あっという間の簡単.DIYでプチ遮音しました。

       こちらのこのようなシートを貼ってみました。


イメージ 14


       熱に変えちゃうので全面を塞ぐ必要がないという。


        そんなにうまく行くのかいな???

イメージ 1


       窓の表裏にはポリカーボの板が貼ってあり、
        真ん中に1kgの鉛がついています。


     
          小生のいいかげんな工作なんで

        このアラームでピーピーやってみました

       カタログ値120dbとかですが100くらいですね

イメージ 11





イメージ 2


         これだけでもチョットは効果あり


               内側
イメージ 12


                外側 


イメージ 15

               エンガワ


イメージ 13





       さて 裏紙剥がして貼るだけという軽作業


           内側のみちょっと貼った。  

イメージ 19


イメージ 16

イメージ 17


             変わらんじゃないかい



              外側も貼ろう。
 
イメージ 18
             
         近所のおばさまの大声井戸端会議やワン君の声で結果がおかしい



イメージ 3


         しばらく中止 そして静かになった.ので
         こんな感じだ  お 下がったぞ

イメージ 4


           もっといっぱい貼っちゃおう

イメージ 5


            昼間でも無音ではこんな感じ

イメージ 6


                内側

イメージ 7

      ピンクノイズ 下はムリムリなんで出してない

イメージ 9


                 外側


イメージ 8


イメージ 10




             こんな感じでした。


   

    そこら中に貼ってみたくなりますが...
                しょせん..爆音出したら

           しかしこのお値段と軽作業です。
      ルームアコースティックも改善。
       コスパは高いのではないでしょうか
スポンサーサイト



jyajyaoの皆様のおかげです。トイプも謝っております...

幅広い方々との交流で小生のセマ~いせかいが広がります。皆様のおかげです。

        なのに全然あげれておりません...

       時系列に  抜粋ですが...こんな感じです..

           がんばってあげます。 


            DIY ぷち防音がこんなかんじとか
 
イメージ 3



      凄いのでとりに..とか思って
 ヒビノさんのとこの凄い世界のこと


イメージ 1


                  190cさん邸訪問のこと
              

イメージ 12

              懐かしくおいしかったご隠居カレーとか

イメージ 4




          Sさんの物凄いのがもっと物凄いことになるまえのこと

イメージ 13

                 ここの近くの

イメージ 14


                  TMDさんへ伺いましたこと

イメージ 15

             



          メイドカフェ行って「おいしくな~れ萌え萌えキュン」
               とかやらされたこと
                 
イメージ 16


          マイテックにおいしくナーレ萌え萌えキュンとやってること

イメージ 6




なぜかアキバでロデオとか

イメージ 5

             MACが3台  音質聞き比べ いいの構築中

イメージ 7


            そうしてこの方の声がちゃんと出た気がすること
             
イメージ 8





           トニーナルミヤさんの有料レコードコンサート試聴

イメージ 19



             R-リサーチの柳本邸 マイテック導入の様子とか

イメージ 17


                   昨日 そのお祝いとか

イメージ 18


              その足でメグ ジャズオーディオ愛好会

               ラックスマンのイベント

イメージ 2

   
                本日 この小さな皇音舎SPが
                   の挑戦とか

イメージ 9



              ファンダメンタルLA-10 鈴木氏による 
                 あの某会長邸 道場破りとか


イメージ 10

                などなど    です...


       よろしく~  (といぷは人間で言う60歳
おっさんですが..)


イメージ 11

 

ファンダメンタルLA10 jeff rowland coherence 2と対決

ファンダメンタルLA10 jeff rowland coherence 2と比較  自宅に持ち込み試聴



① MAC+Amarra→RME FireFace800→鳴門音響  →dcs972-2でDSD→dcsエルガープラス1394→コヒレンス2→InnerTube→その他いろいろ 

とか

② MAC+AudioGate→Mytek192-DSD DAC→コヒレンス2→
   InnerTube→その他いろいろ 

  とかがありますが

 MytekはSDIFが入るタイプなので44.1の音源は
RME FireFace800→鳴門音響  
→dcs972-2で入れてみたりなど試したいことがやまずみ。



Mytek導入した翌日だったのですが、ポンと繋いでちょっびっと調整なのですが今回は①


          注 物置ではございませぬ

イメージ 2




        さてコヒレンス2と対決




          ありゃりゃ!!  

通常の変化とは違いますね~ 


通常ってなに? うまくいえませんがたとえば、 

Celloは見晴らし感が良い感じがするとかPASSは固めの輪郭感が良いとか・・ 

しかしながら土俵は同じだった。得意技が違う感じだ。 

                 こいつは 




                こんな感じだ。 



                   いかげんなイメージ描写だす

イメージ 1

             土俵が違う感じだゾゾ・・ 
お山のてっぺんの土俵でよろこんでた・・・
ふと外を見回したら広大なお花畑があった! 

この差が現れるのも手前味噌ながら小生のアホシステムもあるが
やはりハイレゾ音源だからなのだろう。
いままでのCD音源、はたまたT3FとTAITANで鳴らした高音質アナログ盤でもここまで細かいニュアンスが聴こえたりしたか?
先日秋葉原で見たNHKのデモ、スーパーハイビジョンの画像を思い出させる細密な表現力だ!
よくオーディオマニアは音を聴いていて音楽を聴いていないなどと言われるが、小生としては音がよくなければ音楽を聴く気がしない。
このLA10 の音はまさしく音楽である。



ヤバイ・・・・・ 


ヤバイゾ・・・ 



一聴しただけで・・お迎えするようにするにはという脳内会議が始まってしまった・・ 



数曲聴き入りすっかり堪能。 


皆様にも聴いていただき・・ 皆様もびっくり 






そうだ
 

innertubeも外したらもっと良いのでは! 

なにをするとか伝える時間もおしみ、まるで小生しかいないような状態で繋ぎかえる。 

マイクロファラッドの高橋さんが「ホンキモードになっちゃいましたね」とずばり見切られた。

外した。 


んんんn  やはりコノ子はいたほうが小生の好む演奏のリアル感がある。 

まあ、このあたりはほんの少しの好みの差。 


おもわず在庫は? 聞いたら鈴木さん 「がんばっても月に2台しか造れない」 

ちょっとまっててと。 


考えることもある..


リモコンが欲しいな..とか

アナログはどうしよう..とか..

とかいったらjyajyaoさんならメカでリモコン作っちゃえば?

そうですね。 つくちゃいましょうなど話が弾み


というわけでほんのちょっと検討時間が出来た。(ホッ) 


いろいろやってみながら考えよ~っと。 


ファンダメンタル LA10 を持ってきて頂きコヒレンス2と対決


2012/8/12(日) 午後 9:36  の続きです。


        jyajyaoの変なリスニングルームへ6名で移動しました

     むりくり足し算すれば20畳程だが縦せま横長なので6名入ると..すわれるなあ..

イメージ 5

まあしゃあないな..そんなことより

            中が見たいな~と・・・

           じゃああけましょう

イメージ 1

             

        中身拝見 

          おお 整然かつ必然 

    こういうのが機能美ってのだな..かっこいいですね!

イメージ 2

Trは最高のものを使おうとしていたが、製造していたタイの工場が洪水で製造中止となってしまい、 もうだめだ・・・とギブしそうだったと。 

しかし奮起し、良い音が出るものを探した結果、当初予定したものよりも更に良いTrを発見、基板から作り直した災い転じて福となったモノ! 


基板の厚みなど量産では造れない仕様、ハンドワークの半田は材料、温度など基本から勉強しなおしたとのこと。 
左右はもちろんHotとColdなどすべての長さが対称同一な線 
は特注で、熱収縮チューブのかけ方、厚みまで音を聴きながら設定したとのことです。 


ケースも締め付け応力が溜まり難いように締結部の面積が少なくなるように精密な加工がされており、 加工工程が多くコストもかなり高そうだ。 

締結ボルトもアルミの削りだしのワンオフ。 
スパイクはステンレスで、溝がはいっていますが、この溝も何種類も試作し吟味された。 
メグでのイベント時は、デザイン的にはどうなんだろうと思ってしまいましたが
これらのお話をきくにつれてだんだん良く見えてきてしまいますね~ 










   さて待望の音だし前にJeffRowland コヒレンス2状態で皆様と試聴 
       鈴木さん曽根さん、鎌倉のiさんには始めてのjyjajyao soundだ・・・・ 
        プロの方にこんなセオリー無視のアホなのを聴いていただく・・・・
              のはいい加減慣れてきた(笑) 

イメージ 3


        まさにライブの音ですね。
     音が飛んでくると評価いただけました
         


(星は自己採点

 )
      アホだけにそれなりのインパクトを与えられたようだゾう・・ 



    いよいよ繋ぎ変えましょう! 

      この日の前日にDAC MYTEKが届き


イメージ 6


               繋ぎ変え


イメージ 7


                 を聴きだした
           (SpecialThanks For S藤さん
ので前段
      dcsのあったとこに置いた..
イメージ 4

コヒレンス2に至るまでにはCello パッレットMIVやPassLabo X0やらコヒレンス1やら いろいろ経ましたが、いまんところ一番のお気に入りです。 

          不満があっての試聴ではないのですが。 

      さーて いよいよ音だしです!!


おいしい蕎

茨城から埼玉に向かうとこにある江戸そばです

     ダブルウーハーズ 会長御用達のお店です



                 とってもおいしいです

イメージ 1


イメージ 2

     えもんかけ          ウイットに富んでます

イメージ 3

       大盛りはない   たくさん食べたかったらも一つたのみなさいと

イメージ 4

              食べるのが先で写真取り忘れ..


恒例 メグ・ジャズ・オーディオ愛好会

恒例 メグ・ジャズ・オーディオ愛好会

イメージ 2


若手オーディオ評論家・ライターとしてご活躍中の、鈴木裕さん、田中伊佐資さん、
 村井裕弥さんをお招きし、音楽やオーディオの魅力を思いっきり語っていただくと同時に、
雑誌等で評価する場合のそれぞれの評価基準・思いいれ・考え方、それに失敗談なども
思いっきり語っていただきます。われわれもオーディオユーザー・マニア・読者の立場から、
いろんな質問や意見をぶつけてホンネを聞きだしましょう。
勿論、本会 名誉会長である林正儀さんも加わっていただきます。
四十七研究所 代表 木村様のご協力でプリアンプ、CDプレイヤー、
アナログプレイヤー等の試聴機材使用
評論家皆様愛用のケーブルやリファレンスCD
ご披露頂き、闊達な感想、ご意見等、大いに楽しみましょう。

7月末のイベントのオソあげです。

ヒビノ宮本さんのラボもソウルノート鈴木さん小生宅も..次回


プロローグ



  評論家先生皆様のトークはつつがなく終了いたしました



           四十七研究所
     ちゃめっけの効いたブラインドでのケーブル
        試聴
等あり良かったです。



           Audio Agara
         能動的に鳴るプリです。
      語られているパワーはこちらです。

          
2012/5/25(金) 午後 10:26


      井筒香奈江さんが来られました

  ご本人様が小生の横におられました  キンチョー

    CD<時のまにまに Ⅱ 春夏秋冬> 即売会となり購入しました

イメージ 1

    5曲目の中央線  ほぼノンリバーブとのことです
     これをうまく鳴らすのはなかなか難しいですね~
     メグではやはりジャンルが異なってしまう..

お客さんが、「良いですね~ まさにあなたがそこで歌っていたようです」 「オーディオでもこんなに良いんですね~」と..

ご本人が....ちょっと表情が曇ったので..

小生くちをはさんだ

いえいえこの音は今ここにいるご本人とはだいぶ違いますよ..
声質も違うしまろやかさがないし
巧く鳴らせばすばらしいあるばむなハズです!

そしたら ご本人
こんなに私は大きくないし..声も..とおもってましたと
さすがご本人!アーチストです!



サーロジックのパネル、型番等失念しましたが
角度が効いているも持ち込まれ比較など
センターに置く角度のついた縦長平板状、
仕組みは日東紡と似ているが角度が効いて
定位が良くなる場合があるらしい。

などなど


盛りだくさんのイベントでした。


ソウルノート LA10試聴 コニサー4.0とファンダメンタルLA10

まずは小生のオソあげ言い訳

暑いしめんどくさいし..

いろんなことやってるのですが..おかげでブログにあげてる時間が...

テキパキやればいいんですが..

いいかげんにユルく行くモジュール
に入れかえたので。

ところで

コニサー 4.0  って  たしか二百万とか三百万とかいう記憶

イメージ 8


ロー・インピーダンス・スター・グラウンドの思想を一段進行させ、従来回路基板のグラウンディング・ノードを新設計の独立した専用のグラウンド・ターミナルおよび高純度銅線によるワイヤー・ネットワークに変更し、グラウンドを強化。従来機に比べ、音のエネルギーをよりダイナミックに表現。密度感と低音域の充実感が増し、スケール感と躍動感に満ちあふれ、演奏者の表情やその場の熱気が鮮明に伝わる。


                VS  

ファンダメンタル  LA10 百万と消費税 こんど消費税あがりますな..


イメージ 6
イメージ 7


・精緻な音量コントロールを実現する P&Gロータリーフェーダー採用 
・超広帯域・高S/N比のL/R独立電流バッファーアンプモジュール 
・1kVAの大容量トランスを別筺体に搭載 
・伸びやかな音楽表現をひきだすストレスフリーシャーシー 
・取り付けビスにもおよぶ徹底した非磁性化 
・1台1台が手作りのカスタムメイド(受注生産)


6月のメグ・ジャズ・オーディオ愛好会は祝!! 2周年
SOULNOTE イベントの模様をアップしましたが


寺島さんの感性で追い込まれたシステムに突然繋がれたLA10
アクティブウーハーのアバンキャルドDUOとの相性もいまいちだった。
尖ったクリエーターである寺島氏のシステムなのだから
当然であるし、なんでもそつなく鳴っちゃうのならそこいらへんの
量販店とおんなじだ..  

             しかし..
マイクロファラッド


           ここいらへんですよ

イメージ 9

     高橋さんの鋭いアンテナに引っかかったLA10
試聴等で引っ張りダコ状態で雑誌媒体などへの試聴機貸し出しもままならない機材なのですがマイクロファラッド高橋さんは鈴木代表とは20年のお友達。
その合間を縫っての一日だけ鈴木さん自ら持ち込んでの試聴大会が行われました(時間がだいぶたってしまいました..ユルいんでごめんなさい)



え?? 
 
ヒビノプロオーディオ宮本幸先生

のラボ訪問の事から  ェ..? そこからホンネかい?? 嘘でしょ....


これは..次の次くらいに...  

宮本先生からは記載承認はたぶん頂済みですし、入っている音源もクレジットお教え頂き、作成しようかとしてるようないないような
状態なので..


      凄いマニア邸訪問記やらなんやらも数件

 前回のメグ ジャズオーディオ愛好会 評論家皆様の模様も.. あとで..


             ゆるいです..


               本題

                                          コニサーでたっぷり暖機


                               鎌倉からマニアのi氏もご参加された



     臼にオルトフォンにVIV LABOのアームに見とれて

イメージ 1


       じゃジャーン 鈴木さん登場!!  機材搬入

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


 高橋さんオリジナルアレンジのJBL66000+ハイレゾでの音だし!!

          ご説明等は動画から..



                                  Michael Jackson  Beat it    

                    ブロックあり。もしかしたら聴こえません

こにさあくん




搬入






LA10


      音はYoutubeでも違いが聴こえると思います

                              
         コニサー4.0とファンダメンタルLA10
        共にコンセプト的には共通項が多くあると
              感じます。

        コニサーを比較機に持ってくるとは
          さすが高橋さんです

         なので、きっと同じ傾向であるが
      国や文化の違い的な部分が大きいと思っていました

        アナログアンプはデジタルのような
      日進月歩な基礎技術進化はないとおもいますが

        しかし、時代の流れは関連してる。

         なぜなら音源の情報量が桁違い。

     他の音源やSPではこれとは異なった結果になる
          場合もあるとおもいますが

            なんだこりゃ!凄い

      推測していた違いの数倍はちがちゃったなぁ..

               なあ

LA10はきっとそうとうな未来まで通用する増幅器だろうなあと思って聴いていました。



   さあ!! これからjyajyaoのへんな部屋に大移動!!


                    たぶん続く..

添加剤

イメージ 1


           


 これは冷戦時代に大砲の精度や寿命を向上させるためバレル内面に加工した物がオリジン

         なにやら特殊な、そこいらへんの地域のある鉱物だとか。

     こいつがつき、フリクションがかかるとどんどんつるつるになってしまい

          金属組成もつるつるに成長するとかしないとか。


              原液なのでメチャクチャ濃いです。




       ちまたのなんとかいうたぐいのものはこれの百倍くらい薄いもの。

         それらはベースの材料がエンジンオイルの粘度を下げるので

             入れたら効果が出たようにかんじるらしい。




                  これはなかなかすごいです。

          投入は6月頃  走行500km程で効果が出ました

              30リッターで670kはしりました。



イメージ 2


               完全コーティングまで3000kほど




プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR