは糞高いし、分け分からんオカルトだし。
しかし、PCオーディオはもっと分け分からんと言う人もいますね..
こんな事しなくっても皆さんお持ちのウィンドウズで
簡単便利にUSBで繋いだインターフェースで
SPDIFを出し、あとはおなじみのDACに繋ぐだけなので
安くトライ出来ますし、
一体型の簡単PCオーディオもどんどん出ますね。

などと考えてたら
あっ バスが無くなる.....
田舎者は辛いです。途中で退場....

ピュア派で否定的な気持ちがあるんがけど..でも
興味はあるかたは、まずはお気軽にやってみる事を
お勧めしたいですが....
分け分かんないという方多いんでしょうかね~??。

メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 会長 皆様
お疲れさまでした。

ではでは。

メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 PC AUDIOイベントに行ってきました

今回で三回目となるジャズ喫茶メグ: http://www.meg-jazz.com/
メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 PC AUDIOイベントに行ってきました
急速に押し寄せているPCオーディオ企画です。
  アナログレコードやCDなどへのこだわりは当然ありますが、まずは、素直にPCオーディオを体験してみましょう。
当日は雑誌「PCオーディオfan」に頻出されている御田照久氏に友情出演をお願いし会に彩りを添えて頂く予定です。 
2.CD/アナログレコード試聴 
皆様にお持ち込み頂いたCDやアナログレコードを順次試聴。是非、聴かせたい
あるいは音質が優れているCD/レコードを積極的に紹介願います。
補助席導入で満員です! オーダーの飲み物などお客さんが
バケツリレーっていう状態っていう熱気あふれる中、6時にスタート
PCオーディオ界のカリスマ、PCオーディオfan
   でも有名な御田照久氏
イメージ 1
会場での情報。プレミア付いてます。  ほんとですね~
¥ 3,200
+ ¥ 250(配送料)
コレクター商品 - ほぼ新品



 ワイエスティーさん、ピュアサウンド横浜http://puresound.jp/
イメージ 2
皆様準備万端! まずは御田さんから、PCオーディオの説明がありました。

使用機材は
MacBook Proにリナックス、ウィンドウズ、マックのOSを入れて
ストリーミング再生 ~ 
Firewire 400で
ECOH Audiofire4 
ORPHEUS  DACでアナログ化 
Weiss DAC2 AC202  
Weiss ATT202 
Phase Tech ルビジウム 
Antelope OCX で同期
そこから、寺島さんが嘆きそうなXLR,
カナレかなにか(確認できませんでした)
の(もしかしてすんげー良いケーブルだったのかもしれませんが)
が天井を伝わりながらメグの前段、パワーアンプからDUOという
要するに、WADIA&TMDがPC&細いXLRになった状態。
といった具合だったと記憶します。
御田さんとお話ししたかったのですが
なんせ込み合ってて、
遠くからお顔を拝見していたのみでした..皆様また次回機会が
あったらよろしくお願いします。
詳しくは
PCオーディオfan 3に掲載されるのではと思います。
しかぁし..機材の説明に寺島さんが(も)ついてこれません......
はあ??今のは日本語ですか?っって感じでしょう。
多くの会場の方々も、一体全体PCがどうやって
オーディオとつながって音を
出すんじゃ?って。
云々、問答~分かりやすい説明に半分(以下)
納得しながら、
まあ、いから音きかせてよと。

......やはり何か上手くいかないことが起こるのが
世の常ですね......音が途切れてし合います..

後に判明しますがインターフェースの電源が
メグのパワーアンプのTAPから取られていたため
Volが上がった良いところで当然電圧降下!
プロ機なので
機械が正直にミュートしてしまったらしいです。

やはりメグにもマイ柱が必要ですかね?

さて、調子が戻って!
メグのWADIAとPCの聴き比べです。
イメージ 3
精度、ハリの良さ、PC系の傾向は
やはりいい感じです。
寺島さんが嘆きそうなXLRなわりには凄い。
あの長さをカナレで引いたらかなりボケそうなのですが。
あっ..うちのFireWireも7m必要なんでPC用の5mリピーター
残りの2mを悪あがきにエソテリック1394です...
でもその2mのエソが効きます。。
ほんとに5m以上はだめなんでしょうか?6mで自作してみようかな..
詳しい方お教え頂けたら幸いです。

WEリピータートランスを導入

用事が早めに終わったので..工作 具を並べ...さてと..

イメージ 1
ケーブルはABS-EBU用の物。
線径が太く、他にも使えそうなのでスプールで買っておいた。
信号線に使ってもいい感じ(インピーダンスは高いんですが)
イメージ 2

半田は30年前の松ヤニと銀入りのMIX

イメージ 7

ジャンパーはオルトフォン7N

イメージ 8

とりあえず組み立てて

イメージ 9

繋いでみた

イメージ 10

Ashanti ShiShi/ Dreamsを聴いてみる。
ハム音を混ぜてディストーションを効かせた声、公園で遊ぶ子供達に
将来の夢を聞いているが、公園の環境音の場と子供の立ち位置、
背の高さまで再現されるマイ、チェックCDです。
イメージ 11



家の得意な音場の広さや奥行き
位置情報がボケてしまっている。 うーん。。。そうだ!
イメージ 3
知人に特注で造ってもらったアモルファスなどの合金テープと
制振、シールド材を巻いてみる。
なんでもこの薄いテープで4mm厚の鉄板と同等のシールド効果とか。
制振、シールド材込みで頑強な箱に入った以上の効果。
弱磁性体なので、磁石にほとんど着かない。
イメージ 4
グルグル キラリーン
イメージ 5
音場、定位も向上。
それプラス、音もより生音的に変化ました~!。

NBS  高かったんだが....休眠か..まあ他の場所に移接ですね...

イメージ 6


Toutube動画ですが、マイクが会議などで声を拾うタイプの物
しかなく、R/Lも判別出来ず..音はそんなわけでいい加減です。

Susan McCorkle-Dream  At Long Last Love
For Jazz Audio funs only Vol .2  Blues of J.M
Diana Krall-The Girl in the Other Room
Temptation
こんどマイク買ってみようか....

まあ、あんまりうけなさそうなんで入れ込みませんが..

iphone App Store 160デシベルメーターをためした。

App Storeで購入したこれ↓
160dbデシベルメーーーーーターーー!!
イメージ 1

他のアプリも複数試したが、精度がいまいちの模様?
106デシ位までしか計れないし、こんなに出てないだろうという
甘めの数値だったりした。

どうやらこれはソフト上で演算して表示している。
音源から測定ポイントの距離をスライダーで合わせて計る。
とりあえず、リスニングポイントにi phoneを置いて
SPとの距離を計ると、マルチなのでバラバラだが、
中高域ユニットから概ね2.5m。
距離設定のピッチが大きいので、近似値2mにセット。
なので表示される数次はちょっと少なくなるが、
まあ、お遊び感覚なんでご勘弁を。

ピュアオーディオからは敬遠されそうな方向にちょっと
マルチのバランスを変更し、クラブ系な音色で鳴らして
安物デジカメで録ってみましたので音は酷い。
やっぱ量は大切ですね!!。



衝撃吸収材で解像度向上作戦_アナログ編

新素材の衝撃吸収材、ツルツルのたった0.3mmの板なのに5mm厚のスポンジや
ゴム、アルファXXXよりも優れた吸収性能に感じる。何より良いのは、柔らかさ
や、ストロークに吸収を依存しない、化学的な吸収なため、オーディオのインシュレーターに使用しても音が甘くならない。逆に切れが向上し、各楽器の位置情報や定位、奥行き、広がりが格段に向上する!My秘密兵器公開です。

動画


SX8000-2はオルトフォンSPUのため挟むところがない...
SME 3012Rのアームベースに1mm厚のものを2枚にして
かましてみた。

イメージ 1

GoldMund STUDIOはTITANなので、シエルとの間にかましてみた。
ワッシャーわそれなりに造って試した...
イメージ 3


イメージ 2


アナログはカンチレバーが一本でステレオ分の動作を溝からひろう。
そういった機械的な制約、クロストーク...セパレーション..
アナログサウンドの味の一部だと私は思っているが、
このイジくりでまたまた解像度、切れが向上。
アナログの良さも向上した感じで大満足!!

衝撃吸収材で解像度向上作戦_アナログ編

新素材の衝撃吸収材、ツルツルのたった0.3mmの板なのに5mm厚のスポンジや
ゴム、アルファXXXよりも優れた吸収性能に感じる。何より良いのは、柔らかさ
や、ストロークに吸収を依存しない、化学的な吸収なため、オーディオのインシュレーターに使用しても音が甘くならない。逆に切れが向上し、各楽器の位置情報や定位、奥行き、広がりが格段に向上する!My秘密兵器公開です。

動画


SX8000-2はオルトフォンSPUのため挟むところがない...
SME 3012Rのアームベースに1mm厚のものを2枚にして
かましてみた。

イメージ 1














GoldMund STUDIOはTITANなので、シエルとの間にかましてみた。
ワッシャーわそれなりに造って試した...

イメージ 3
イメージ 2

アナログはカンチレバーが一本でステレオ分の動作を溝からひろう。
そういった機械的な制約、クロストーク...セパレーション..
アナログサウンドの味の一部だと私は思っているが、
このイジくりでまたまた解像度、切れが向上。
アナログの良さも向上した感じで大満足!!

アバンギャルドイジリ、実験中の写真追加です。

たいした写真ではありませんが、吊しのDUOを聴いていた時に
ホーンやエンクロージャの鳴きを減らしたらどう聴こえるかを
試していた時の写真です。
これはゴムにフェライトやアモルファスなど色々な材料違いで練り込んだ制振、電磁波吸収目的の板材をたくさん試作した時に、結構重たいので、ちょうど良いやと
このように上に乗せていって聴いてみていた実験写真です。
この板のせは調子が良かったが、見た目が悪かったのでリング作成へ。

回りに巻いてタイダウンで縛ったりもしましたが、ゲストブックでもご指摘頂いた
とおり、殺し過ぎてもダメですね。

イメージ 1

ついでに、ロールで調達した厚手のシンサレートをカーテンにするための
金具を引っ掛けるカシメ工作中の写真。
おかげで冷暖房の効きも良く鳴りました~

イメージ 2

このカーテンがある側の壁前に立つと、無響室のような感覚が感じられる。
物凄い効果! 今は畳んで吸音面積を減らしてるが、そうだ、
アホマルチでSPが増えたので、もうちょっとデッドにしてみよう。

アバンギャルドいじりその2

指向性の強いホーンタイプ、本来不向きなニアフィールドリスニング
なのは承知で導入したのですが、ホーンの鳴きが良ーく聴こえる程に
近接状態.....頑強な金属ケースに収まったコンプレッションドライバーとは
違いアバンギャルドは通常のダイナミック型のユニットを薄い鉄板の筒に
マウントしてある。そのセンターキャップがこんにちはと見える部分は
薄いABS樹脂の端末がコーン紙のピストン運動ともろにご対面状態。
これは鳴かない訳がない。当然鳴き込みで、もっと離れたところで
特性がそろうように設計されているのであろうが....
さて...いじるにしても、ホーン裏側にベタベタ何やらを塗り固めたのでは、
アバンギャルドの作者様が「こんな事しやがって」と思いかねない。。
どうしようかな。
というわけで、今回はABS樹脂の弾性とこの形状を生かして、
ホーン外周にハマり、外側からテンションをかける構造の物、そう、
孫悟空の頭の輪っかみたいな物を透明アクリル削り出そう。と。
72度X5分割で芋ネジで組み合わせるように設計し作成した。

ゴムの両面テープを合わせ面にはさみ、ホーン外周が締め付けられるように
押さえ込み固定。 また、数カ所裏側から穴を開けておいたので
そこに、聴きながら鉄の棒を差し込み質量UP.
イジリ前にセンターキャップ近くを叩くとポンポン言ってたのが
ほとんど鳴らなくなりました。  
装飾はノッティンガムのターンテーブル風にしようとカスタムペイント。
ちょっと芸風が違いましたが、まあ奇麗だし、高そうにみえるかも。
ジコマンですが。  

こんなかんじ↓
青いところ
ホーン外周の断面に
ハマってる構造
イメージ 1

ついでにオンキョウのグランドセプター開発記を
読んだだけでマネして造ったイコライザー。
形状は色々買えつつ、つけたり外したりしながら
SPが主張しない自然に鳴るようになったと思う。。

ガムテープで貼って試してる模様
イメージ 2

形が決まった模様

イメージ 3

鳴き対策/アバンギャルドのエンクロージャー編

元々吊しの音では満足しないたちで、いじってしまう覚悟で導入したものの
やはりSPとの距離が近く、ホーンの短所をさらけ出す環境(悲!)
狭いからしょうがない...
アバンギャルドのホーン部はチャンデバで切って、マルチの一部分として
鳴らしているが、帯域を切ったせいか?やはりプラスチックのメガホン的な
ABS樹脂の鳴きが気になる。 ここの補強は、裏側になんかしらを塗りまくるのは
美観を損ねるのでひとひねり(また今度書きます)、今回の写真は
イメージ 1
これは3M社のシンサレート。
20mm厚程の物をロールで2個入手し、部屋の吸音に使用した。
カーテンレールを施行してつり下げ、デッド加減は簡単に調整できる。
そーっだ!余った端切をつめてみよう。
イメージ 2

........ブリキ.......
こんな具合に吸音材が詰まっているが、筐体は薄い鉄板なので鳴いてしまう。

イメージ 3

シンサレートはスポンジよりも低い周波数から効いてくれるので効果に期待!
そして、裏蓋をしてこのホーンを下向きにした状態でシンサレート有無比較。
測定まではしなかったが、聴感上ではいやな鳴りがかなり減少。
うーん いい感じ!
まあ、マルチでMID HIあたりの受け持ち。音圧も出さないので大丈夫でしょう。

イメージ 4
あまったのはこんな風にTWに巻いてみた。
厚過ぎです。薄くすればいい感じになるかな~
コンマ数デシを絞りたいかな、音色もちょっと和らげたい。
RなどのATTの色つけが上手く好みに合わないなどと言う時には
良い手かな~と思います。




プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR