電気自動車

パンクしたから電気で走る自動車にした。(大嘘)
ヒーターを入れる。
電池の減りがはやい。
160Kはムリだといわれた。

短距離ランナーだろう  冬は....


道路じゃないとこでふんでみた。

速くておもしろい....
静かさはすばらしい。

電気で走る自動車の時代が来るのだろうか? 





スポンサーサイト



ベートーベンの交響曲第九GLASS CDをダイナミックオーディオ 5555 7Fで聴いた

  お借りしたGLASS CD
イメージ 4



を返却時に川又さんにお願いしてこの イメージ 2
 
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/SONUSFABER.html 2000万円! 総額5千万超えでの演奏をしていただいた。

システム構成は以下のお通り。 

イメージ 1

このHALは4~50畳はあろうかと思うヴォリューム!そして床を固め、吸音や拡散で音響的にも整った 

イメージ 3
素晴らしい環境。  過去に多くの音楽家や業界関係者が視聴に訪れ、世界一との評価を頂いたという 語りつくせない逸話のある部屋である。 

このような素晴らしい環境とシステムでの演奏である。 

快諾頂き、いつもの機材で録画した。 
http://i4.ytimg.com/vi/OmcBX-D8pFY/default.jpgダイナミックオーディオ5555 7F HAL.m4v


遠方だったり、入りにくかったり(当然ですよね・・笑)の方に、少しでもこの素晴らしさが伝わったらという思いで 
YouTubeにアップしてみました。 
もちろん小生のなんちゃって機材も音質は優れませんし、ToutubeはMP4ですので、あくまで雰囲気でお楽しみください。 

音質と言えば、過去のTVの放映ではがっかりしました........

タモリクラブで紹介された5555です。 1Fから7Fの各フロアー、7FのシーンはジャーマンフィジックスPQS402
GERMAN PHYSIKS PQS402  とカリバーンという物凄いターンテーブル  Caliburn Analogue Playback System
鳴り出して、タモリさんとコブクロさんたちがビックリしてるリアクションで番組終了でした。 
6F 東さんの部屋は小渕さんオーディオ装置をセット、5Fではクロックの説明だったと記憶。4F、島さん部屋では
黒田さんが現在使っているTRIGON のフォノイコライザーをグレードアップしたいとBetter Together/Jack Johnsonで音だしし、様々な機器で試聴している様子が放映されていました。

TVでも、フォノイコの音の差が聴こました。しかし全ての階で言えますが、音が悪かった..ちゃんと伝わっていなかったと感じます。

当然、SPから再生された音の録音ですし、限界はあります。
そのSPから出る音も小生的には、AUDIOの音ってなんでこうなっちゃうんだろうという音だったりはあります。が...それにしても
どんな風な収録だったんでしょうか? もうちょっとちゃんと撮って欲しかったと思いましたが...
音はさておき1Fからはじまって駆け足紹介でしたが内容的には楽しめた番組です。


このあと6Fの東さんの部屋でJBL66000をGLASS MASTERで鳴らすなつかしのアナログも撮りました。 

また次回。 

タイヤバースト!

仕事の帰り道、突然ハンドルを取られバタバタ音!

あいや~ パンクあるよ.....

狭い道だったので500m程走行してコンビニのPへ。
左前のタイヤがぺたんこだった。

インサイトはスペアタイヤがない。
タイヤパンドみたいな液体とコンプセッサーで応急処置をしろという物。
軽くなるしコストも安いが...使用者にこんな事やらすのはいかんと思う!!!

            ダメ元でやってみた。

イメージ 2

やっぱりダメ。 ちょびっと走っただけなのにビードが落ちた様で
この貧弱なコンプレッサーでは空気が漏れ、入らない。
スペアタイヤがあればとっくに走れてるのに...

そういえばディーラーはサイドウオールが切れたりしたら直らないので
そういう場合は保険会社の対応でやってと言ってたような....

ふざけんなと言いたくなる
... お客様視点とは言いがたい。

さて.... パンクしたタイヤをせめて後輪に付ければ走れる。
しかし、ジャッキが一個しかなあああい。

家に帰ればガレージジャッキがゴロゴロしてるのに...(スピーカー持ち上げ用で)

さんざん徘徊して運良くコンクリーと木の板を拾った。
あああ重い。   
イメージ 3


























前を上げてこれらで支えてジャッキを外して、後ろに使って前後を入れ替えた。

回りのスタンドは壊滅状態。
7Kmは走らないとならない。
やっとガススタに到着したが、サイズが無い...

結局帰宅しタイヤを外した。

      こんなんだった。
イメージ 1


別の車にぶち込んでスタンドに持ってって交換してもらった。

あーーやれやれ...

          カメやワンがお帰りと言ってた。
イメージ 4




そういえば昨晩、知人と大宮で飲んでた時に、彼がカナダ、レイクルイーズで
バーストし、40Kmリムだけで走行したという話を聞いたばかり。

シンクロニシティーですね!




ベートーベンの交響曲第九 ガラスCDの試聴

イメージ 1
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/index.html

ダイナミックオーディオ 5555 7F 川又店長の主催する☆-H.A.L.'s Circle -☆-
というサークルがあります。http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/circle.html

2000名を超える会員がおり、VIPと呼ばれる顧客から、憧れ、羨望として拝見している方、
はたまた業界の方など、様々な会員がいると思われる。

なんにせよ、良い音、凄い音、等で音楽を聴きたいと思った方々が
何らかの縁でこのH/Pを見て参加していると思う。

店長の川又さんはより広く多くの方々にこのすばらしいオーディオの世界を知ってもらおうという趣旨で様々なイベントを企画しているクリェーターでもある。

その数多くの企画のひとつが、この

カラヤン指揮ベルリン・フィルによるベートーベンの交響曲第九番 グラモフォン・レーベル ガラスCDの試聴貸し出しであります。

小生、最近はもっぱらPCトラポ。 理由は単純。 利便性では無く、PC出し、AMARRA-fireWire-RME FireFace800-OPTICAL or AES/EBU-
が、音が良いから。

でも、このCDを休眠中のP0sVUKやVERDY、EMTなどで聴いたらどうなんだろうか?と思ったから。

金曜日、帰宅したら届いていた。 着払いでも良いのではと思うのだが送料は川又さん持ちである。有り難い。

開梱。  ささやかなお礼をかねて、5555のカレンダーや、最新のステレオサウンド広告のページ
そして、過去に2回行われた川又さん主催のHAL`S PARTYの参加オーナメントを映した。
このPARTYはメーカーや代理店の方々とコミニュケーションがとれる大変貴重なイベントであった。
経済状況で継続が厳しいと思われます。 有料でも良いのでこういった集いが欲しいのは少数でしょうかね~....
イメージ 2
さてと。。

土曜日、朝から暖気した。

低域部機材が変わって、部屋も改造中。
照明はDMXをやってみてるし、やりかけだらけなんで音はいいかげん。

でも、貸し出しは数日というお約束。まあ、おと出すか,,,

追いこむ時間が無いから適当な調整で、どんなかなとDGで見てみた。
イメージ 3



ちょっと低域きもわるそう。 やりなおし。

イメージ 4


低域30Hzあたりは落としたが他が暴れた...またあとでやろう... 超高域のピークは
小生の好み...

  ってかんじで小一時間いじって、半端であったが
       昼過ぎから聴いてみた。

イメージ 7


CDTもそれぞれ持ち味がある。

これはヴェルディ 
大場商事さんに厳密に調整してもらった。


 誇張がなく、解るものが選択する機材という鳴り方でしょうか?

P0sVUK+ローゼンクランツのインシュレーター

重量が乗る感じだ。
この変化を楽しむのもオーディオの快楽、苦労のひとつだろう。
イメージ 8





PCには試聴版のポリカのCDを入れた。 
理由は、20万の物を取り込むのは気が引けたというのは建前。
もしこの重めな板をPCのおちゃらけドライブに入れて、何かあったら(板に)弁償しなきゃならんから....



重さ計ったんだ..
           ガラス
イメージ 5





           ポリカ
イメージ 6








 

PCT
比較して極端に言ってみると...良く言えばズバっとくる。 悪く言えば弾力が少ない。
小生のお好みな広がりや奥行きや切れはこちらが好き。

という感じです。

お借りしたCDは多くの方々がお待ちだろう。
はやくお返ししよう。
今日は寺島さんのお店、吉祥寺メグでJYAZZ AUDIOがあるのでアキバまわりで行ってみよう。
5555 川又さんに返却して、あの2000万のSPでこのCDを聴かせてもらおう!  出発!

このお話はまた次回。

では。
          よろしければノゾイてください

タテマツ音響特注BOXのJBLダブルウーハー使い!再度訪問

以前に日記でアップした<夏休みに訪問した都内在住オーディオマニアのS.T様>
タテマツ音響特注BOXのJBLダブルウーハー使い!
S.TさんはTADSHINさん

         今回は盛りだくさんなイベントでした。
 
イメージ 1

ロックやPOPを聴くという珍しい?ハイエンダーだ。
しかし、多くの方が音楽を聞き出したときは歌謡曲やPOPなのではないでしょうか?
現在の美音オーディオでロックなど聴けたもんではありません。
でも、本当は若かりし頃聴いたあの曲を良い音で、さらに爆音で聴きたいのではないでしょうか?





   TADSHINさんはアナログやら自作やらなんやらの幅広いマニア。

イメージ 5
 掃除マニア?
レコードの脱皮したものです。

   ぺりぺり

前回伺った時のRCAケーブルを一新されたと。
OYAIDEの910や一番高いプラグ(世界が違うので名前がわからん..)
とかいうものにフォックQとかいう薬でドーピングしたり
カーボンのSFチューブとかおしゃっていたと思うアミアミで巻いたり
と、見た目も高級な物を造られていた。
イメージ 3
                 お聴かせ頂いた音は、よりクリアーになっていた。


アキュフェーズのDF-45の設定値もいじられていた。

これは聴いてすぐに分かった。
前回よりもシンバルの芯が出ている。が、小生の持ち込んだキワドい音源だとTWには厳しい局面も...
しかし、TADSHINさんは古めのPOPがメインソースなので良いのかもしれないと思った。
でも、爆音ロックは厳しそうだ。 でも出ない方が良い。というかそんな音は都会の住宅地で出さない方が良い....
イメージ 2



 これはTADSHINさんの金ぴか

同行したmoonks前泊さんが貴重なアルバムを持参。
懐かしいレコードを盤違いで比較したりで盛り上がった。
45回転でも音がそれほどでもない物や、やはりオリジナルがもっとも深い音だったりと、アナログの泥沼をお聴かせ頂いた。


イメージ 4



TADSHINさんのCDPトラポが音楽再生的にも優位という印象です。








そして、小生の持ち込んだ電源ケーブル比較。

結線は大仕事だ。
しかし、計算された構造で、テキパキと交換される。




裏にはさらに凄い状態があった! 

整然と並んだAC郡が美しい! やはり、見えない所にもこんなこだわりがあった!


イメージ 6

ビンテージ単線、N数なんて分からんし、ゴミみたいな線材ですが、良い仕事してくれます。
TADSHINさんのシステムに相性が良く造られた高額投資線にかなう訳ありません..

しかし、やはり、広がりや濃淡の出方など良い所もある。
ケーブルイジリも奥が深いし、面白い。

最後にTADSHINさんの使われているSAECのアームWE305-SXのオーバーホールびフォア アフターの音比較。
オーバーホール前のアナログ音源をコルグのADでLPCMで取り込んだ物をCDRに焼いたものと そのアームのオーバーホール後の音源を同条件で焼いた板の比較。

確かに解像度が高くなっている。





オーバーホールで交換された部品を見ると、線からベアリング、ビスやら、相当数が変えられている。



奇麗な部品なのに変えられているここまで変えてくれるんだと感激した。  しかし、考えた。
物が古いので錆などの腐食があったら交換するしかないが、もし、程度が良いもんだったらどうなんだろう?
乗り物系エンジニアリングでもある小生からすすると、アクスルなどで何百回転もグールグル回るベアリングでも超寿命なのに数回転するかしないかのベアリング、まして加重はノミのウンコ程?
だからへたらないとは思う。それよりも、微細な軸ずれや、ノミのフケみたいなゴミ噛みの方がフリクションが増えるとは思う。
清掃して、きっちり擦り合わせる事も当然行われているのだろうが..

残存少ない部品なので新品にしたいのは分かるが、逆に考えると残存少ないのに変える必要の無い物まで交換して、在庫がなくなってしまうのも悲しい。 (小生もSAECファン
、308、506など持ってるが...ムリと言われて悲しいから書いてるのかも)

まあ、車の車検整備でも減っていないに交換される....日本の文化なんですかね....
アナログ文化を守っていきましょう。(最近PCトラポばかりですが)

TADSHINさん 実験試聴、楽しく、勉強になりました。
あのあとドッと疲れたとの事。
何度やっても、演目を考え、音を追いこんで人に聴いてもらうのは
緊張しますね。 ありがとうございました。

また家のアホサウンドをお聞き下さい。

カイザーサウンド訪問 続編の続編の続編 まだまだあるよ

      今回はSPの話
最初にお聴かせ頂いたのは、  マジックシリーズ
人間国宝の手漉きによる和紙製コーン
日本人にしか作れない世界最高峰のフルレンジスピーカーhttp://www.rosenkranz-jp.com/Product/Speaker/Speaker_indx.html

イメージ 1





この独創的な形は様々な思いのあらわれだ。
板が二重に使われていたりするから独特なデザインとなっている。
全てがカイザーゲージで造られていて、音楽再生、強弱、濃淡の響きを出すという説明。

確かに叩いてみると全ての箇所での音が違う。
家のアバロンやPMCやレベルも叩いてみた。

昨今殆どのエンクロージャーは鳴きが無い剛性で造られ、素性の良いユニットの性能が全面に出るような設計が多いと思う。
確かに、エンクロージャーを響かせると好き嫌いが多くでるとは思う。
 そこら中叩いてみた。  いろんな音がした。
               
               文字プチ 


昔むかし、タンノイのアーデンを入れたが一週間でおさらばした。好みの外だったから。

箱を鳴らさないのがマイ好み。
実際、自分のSPも中音部は箱が無いし。

しかし、小型SPでユニットの音だけ聴くのは厳しい...

だから、どちらもある。  良い音がすればどっちでも良い。

裏側にはこの
SP-AT(8NLimited)
端子が  税込価格 \157,500!!!
イメージ 3




























  接点を減らすのがセオリー 美音追求で純水のように鳴るピュアの世界へのアンチテーゼであろうか?    足し算でも良い音がでればそれで良いと思う。


ユニットはFeastrexというなんとも凄いものを造られている会社http://www.ibi.co.jp/index.htm   Feastrexスピーカー、キノコと健康・ひとり言
にお願いして貝崎さんスペシャルというのだから.....

このFeastrex フルレンジスピーカーも、H/Pやブログを拝見したが、なんとも物凄いこだわりで開発されている。
その常人離れしたであろう開発者にカイザーサウンドの特注品を造ってもらってしまうのだから物凄い事の二乗状態....。
イメージ 4



  このギャップの狭さ!









イメージ 5




コーン紙も放射状にエンボス
加工された特注品







イメージ 6






ダンパーも波の減衰をモチーフとした
特注品






   持参した高音質CDをかけて頂いた。
     
     フルレンジの位相の良さ、素直だが音離れ、飛びの良い鳴り方だ。
      エンクロージャーも適度に唄っているのだろう。

(デジカメ動画ですがバランスの良い鳴り方は再現されていると思う)
          文字プチ 


もうひとつは以前に小生のブログでアップした
ハイエンドショウでお披露目されていた12CMのSP
 黒く異彩を放つSP、外観から受ける印象より遥かに大きな広がりや奥行きが再生されていた。 
12cm一発なのでナロウではあるが、そこもまた魅力的
なぜこういう鳴り方を造っはのか?お聞きしたら、
MBLをお持ちで研究したとの事。 
イメージ 7



という物の新たな試作機が丁度送られてきた。
じゃあ昼めしを食べてから新旧で聴き比べしましょう。

秘密の仕掛けも見えちゃうけど...昼ゴハンを食べてから
組み替え作業からやりましょう!

という事で近所へ食事へ。

                  良い寿司屋があるから行きましょう!

高そうだ....  高いスカイツリーが向こうに見えてるし...  

イメージ 8
 








おすすめ握って!  出てきたのは大間の黒マグロ! 築地直送。














イメージ 9
























    同行した子はこそこそ財布の中を確認しだした...

                    小生はVISAのシールがあるかを確認...
イメージ 2







  本当に大間なんですね~  釣りとかってかいてありますが.....

  関サバやハマチや  竜宮城。

  恐怖のお会計タイム。

ごちだった(ホッ)


満腹!! ごちそうさまでしたァそして貝崎邸に戻り、試作SPの搬入から!

   また次回





Ovumをダイナミックオーディオ5555 6F 東さんの部屋で聴いてみた

吉祥寺メグ、ジャズオーディオのイベントに出し、オーディオマニアや音楽界でも名のある方々に聴いて頂き、評判が良かった。

Ovumは近々売り出したい域にまで来たので、本来は値段や最終的な姿の提示が好ましいが、あせって仕上げだけしてもしょうがない。

まだ足は未塗装だし、スパイクやターミナルも暫定ではあったが、「メグで評判良かったんですよ。よかったら聴いてみますか?」
ダイナミックオーディオ5555 http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/top.html東さんにメールしてみた。

イメージ 1




   オッケー
とお返事
東さんはもっぱらの趣味人である。 秋葉原でも、もっとも長居してしまうお部屋なのだが、
「これも聴いてよ」とどんどんソフトが鳴らされ、品評会。車やレースの事などでも盛り上がる
                  東さんVIPのお客さんから招待されたF1レース
イメージ 2

その昔、お店に入ると電卓片手に定員さんが「何をおさがしですか? スピーカーは何をお使いですか? じゃあこのアンプしかありません
今ならこの値段でいいですよ」と... セオリーの押し売り。OR こいつは買わないなと寄っても来ない...
 まあ、営業なんでいたしかたないんですがね....
そういうスタイルとは対極的。 
そういう姿勢がハイエンドオーディオという趣味をやられている方々にハマるのだろう。 
とにかく居心地が良い。

ここダイナミックオーディオ5555 6Fはメグのジャズ喫茶という環境よりも一般的?(オーディオマニアの話だよ)な広さ、アコースティックな調整。
適正な反射もあり、今回、メグの環境、そしてかけられる ジャズ音源を想定してアレンジされたOvumがどうなってくれるか?

丁度置かれていたのはMagico Q5  http://www.electori.co.jp/magico.html
ジュラの手前の6000系のアルミを463本のボルトで止めた735万というモノだった。
イメージ 4
イメージ 5



相手がワリーなあ..






              そして送り出し機がこれ

イメージ 6


PCは難しいと思われ、また音質もまだまだと敬遠されている方には
5555 6F 東氏HAL2に常設されているのでお聴き頂くのも良いと思う

他、機器情報などは是非5555様 H/Pで見て下さい。
   と、このような他には無い良い条件で聴ける!
        
音だし

音だし
主な音源は小生のブログで紹介しました、tp://kankawa.org/home/index.html
イメージ 7
ティートック レコード エグゼクティブ プロデューサー
金野 貴明さんの高音質音源

  





こんな感じでセッテイング開始
       文字ポチ
    買っちゃいました。
イメージ 3









暫定試作品だが、東さんはようしゃしない。
メジャーと聴いた感じで十数回位置を微調整する。
SPとの間をいったりきたり...

東さんが置き場を追いこんだ音はここHAL2でも決して聴きおとりしない音場と音圧。
前記、デッドで多人数のメグなど大きな場所用なNWなので10k近辺に若干のピークが造られてる。
ずばり、東さんが、ちょっとウルサいところがあると指摘! 
        Ovum+DPAT 0037Continuum.MOV
DPAT 0037ContinuumとCDPの比較をしてみよう。
        Ovum+CDP .MOV
結果はDPAT 0037ContinuumがCDPより精度が高く情報量が多い。
かといって無機質な感じはしない。
(DACはCDPの物にS/PDIFで入力)
良いですね~ 家もPCトラポですが、買ったらすぐに自分のDACに
繋がって良い音が出るのは有り難いですねと会話。

東さんはクラシックがお好き。聴いてみた。
イメージ 9


OvumはここのSPと比べたら10分の1ほどのお値段だ。
しかし、ポテンシャルの高さは十分に出せたと思う。
小生としては元気に中音のハリの効いた音がお好み。
これでも良い音だと思う。
だからこれも
だと思うが...
今回はちょっと上げ過ぎか...


もう少し上品な傾向に属する鳴り方も必要。
何らかのATTも付けようかと飯島君と相談した。

上の写真にも写っている
新型YG YG Acoustics ANAT3    税込定価¥6,300,000
こちらは、未だ輸入元アッカのWebでも見る事が出来ない新製品。
これに試聴の方が来られたのでOvumは5Fに撤収。
東さんの配慮でこの方YG使いの方にも聴いて頂いていた。
ANAT3の試聴に入りコメントを聴けなかった。残念。
何より、多くの筋金入りマニアの客観的意見が大切。

YGの試聴後にQ5も聴かれたので、お邪魔して聴いた。

      Q5試聴中.MOV

開発者の数だけ音があると感じた。

という訳で5Fの筋金天野さん(本職ですが..)
天野さんにも鳴らしてもらった。 好印象だった!

イメージ 8
もうちょっといじれば、数多くの個性的な海外製品にも負けない物に出来そうだ!
頑張ろうと思った。


そして..せっかく持ってきたのだから、置いてってみたら? ご好意に甘えておいてきた。

まだ暫定、値段はもちょっと安く出来るように、さらにATTや表面処理なども考え中の試作機だが、お店に行かれた方、お願いしたら聴かせてくれるかもしれません。

小生、生業は別にあり、オーディオは全くの趣味です。しかし、これほど素晴らしい趣味はありません。
ダイナミックオーディオ、花野井製作所、オーディオ界が元気になって欲しいですね~!
ダイナミックオーディオ皆様、本年もよろしくお願いします。
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31.gif

ダブルウーハーズ 9太郎さんは究極のアホでした。

いや~ 9太郎さんも究極のアホでした。
という話。 遅くなってしまい恐縮です。
やっと書き出したのだが、すでにジムヘンソン君が
詳細をアップしている。  http://ameblo.jp/pure-audio-blog/
情熱たっぷり。 若いオーディオマニアだが、20年後はどんなふうになってるか楽しみだ。   フォノイコはJC-2だったような...

そんな訳で、書く事の趣向をかえよ。
まず、会長邸で感じた事。 そのストックルームにはこんな物があった。
ジコマン開陳にも紹介されていた足の上に落としたら病院送りのステンレスくりぬきホーン。
イメージ 1











イメージ 2

また、クラークテクニクというプロ機もあった。
この域になると、もしかしたら崇高なブランド志向の方からするとピュアオーディオから外れるのかもしれない。
しかし、良い音を出そうというどん欲さや好奇心が旺盛な事が取って分かる。


対して、9太郎邸は4350とマークレビンソン、後はシンプルにまとまった、ピュアーな構成だ。

JBL4350をオールマークレビンソンのアンプでバイアンプドライブするそのシステムは、音を聴かなくとも「絶対にいい音がするに違いない」と確信させると同時に、私の「夢のシステム」ともなったわけです。      
と書かれているように、明快な目標があり、こういう夢の持ち方もピュアだと思う。

MJ 無線と実験 2006年10月号
イメージ 3

さて、会長邸からの移動で「順番が逆ですよ~会長!」「アンプアッタマッテないし」とかお話ししながら、廻りに住宅がまばらな畑の中へ。
ワオ!!最高なシュチュエーション! それはそれは夢のような場所だった。

さて、アンプが冷えてるので普通に音だし。
ダブルウーハーの低域が強めの底辺の長めなピラミッド型だ。

暖まった頃にヴォリュームを10時くらいまで上げた。
在来住宅なので低音はすかっと抜けてしまうから気持ちいい。
元気が出てきて均整がとれてきた。ニアフィールドな低音が波動で飛んでくる。ウーハーがこちらを向いてるのは快感!
ピークで105.6dbを示した。 素晴らしい! と思ったら、まだ小音量だったようだ....



「もっと大きくしましょう」だって..  ひヨぇー


        レビンソンがひとつレビンソンがふたつレビンソンがみっつレビンソンがよっつ ひとつくらい足らなくても分からないかな。 持って帰ろうか...と考え中
イメージ 4


Volを
12時まで上げた。  このアプリがはじめてオーバーロードだよ!ってエラーを出した。http://i4.ytimg.com/vi/s-ggslPI1Vg/default.jpgoverlord.MOV

そこら中の物がかってに動いてる。

きっと床やハリの釘も緩んでると思う。

いや~まいりました! 部屋のVolはSPに対して少ないように思いますが
日本家屋の良さ、音が抜け出ちゃうんでちょうど良いぐらいの大きさに感じてしまいます。
これは家も同じ傾向なのですが、こんなに上げたらケーサツ呼ばれてしまいます。

9太郎さんも200m離れた親戚から「悪いんだけどちょっとヴォリューム下げてくんない」って電話があったらしい...そのときのVolは午後3時! ヒェー


お聴かせ頂いたHotel CarifolniaはアメリカのアホアPAの近くにすわっちゃった快感でした!


動画は爆音でリミッターでつぶれてしまって本当の迫力が撮れていません...オソロシや!!

夜になってしまったが家に帰ってから、我慢出来なくって聴いてみた。
こういう気持ちになるのも久しぶりだ。  
苦情寸前の音量でちょっとかけた。

波動が来ない...やっぱ9太郎さんサウンドは凄かった。


とても良い経験でした。小生の求める方向でもあり、変更機材は調達済みです。
会長の染みる音この爆音を忘れないうちにセットしてみます!

https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31.gif

たまにはゆっくりしよう...

昨晩 大晦日から夜通しメグ、
イメージ 1

急な貧血&出がけに慌てて食べたモノにアタッたか
腹痛で明け方リタイアしてしまった。

たまにはゆっくりしよう...
なので小手先作業にした。  

先日聴いた9太郎さんの波動砲が良かった。
だからホッポラかしてたモノを繋ぐモノをこさえた。

イメージ 2

こんな太いのも楽勝!                      やはり民生機とは出来が違う。
イメージ 3



           4スケが4ホン ご立派
イメージ 5



   

イメージ 4


















ついでにRMEのS/PDIFがAES/EBUに対応してるとかいてあるのでこれでやってみよう。

      明日の音だしが楽しみ。


新年あけましえおめでとうございます

お世話になりました皆様、本年もよろしくお願いいたします。

    ウサギ年ですがチンチラ... 
 
アメリカに駐在になった友人がワシントン条約に引っかかり
連れて行けないのでうちの子になっていた。
帰国が早まり、この間本巣に帰った。

       巣から出すと散歩して、自分で帰る。頭のいい子。

イメージ 1





 

プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR