スポンサーサイト



Blog de afutura O崎邸 訪問

遅くなってしまいました..
 守谷へ行ってきた! 

その一 あの 
Blog de afutura - 楽天ブログ  http://plaza.rakuten.co.jp/afublog/  O崎邸 訪問

今回初めて伺いました!
                              あの有名な
                                              このオーディオルーム
イメージ 1


 半地下、20帖という広さと高い天井、左右対称に設置できる環境

 小生の凸形へんてこ在来住居も6帖X3たす押し入れ解放なのだが...
            秘密基地状態..
     対極な美しいな空間!羨ましい限りです。



イメージ 2

              素晴らしい!

   正統であり、ピュアであり、力もある鳴りかたです!
   小物など置物も微妙に音響に効いてるのでしょう。
    ぬいぐるみや様々な音響チューンが効いています。
          反射も変な混濁がない
     高い天井 上部後方から聴こえる自然なディレイ


リスニングポイント後ろのオフィス用パーテーションもいい感じです。
                デッドになりすぎて躍動感がないこともありません。

小生のへんなシステムは小屋ライブ的な実体感や音圧感を目指していますが
天井高など物理的な限界ありあり。広さや力はまさに力技で出してますが..
            

                              対極  シンプル  アコースティック


 

       ラシュモアは活発かつ芳醇に鳴っています。

                                   http://i3.ytimg.com/vi/Z4jL4sXY2Y0/mqdefault.jpg
                               



イメージ 4

           パワードアンプへ給電
イメージ 3



Blog de afuturaブログにも掲載されておりますが、
    地震でSPが倒れたりの被害からの復旧
    セッティングも大変だったと思われます



     前段やケーブルのチョイスも良いのでしょう
      パスラボの活発さにブレンドされた弾力

   SP下のベースは石屋さんにラシュモアと同一の材料で特注
イメージ 5


         同行された班目さんも感激
  おつれした皇音舎の方も大変勉強になったという素晴らしい音でした。

イメージ 6


  オソ掲載しつれいしました
おおざっぱなオー型なので.....
最近はまたまたSP下やらなにやらの大改修..さらなるブレークスルーを果た       したとの記事を拝見しています。

         またぜひお聴かせください!
    小生のへんなんも宜しかったら体験してみてください。

        これからも宜しくお願い致します。

  この後に伺ったNazootoko会長のエピローグ1+2導入は近々!!!

       昨日のメグも....  あさってあたりかなあ..

コウジロの不定期日記のコウジロさんと江東区のMr Deepさん襲来

コウジロの不定期日記のコウジロさん
こちらに書いて頂きました
 ので小生も慌てて掲載
その前に伺ったすんごい話などを飛ばしてしまいましたが
せっかくお越し頂いたので先に書きます。
そのあと慌てて前の事も書きます。
むかしから宿題はちゃんとやらない子でしたからこんなもんです


     AND    Mr Deep!

 
江東区のMr Deepさんの襲来です。


コウジロさんはプロの方..
メグのイベントでは直球、奥歯になんにもモノが挟まらない本質を
ずばりととらえたコメントや実験をしてもらったり
答えに困っちゃうかもしれないような質問を
ガンガンして場を盛り上げる凄腕の方です。

             一方

 江東区のMr Deepさんはあのダイナ5555のKさんをもってしても
初めて対面する改造システムと音質に驚かせたさせたという逸材
独自のセオリーを開拓し、手間ひま惜しまず機材を固め
Deepなご自身の音を追求する方。

本来一方方向を向いていそうな音楽再生の音質。
しかしその方向は様々です。
自分の求める音がある事がなによりの幸せだと思います。

ある意味対極な音のMr Deepさんと全くの未知数のMrコウジロさん

     今回は虹色光線攻撃でしのぎました。

音はバラ色.. あれ.. 虹色はレインボーでバラではありませんでした

イメージ 1



このウーハー君はなんじゃと探るコウジロさん





虹色光線で聴覚を混乱させる小生



5月のメグ 先進技術を凝縮したクリプトン製品のイベント

5月のメグ 
     先進技術を凝縮したクリプトン製品のイベント


         来週 恒例イベントの週なのだが

            先月分もまだアップしてません..でした

イメージ 2

          http://www.kripton.co.jp/index.htm


渡邉勝室長をお迎えし先進技術を凝縮したクリプトン製品を徹底的に探求します。
第1部 19時00分~ 5月17日発表のMAYA特別モデル「KS-1HQM」(100台限定販売売)のスピーカーユニット
および新規発売中の2ウェイ密閉型スピーカーシステム(KX-3P�)の試聴
第2部 20時40分~ アクセセサリー関係の徹底的試聴
1) ルームチューニングパネル試聴(AP-R100等)
2) 制振材関係
   インシュレーター:・HRハイブリッドインシュレーター(IS-HR5),ハイカーボンスチールインシュレーター(IS-5)等
オーディオボード:・HRハイブリッドオーディボード(AB-HR)等
電源関連:・HRシルキー電源ケーブル(PC-HR1000)等。 ・HRピュアー電源ボックス(PB-HR1000)等。


小生的に一番驚いたのはオーディオボード:・HRハイブリッドオーディボードです。
廉価なパイオニアのプレーヤーでの効果はまさに機械を数ランクアップグレードしたかのような効果

値段をよく知らないんですが..もしかしたら..ボードはプレーヤーより相当高額なのだとおもいます。

じゃあパイオニアでやればいいんじゃ?高額な材料を使った筐体で音質が良いプレーヤーなんて誰が何台かってくれるんじゃいな?って事

しかしボードやインシュレーター、デンけでこんなに変わるんですから..

小生のとこは数が大杉手を出す気になりませんし、性格的に力技好みなので..

しかし、こういった小技が基本だなあとあらためて思ったイベントでした。




        MAYA特別モデル「KS-1HQM」(100台限定販売売)

         パステルイエローはMAYAさんご指定
             やっと量産できた色
イメージ 4

イメージ 6



         HRシルキー電源ケーブル(PC-HR1000)

            蚕から取れた1200mの絹

イメージ 1



イメージ 3


イメージ 5







      色々な実験 すばらしい効果 ありがとうございました



CONEQ デモンストレーション 結果

CONEQ  結果

            結果は

      今回は導入にまでは至りませんでした。



   朝日様、高橋様 聴いて頂いた皆様 お疲れさまでした。

朝日様はプロはもちろんの事、ハイエンドオーディオと呼ばれている世界にも多く導入されており、これらマニアの方々
のそれはもう様々な趣向に柔軟に対応し、大幅な改善から導入に至ったケースが数百というマイスターです。
百戦錬磨、頭ごなしに「位相があってない」とか「フラットではない」などの絶対的な観点で音を聴き良い悪いを判断される
方ではない。

前回の動画内でに質問にもありましたが、フラットに補正したあとにEQする方もいるとの事。
CONEQはDAWなどの用途以外に、個人的により気持ちよく音楽鑑賞を行うための機材であるという観点も当然お持ちだ。

       あくまでそういった観点ででしょう


   朝日さん、「今回はCONEQの初黒星」とおっしゃいました。

      

    小生、生意気な事いっちゃいますと、
    皆様素晴らしい感性の持ち主であると思います。

  今回はその素晴らしい感性の<変な人たち大集合>
という
         恐怖の試聴会だったのですが、
    聴いて頂いた方々、同じような印象を受けておりました。

       かんたんな詳細(詳細ではない)は下記...

              今回は

デジタル受けがうまく行かずアナログインアウト、AD-DAが入った事や
短時間、一発のデモンストレーションとりあえず補正した音だしで聴いた結果です。

複雑怪奇なシステム、どこに挟むか、あるいはリピータートランスやサミングアンプなどを
省略して補正し、それらを補正後に入れてみるとか、
デジチャンでの位相やディレイ値の変更(デバイダーのみ使用、EQやコンプなどは使っていませんが)
試みたい事が沢山ありましたし、そういう試みでもっと凄いが小生のアホな好みの音に鳴る可能性は100%ありありです。




正直言って、補正後の音は、なるほど!とか、そうだよな!というところ
改善された部分が多くありました。
導入したい気持ちは十分あります。仕様や測定アプリなどまた変化があったら再考いたします!!!



   ちょっと好みから外れてしまったかなあって感じた部分は

例えばVoの質感や人間がいるような気配を含めた定位感、楽器の気配含めた位置感の実体感が薄れた。 いわゆるオーディオで聴く感じに戻る。

音色などは
「まとも」になった。

しかし..

この「まとも」アホな小生には崇高すぎます..ってかんじですかねえ..

この「まともじゃない」部分がないと小生のばあい、タバコが香ったり、音が光って見えたり

が掴まれる感覚が生じないんです。

このへんは(も)うまく説明できません


    ...........




  朝日さんから当日のデーターキャプションを頂きました。


    L  緑さん 実測  赤さん 補正後の予測
イメージ 1

    R  緑さん 実測  赤さん 補正後の予測

イメージ 2


            補正後  L/R

イメージ 3

          補正前  L/R


イメージ 4


今回の小生の状態は地震でドカンとなってしまってから部屋や配置、機材も入れ替わり
純粋な調整ののべ時間にしたら10時間ほどな状態だと思います。
ですので小生の癖がよく見える波形です(ああハズカスイ)



       補正後の音は正しく、整った音質です。
       マスタリングなどで使用する機材ですから。


そんな状態すが、本当に貴重な体験をさせて頂きましたのでお礼かねがね
素人 の小生のいいかげんな考えを書かせて頂きますと..

頂いたグラフをまざまざ見て
聴いた感じですので、人間の耳の特性、中域よりも低高域が小さく感じることが見える気がします。
小生が気持ちよく聴こえる方向でいじくるとこういう傾向になっちゃいますが、暴れを取りつつ再考しよう!



          補正後の音圧の感じ方

1.8kあたりのピークが補正された方がなぜかうるさく感じる。また、平坦感や特にVoの微妙なニュアンスが聴こえなくなる....なぜなんだろ... 怪奇な音波の相殺だろうかとも思いましたが
あの時そう感じた曲を聴きますと音数が多い曲です。
トラック数の多い音源でマスタリングの際に音圧を稼ごうとした事があからさまに再生されてるのではと思いました。
これもCONEQ本来の用途ですから。

小生のシステムを聴いたレコーディングエンジニアの方談、再現性はかなり高いらしいので、必要以上に聴こえてるのかもしれません。

ちょっとまえのブログに書きました、節電を兼ね引き算でエルガー
のバランスアウトをTAMURAのアナログ分配アンプに入れた時の音....と近い雰囲気です。

結局リピータートランスとサミングアンプを入れました。
増やすと劣化するゾ とも言われるでしょうが、これらの効果で
うまい具合に小生の好みの音になるようです。



     アンビエントのレベルを上げておいた件

デモ直前にブログで告知したアンビエント的な位置にあるユニットのレベルを上げたんだ。 当然定位が悪化方向
なんだけどどんなふうに補正されるんでしょう?実験

こちらも大変勉強になりました。
補正後は定位が上がった部分も下がった部分もありました。
我々オーディオマニアの素人は定位がドータレコータレと偉そうに分かったようなことを言います。ゴメンナサイ

小生、別業種ですが制作の現場なので物理的な制約はいやって程わかってるつもりなのですが、
マスタリングもきっとたいへんなのでしょうね。
中域の同じような帯域にVoやらラッパさんやらピアノさんやらハットくんやら勢揃いです。
車で言ったらボンネットにエアーインテークやフェンダーやスポイラーやドアーノブを並べるようなもんですか? 違いますね...

ですから当然パンニングされますが、小生のようななんにも知らないオーヲタは(あくまで再生装置は完璧なんだというかってな自己判断のなかで)
SAX随分左にいるなとかハットがどこぞにいるとか言いたい放題です。 帯域によって場所が飛ぶのもしょうがないし、物理的な限界なのでしょうか。。

このCONEQで補正されると、そういったパンニング情報の正確さもあっからさまなんだなあというきがします。
ここも、前記しました<節電を兼ね引き算>傾向の音です。
足し算くんは振られた音源になんとなくグラデーションがかかって、小生好みの実体感に繋がってる気がします。

しかし、やはり、まずはきちっとした状態に持っていき、
音楽鑑賞の場合はそこから聴き手の感性、好みで料理するのが良いと思います。

また、ユーザーレベルでEQが触れるとの事です。
このEQというのはオーヲタレベルでは禁断、触ったらめちゃくちゃになってしまった。という場合が多いと思います。
しかし、小生思うに、このCONEQで補正したあとのEQは素人がいじっても結果が異なってきそうな気がします。

            なぜか

乱暴な例えですが、通常のEQはリストラしながら残った従業員に深夜残業をさせるような調整をしなければならないなあと感じます。

お部屋で再生されてる音は定在波や機材の性能などでピークやディップだらけ..はじめてのもんじゃ状態
音楽的に集中してる帯域は分離せずにさらにグチャグチャ。 低域はおうおうにして部屋の影響でブーミー。
高域はまともなSPが少ないので実体感のないシンバル..様々な影響でひどい状態

2chになっちゃったCD再生でぶつかった音を調整するのは普通はEQしかないわけですが、限界ありありですね..
(そういうこともあって小生のユニット数になってきてるという言い訳含む)
本来、そういった元音の問題はきちっとやって、EQ君はもっとクリエーティブな仕事をさせてあげる方がいいとおもうのですが...
そういった意味でも
CONEQで補正後に行えばへたっぴの素人でもいい結果が出せそうな気がします。

  そんなわけでCONEQは素晴らしい機材であると確信しました。

      朝日さんは初黒星とおっしゃいましたが
       マスタリングの世界では当然白星です。
 というか、趣味の音楽鑑賞オーディオの場合白も黒もありませんから..


   長々失礼しました.... ありがとうございました。

     これからも宜しくお願い致します








CONEQ デモ その二 荒れるか??



3時過ぎには リアルサウンドラボ ジャパンの朝日代表
プロデュースはマイクロファラッド 高橋代表 到着よていだ。

ここにいるのは濃厚なマニア様の集・・ 


昔 本で読んだ記事が脳裏に蘇る・・
T島さんとK崎さんの本音対決!

          低音ってなんだあ??
イメージ 1


蚤のなんとかとかなんとかのゲップとかなんとかかんとかってやつ....

 現場にいた業界の方が言ってた... ありゃマジだったっすよ! ほんまにヤバいと思いましたがな

 

本日...ここにいる方々はなんでもかんでも驚愕の変化!とか言わない・・直球でグーパンチ系な方々だ・・ 


すんごく良くなって直球でJyajyaおno 元音はひどかったねとか言われたら嫌だし

もしかしたらEQアレルギーな方がいて、頭ごなしに否定モードに入るかも...

荒れるかもしれない...荒れたら大変だ..狭いからSPとかに被害が及ぶだろう...

そうだ!!  青い光は犯罪、攻撃性の抑止効果があるとTVでやってたのを思い出した! 

イメージ 2


真っ青。  カメラのRGBのRとGがくたばったわけではありません。 


         効果絶大!!つつがなく名刺交換 


イメージ 3


    リアルサウンドラボ ジャパンの朝日代表

     測定の準備を行いながらCONEQのご説明 

イメージ 4





   んn 青い光の効果が薄れてきたか

     良い音を求める研究熱心さ  がんがん質問する貝崎さん 
    これが貝崎さんか! と思った出あろう..がんばるイケメンの朝日さん 



              
CONEQ demo 1.m4v




ちなみに小生はEQ肯定派です。
        こんなに怪奇な機材でEQだけ嫌いなんて
   言えるわけありませんし。

   だいたい機械の中に数千個の部品が入ってていろんな音色が
   つきながら数千のハンダ付け部分や磁界やノイズの中を通った
   電気信号がレイテンシーやら回転やら減衰やら増幅やらの試練
   の後に様々なSPから出たあげくに、部屋の影響で波はぐちゃぐちゃ
   になってるんですから..
   だから最後に出た音をなんらかの手段で
    補正するの必要な事だと思います。

     東洋の禅みたいなのは小生には向いてませんし...


       なのでこういう電気仕掛け大好きな小生なりの解釈 


    小生の言うところのデザインとかいうお仕事の現場では 
立体を造るのに光学的な測定やハンドワークで点ををとり線や、面、
立体にしていくわけなのです。
ですので、自分の経験値に当てはめて話を聞いて、なるほど!とおもった。

<注>エンジニアリングを知ったかぶって、芸術的な観点みたいなふりをして、
トレンドとか理解したふりしながら 実は
好き嫌いで物言うことが許されるいいかげんな職業なのでいいかげんな推察です。 
適当なかいしゃくなので間違ってる可能性ありありなのであくまで一人ごとです。
 

            ということで


このCONEQは人がマイクを動かして測定する軌跡になんらかの決まりがあり、 

リファレンスポイントなど設定したりマイクをジグなどを使って厳密に動かさないが、あるていどのXYZの座標が架空に定められたソフト上の位置があり、 

ピヨピヨ音が鳴るたびにプロットされた点軍にはF特とか音圧とかが測定される。 

そんでもって、その点は隣やまたその隣の点と我々の仕事で言うところのG1とかG2とかいう 
接続要素で演算され点が線になり線が面になり、その面にはテンションやシャープさがあるので大きさや向き、すなわちベクトルを持ったような状態として形成。 

この向きとか量とか特性という要素を力と置き換える.....だから通常の1点の粗密の測定されたネタだけで補正したものとは次元がちがう。

だから、この面はオフセットが可能であり、距離が変わっても基本形は変化しない。
結果として正確で力がある音が球面状に拡散するのでコンサートホールのSR、アレイSPの並んだ会場でも効果ばつぐん。

             なんてかなあ? 

それは小生の出そうとしている音の為のアプローチと実は似てるんでは??
小生のアホシステムはリスニングポイントに向かって点在させたスピーカーがシナジーしながら音波を形成する。(ようにしてるつもり)
でも、ダイナミック型では混ぜれば混ぜる程ドドメ色要素が増え、アポジーやクゥオードなんかの平面波も複数混ぜたが
音圧や空気が鳴る感じがあがるが速さや場はあんまり変わらない。。
MBLとジャーマンでホリゾンタルな波面を出したらこういう鳴りかたにたどり着いた。
そこの理由やカラクリはわかりまへんが、自画自賛ですが、立ち上がり下がり、実在感などが通常とはちょっと違った出音になるんじゃ?
CONEQなら制御的にそういう効果が出るのでは?
とおもいました。 


              測定中     おはらいではありません


イメージ 5


            ありゃりゃ・・・ 

             はずかしい写真



イメージ 7

   緑さんが測定   あかさんが補正後の予想です

ぐちゃぐちゃ と思ったらこれは一マスが3デシ・・
                 ストイックな表示です 



まあ、てきとうな小生の聞いた感じだけで適当にいじってるのはこんなもんでしょう。。 

1.8kのピーク+3dbは今回実験的にアンビエント要素の強い上の方に
つけてるFOSTEXを6db上げといたからみたいだが..
しかし、小生の変なシステムはここいらを6db上げてもあまり変に鳴らないのも不思議なのです。
複雑な合成波なので相殺されたりの影響か? あるいはSTW追加すると低音が変わるみたいな現象か?
なんにせよ補正されたらどうなるか?大いに興味がある。


          補正されたカーブ 


イメージ 6



       凄い機械です!!
   こんなの人間業では無理ムリ。  うーん 将来スカイネットが暴走   するのもわかりますな。。 


     さて!! 試聴貝 いえ 会スタート!! 


          さてさて結果は次回に!! 




CONEQ導入デモンストレーション  プロローグ

CONEQ導入デモンストレーションの日です

http://realsoundlab.jp/

イメージ 1


   
他のイベントの事などがアップできていないのですが..取り急ぎのアップです。



      昨日は9時頃から機材を暖めだしました。

ちょうどその頃、カイザーサウンドの貝崎さん貝崎さんから 
ハロー 
電話が入った!

小生のブログを見たから。


貝崎さん「本日なんですね」

貝崎さん「ところで今日は何人程おいでになるのですか?」  

小生「5名程なんですよ」

貝崎さん「じゃあ混んでますね...CONEQのホームページを拝見しました。 なんとも凄い物のようですね!

小生「そうなんですよ。 スタジオ導入、ハイエンドオーディオの方々の間でも高評価ですね。とかいっても実はあんまりよく見てないんですが(瀑」

貝崎さん「効果的な物なんでしょうね。しかし、写真を見た限りSPの置き場所が良くない!」

小生
「まあ、そこからが基本なのは分かりますが、諸事情で場所やら環境やらが自由にならない場合がおおいですし」



貝崎さん「私がセッティングしたら抜群によくなりますがねえ」


小生「まあ、そいうことしなくてもドカンと改善しちゃうといういといらへんがうりなんでしょうから(汗」

貝崎さん「ところで今日は何時からですか」

小生「3時過ぎくらいですね」

貝崎さん「私が行ったら場がしらけちゃいますかねえ?」
「何事も体験する事は有意義でもしかしたら想像を超える完成度に驚きシャッポを脱ぐなんてことが起こらないともかぎりません」

小生「貝崎さんもオーディオ仲間として来ていただくぶんには..

体験して、客観的な感想が聞けるのですし、今今の音も聴いてほしいので、そういう感じできてきださいな」

などなどとつつがなく話がはずみ..

時間が過ぎ..あ... もちょっと調整したかったが..掃除して買いもの言って... 相変わらずのバタバタ状態



リアルサウンドラボ ジャパンの朝日代表
プロデュースのマイクロファラッド 高橋代表



が来られる前にあのノーチラス
イメージ 4
のヘビーユーザーであり

http://www.noe.co.jp/
日東紡音響エンジニアリング株式会社
シルバン
イメージ 3

    こういうのが100台くらいあるようだ..

森状態の渋谷さんと

先日伺ったあのオリジナル盤コレクターでアナログの権化といわれる吉田さんが到着。

\¤\᡼\¸ 1


        そうこうしていたら貝崎さん
イメージ 2
も到着。

まずはじゃじゃお状態でお聴き頂き。
 
やれやれでした

しかしこのヒュウマンらはなんと形容したら良いのでしょうか?
ヲタクとかサブカルとかニュウエイジとかいう次元ではありません
凡人の小生はただただヲタヲタ



CONEQのデモをヨダレを流しながら待つ変な人
  (まるでおたふくソースの濃縮状態)
たちの集団のオーラバリバリなところでまた次回

本日のこと




今日はCONEQのデモです


なのでちょっとセッティング変更しました。

場優位にしてあります。


この場が広い方向で、定位がビッときたら最高!


そして何より 補正能力は??


地震前にはかなりいいとこ来てたようなきがしてますが

過去ブログ   地震直前の測定

イメージ 1


            位相 音源

イメージ 2

               出音

イメージ 3

   いい感じじゃないのお 思った矢先に地震でバタンキュ




     


  スピーカーの位置も変わってしまったが、余震も多いので
  おおよそで固定してしまった。

イメージ 4

あれから一年と3ヶ月..

     

   機材も変わったし、部屋もいじって
 
以前より良くなった部分も多いが、定位が甘い所があり

   非対称な部屋、アンバランスな音場環境

  SP位置やらなんやら 調整めんどくさい.....

    場や力感なんかは前より断然いいし。

   整えるとつまんなくなったりすっぺ?

   と自分を慰めたり。

       こんなんでもうよかぺと

  思い出した矢先のデモのお話

      という具合でいよいよ本日。

            楽しみ。







担々麺

たんたんめんが好きです

秋葉の美味しい店
イメージ 1

行ったら

イメージ 2


あれ?  なぽりたん になってました

イメージ 3

実はうどんでした


さて..   きをとりなおして...



                 有楽町

イメージ 4


ここ

イメージ 5


本場 四川料理    山椒がきいてて辛いけどとても美味しい担々麺

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

辛いもの好きにはおすすめです





門前仲町のおはなし


      
柳本CEOのイメージ 1
は..オフィスが高級オーディオショップ化しております(笑)

その鳴りかたをクリニックしたのがあの


イメージ 5


カイザーサウンドだったのですが

イメージ 2
イメージ 4

この模様はカイザーサウンドのHPでアップされる予定です

その柳本さんが口を滑らした


良い音になったから焼き肉おごりますと。。


というわけで門前仲町の焼き肉やへ。


到着時間がおそかったので少しだけ聴かせて頂きました。


小生とは対極 シンプルなシステムですが
部屋を音で満たすための様々な工夫。
響きを操っているという試聴室。

さらなる試作品を開発中なものをお見せ頂き

イメージ 6

イメージ 7



イメージ 8


PC AUDIO は96K ハイレゾ

イメージ 9



予約時間がきてしまい..焼き肉やさんへ

近江牛です。絶品でした

ちなみに小生は自腹です(笑)
(ちょっと助けてくれたようです)


イメージ 10
イメージ 11
イメージ 3




ダブルウーハーズ総本山 リベロ邸 CONEQ デモ




遅レスのアップになってしまっております

ダブルウーハーズ総本山 リベロ邸で行われた
CONEQ導入はいかがですか?デモ参加リポートです。

デモの主催者はリアルサウンドラボ ジャパンの朝日代表
プロデュースはマイクロファラッド 高橋代表



デモの結果は<外せませんね..置いてって>でした。
そして先日の本番の測定 導入となったようです。

音響パワーイコライザー その2 - 週刊リベロ - Yahoo!ブログ






     というわけでデモ時点の古新聞ですが、
    場の雰囲気お伝えバージョンですのでご勘弁を..



   
     という訳で出発! 平日だが  ヒーハー!!


          
 
 

 

イメージ 1


           到着しました

イメージ 2


         搬入した機材の一部

イメージ 6


           ご挨拶の様子


イメージ 7


           測定してます

イメージ 8


            波形


イメージ 9


        パワーイコライジング後

イメージ 10

           
           
 昼休み 
    リベロさんの餃子ピザ   ごちそうさまでした


イメージ 11

イメージ 12

            ご歓談

イメージ 13

           ご歓談の間になにやら

イメージ 3

       分電盤の端子ネジをチタンに交換



          外された元ネジ


     これも効果がありましたね~!!

イメージ 4


         さて  いざ 試聴!!




イメージ 5



          良いですね!!


     奥ゆき、定位、伸び 良いですね~


         置いてって  です


    というわけで 次回 小生宅でもデモが

   しかし..小生の変態システムではどうなるのだろ??



恵比寿のTadshin邸

恵比寿の恵比寿のTadshin邸にひさしぶりの訪問をしました

イメージ 1


             お客さんだあ 
 と喜ぶ  


イメージ 2

    パイオニアのネットワークプレーヤー 本体の倍のお金をかけて改造

イメージ 5


    T氏は自作や改造にコストをかけ、ハイエンド機器を凌駕する音を出したい派

    他に、無線、有線、スイッチングと安定化電源の音の違いなども実験し
    聴かせて頂いた。

イメージ 6



    細かいことまで自分で試さないと気が済まず、すぐにやってみるバイタリティー
    ご自分の信念を貫くこと。 オーディオを初めたての青年のような純粋さ、
    若さを保った方です!!



    音も若返った感じで活き活きと鳴ってました!!

    またお聞かせください!!






                                       アナログ VS CD など 
  
イメージ 3


               ワン君は  ちょっと  退屈...

イメージ 4



プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR