世にも恐ろしく贅沢な聴き比べ紅白歌合戦ダブルウーハーズ忘年会@会長邸

泣く子も黙る音を出す面々!DW’s 忘年会の忘年会です!

Tadshinさん号でひとっ飛び

イメージ 8

       天井が高いです

イメージ 1
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16

  会長のご挨拶



The JBL  カレントモデルの66000も魅力的ですが何といってもコイツのオーラは凄い!



まずは先日どんたくさんの持って来られたCHARLY ANTON   その名もKNOCK OUT 2000


まけじとKNOCK OUT 2000をならすTAD   がんばれ日本!



イメージ 6

足の上に落としたら大変な事になる物体X

本日は鳴らされていない。

イメージ 5



DW’s テーマソング!


そしてDW’sinvan先生のテーマソング Cry me a river!

Isis でサマータイム  初夏の透明感




アバロン ISISは地震で転倒し、復旧したところ。




内部配線がいい加減であった  
配線と外観を仕上げ直した音は抜けがいい
おおお!別物ですな!!



新参者のノーチラス君が皆さん(他のSP)を観察してる感じです

イメージ 7



イオスはセラミックユニットに変えられ、同じく表面処理は工芸的な鏡面状態。音も鏡面仕上げ!

http://i4.ytimg.com/vi/o3kLjfstejE/default.jpgDW's 忘年会ZOOM0006.MOV




ALL Cello でならすルーメンの美音   

あの地震でも転倒を間逃れた話





エヴァ キャセディーの声が透き通る



ノーチラス  Cello  VS Goldmund






イメージ 9


イメージ 3





世界一贅沢なテーブルの足
イメージ 10


 格好いいですね!!
イメージ 11
イメージ 4
イメージ 17

素晴らしい演奏です。

あくまでもこの名器たちの個性を尊重しつつベースにある会長のJBL魂をちょっとだけアレンジした仕上げ。
複数のシステムを持つと、どうしても持ち主の我が全面に出てしまい、どれも同じようになってしまう事が多い。
もちろん、自分の求める音にしているのだからそれでいいのだ!であるが、そういう次元の上にある余裕の音である。

マニュアル通り、どこで食べても同じ味のものを作るのか、季節、地の味のお店か、こういうハイエンド製品を鳴らすべき方向は明らか。

おまえら自由にやっていいよ!といいながら
実は会長の手のひらの上で転がされてるモノの出す音は凄い!



     おいしい料理のレストランへ。

イメージ 12


           小生は牛頬肉の赤ワイン煮。  うまかった!
イメージ 2

     来年もよろしくお願いします!!


















スポンサーサイト



アバンギャルド DUO がご機嫌斜め

先週、江東区のMr DEEP Yさんが聴きに来られて、
ある曲のある帯域でかすれると指摘してくれた。

アンプの端子など磨いたら直った気がしたが...
再発した。

マルチ化してるのでMUTEして聞いたらどうやらアバンギャルド DUOのTWだ。

入力を左右入れ替えてもアンプを変えても同じかすれです。

イメージ 3

JBLの業務機にかえた

イメージ 8


ありゃこりゃあ良いな..300Bシングルの禁欲的ななり方とはだいぶ違う!
しかし、この焼き肉や並のファンの音は勘弁。 これもいじろう。


さあ..バラスか

まずは下ろして

イメージ 1


こんなんだ  フェライトが鉄の筐体とくっつき、外しにくかった。

イメージ 2


あれ?? 赤い端子(といってもマジックで赤く塗ってあるだけですが)に赤じゃないコードがささってますがあ??? どゆことですかぁ?

反対側もこうなってるのか?逆相が正しいのかは分かりませんが..とりあえず

入れ替えて鳴らした。  少しは良いが.,,でも直らない。

イメージ 4
イメージ 5

アルミダイヤフラムは2in程


イメージ 6

NW側はこんな感じ。

イメージ 7

こんな大きなホーンとダイヤフラムでは高域が伸びないだろうとおもうでしょ??

でもこんな風にコアキシャルな細いTWが入ってるんですねぇ

MIDがコンプレッションドライバーではなく、普通のSPのセンターキャップの音を
ホーンで鳴らし、必然的に狭い帯域となるので伸びない高域をこの子でカバーするのかなあ?
なので、結構したから元気に鳴るTWですが、今のシステムではちょっと鳴り過ぎ。
ここまでアンプを分けると大変なんでATTを入れる予定です。




さて、調整。

ビフォー





いじいじ





アフター






なおったみたい。




やれやれ。

駐在いってらっしゃい

先月からタイ駐在に行く予定だったNさん
洪水で延期になってましたが、いよいよ行く事になった。

アホオーディオを聴いてってもらいました。

行き先はこんな事に。

« เมื่อ: พฤศจิกายน 06, 2011, 10:15:51 pm »
読み込みに一分程かかりますが見る価値あり
の凄い動画です!!!

ついでに飲み会



ついでに、この間テロス5000とJBL66000
で聴いた狂気をならした。





イメージ 1


もう行くの?と聞いたら、水があるうちに行かないとと。

気持ちはわかりますが...

まあ、泳げるらしいからだいじょうぶでしょう。

それでは、そこそこにがんばって!





魚と肉

渋谷の居酒屋さん

H.Yさんと行った
イメージ 1
   @渋谷です

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

  はたと気がついた........
  
  おや? 家のまぜこぜスピーカーってこういう事?


   魚と肉 どちらもおいしい。

  トロのような音も霜降り肉のような音も両方いいんだよなと考えながらの食事。

  おいしかったですね。

  

3800万のアンプ GOLD MUND TELOS5000でJBL-66000 を慣らそう

金曜は休みを取ってダイナミックオーディオ 5555に行ってきました。

まずは6F 東さんの部屋



JBL-66000をVIOLAでならしていました。



先日のマラソン試聴会でかけたピンクフロイド 狂気をかけてくれました。

美音です。  さすがに良い音だと思いますが、狂気とは毛色がちがいますね。

まあ、私が求める狂気はきっと一般的には狂気の沙汰なんですが...


ふと思ったのが,....

TELOS5000で聴いたらどうなんだろう.....

って口に出たら...

    聴いてみたい?? 


    もちろん!




              じゃあ聴こうか。    つなぎかえ。    

イメージ 2

                     後ろ姿

イメージ 6

                    S W オン!

イメージ 3

                  3800万が目覚めた

イメージ 4

イメージ 5

             東さんテロスをよしよし
と見つめる

イメージ 1

                 聴いた





 さすがに美音以上、狂気の音がする。

値段も狂気ですが....


7F 川又さんの部屋は次回

インターナショナルショウもまだありますが、また次回。

インターナショナル オーディオショウ 2011 Mcintosh japan

インターナショナル オーディオショウ 2011 その二


マッキントッシュは良かったです編

その雰囲気ですだ。
Inter national Audio show Tokyo 2011 Macintosh japan.m4v



イメージ 1

XRT1K このSPはなかなか良かった。

大口径ウーハーではなく、XR200のウーハー3発に対して2発なのだが
どうやら長いエンクロージャーをうまく使って上にもうけたバスレフ
から低域を出しているのでなかなか量感のある低域。

そのウーハーは箱のロードの助けか?意外と上まで伸びているのか
ミッドユニットがなく、いきなりTWに繋いでいる。

クロスがカタログに載っていないので聞いたら、なんやらググって
290と教えてくれました。

ホー TWで290?  どうやらいっぱい並んでるTWは4個が直のTWが
11SETに並んでるらしい。

そのため290から出てる。また、多くのユニットで音圧を稼ぎ個々の
振幅を減らすのは小生のユニット数で勝負の考え方と共通だ。

なので音も極めて押し出しが強く実体感のある中高域でとっても好み。


背面 ターミナル  筐体はアルミDC
イメージ 7

上面 ポート  見えないくらい高いです

イメージ 8




イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

       このパネルデザインにこだわる執念

イメージ 6

ピンぼけ ですが.. クロックです!

え?マッキンもクロックだしたの?

いえいえ 時計です。左が時針 右が分針  参考出品

イメージ 9



おしまい














インターナショナル オーディオショウ 2011 ステラヴォックス/ゼファン

インターナショナル オーディオショウ

   回数を分けてアップします。

全社分はありませんが、気が向いたら更新する予定かも。

今回はステラヴォックス ジャパンとゼファンのブースです。

イメージ 1
イメージ 7
イメージ 12
イメージ 13

    なんだか見慣れてかわいく見えてきました

    このようなユニークな形のスピーカー

オーディオマニアならいざ知らず、一般的にはご存じない方がほとんどではないかと思います。

クリエイティブな仕事をしている輩でも知らない人がほとんどでは?

自社講演の模様  いい音してました。




ご興味の湧いた方、ぜひ秋葉原などのハイエンドオーディオ専門店で見て、聴いてみてはいかがでしょうか。

え..門外漢なんで入りにくい... そうでしょうね.. そこはがんばって。  

へんなブログでみたとか、おたくの世界一の音が聴きたい
とか言って入ればそりゃもう喜んで聴かせてくれますよ。


そして、オーディオにはまるのもよし。
車やバイク、カメラや時計、趣味にはまりましょう。

今が楽しければ良いキリギリスのたわごとでした。



イメージ 2
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6



ダイナミックオーディオ マラソン試聴会 2011



ダイナミックオーディオ マラソン試聴会

会場は外苑前、梅窓院 祖師堂

機材の紹介は  

PDFファイルにあります。http://www.dynamicaudio.jp/m35/

出がけにiphoneの音楽を入れ替えようと思ったら....
itunesが立ち上がらない...

あれ?  HDDが認識されない...
またクラッシュかぁ??と格闘していたので到着が遅れてしまいました。

東さんの回に間に合わず..
厚木さんの中盤から入ったら...    あれ?

               

   寝てる?   いえいえ聴き入ってます


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 3



イメージ 4


Mr KAWAMATA


イメージ 5






 がんばってますが
この子には広すぎぃか....
  イメージ 6
  


 これは良いですね!FRANCO SERBLIN Accordo

イメージ 8
イメージ 9


2000万円  ザ!ソナス! サスガ!
イメージ 10


B.M.C.audio  http://bmc-audio.de/

イメージ 11


        詳細は有名なavcatさんのHPで!
                                http://avcat.jp/


動画です。沢山あります。   お時間ある時にどうぞ。



2000万円のSPを鳴らすシーンもありますよ~

ダイナミックオーディオ5555 川又さんのマラソン試聴会で使用したディスクはここで。






プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR