コネクター交換やら金粉ショーやらの進捗です

ご指南頂きました耐圧の足らないコネクター

いったん焦げましたし、あのまま使うと再発しかねません。

Tデンさんのように後追いは怖いのでNANABOSHI製の耐圧1KVに変えました。

しかし、汚染水が海に漏れてるって...漏れるのわかってるだろ!!
正直アホとしか言いようが無い..
国もアホなんだろうが....

           ...さて立派なモノ 造りもいいです。

イメージ 1

ケースの穴広げるのめんどくさいのでスペーサーで対応しました

イメージ 2

ついでにVR交換

イメージ 4

ビフォア    たぶん純正ではない  ヤフオクで落したので..ここなんかはなんかおかしいと思う
                 DIYっぽいステーだし..

イメージ 5

アフター       これもヤフオク 
 端子が抵抗に埋もれてて目がよく見えない小生には線だしが大変

イメージ 6

さて 金粉ショー  
イメージ 3


   じゃなくて  なにか良い塗りかたは無いものか??

そうだ ピンセットを使おう

イメージ 7

微量をつけて、端子を挟んでやれば的確につけられる

イメージ 8

メスには刺してピンセットの広がったテンションでつけた

イメージ 9

さて設置しよう

天板つけないで鳴らしたくなったのでクロックは上の棚に移動した

イメージ 10

よくなった   マンセー

イメージ 11




スポンサーサイト



「Raidho meets Spectral」by Timelord@六本木アクシス

Raidho meets Spectral    by Timelord というイベントです。

場所は六本木 アクシスという小生、仕事でもお邪魔する機会が多いなじみの場所。その4Fの適度なヴォリュームの部屋を音響的に整えて行われております。このシステムは今週水曜日の午後3時まで試聴可能です。

イメージ 2


イメージ 1

   写真はHP借用 ぶら下がってるMITのターミネーションBOX部
   当日は台に乗せられ、黒い布でデッドニングされている
         などなど細かい調整がうかがえます

イメージ 8



イメージ 3

特にSpectralはなかなか聴く機会に巡り会えない機材。
MCは評論家 角田先生
角田先生の選曲は製品の性能を理解するのに抜群。
説明にもありますようにSpectralとRaidho のすばらしいコラボによる超高速レスポンス&高解像度、繊細な倍音以上の高次倍音もしっかり再生する性能は格別な世界です。




SDR-4000SLというCDプレーヤーは一般的なCDを最も高いパフォーマンスで再生するというコンセプト。
たしかにハイレゾ的な滑らかさです。

イメージ 4

フィールド並の磁束をもつユニット かっこいいですね!!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

Spectral取り扱いのキナーラの
Managing director のMr Sorab Wadiaさんは日本語堪能で、
天板を外し、分かりやすく的確なコンセプトや技術説明をされます。
お時間ある方、ぜひ聴いてみることをお勧め致します。

以下

Timelord村上さんからの情報転載

遊」の今後のスケジュール等については下記facebookページに掲載しております。




メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 カイザーサウンド

カイザーサウンドの会のもようです

以下 案内の転載

ローゼンクランツ究極の新製品、
「小型ルームチューニング」をはじめ、
5月末発売の「ガウディオ3号」に掲載された
「オーディオを科学するカイザーサウンド」に沿って実演します。


第一部19時00分~20時30分 第二部20時45分~22時00分
 1.ルームチューニングの 新製品(小型)試作品紹介
 音の効果も素晴らしいし、何より幾何学的な構造も魅力です。
 
 2.オーディオの究極の極意とは、部屋の空気をどうコントロールするか
 ストリームリバイバーという製品、大小二つのの気流コントローラーを
 メインに、5万円ほどの中国製真空管アンプ(カイザーモデファイ版)視聴

 1万円ほどの電源タップ(カイザーモディファイ版)を視聴
 
 ケーブル類は最安(数百円/m)~
 時間があれば、ローゼンクランツの(高級ケーブル)も視聴します!

いつも通り試聴用のCDをどしどし、ご披露の程よろしくお願いいたします。

イメージ 5



貝崎さんから出る電波でカメラが不調です

これが動画で説明の気流をなんとかするらしいモノ

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3


だから電波だしちゃだめですってば....


イメージ 4


上の写真はラックのC断面の足に跳ね返った音が音響効果を改善するという実験
薄いテープを貼った状態で聴き、剥がしての比較動画





この会直前に椅子とテーブルが刷新されました。 それらの違いか、低い天井との間の
定在波があきらかに大きくなってしまったように聞こえました。

そのような変化もあり、気流という部分やラックの実験は今回のメグでの試聴では良くわかりませんでした。

部屋の隅にある凄い音響オブジェが気になってしまい、試聴に集中できないまま
電車の時間で途中退散しました

今週末はエソテリックのイベント、アヴァンギャルド UNO FINOを中心に、ESOTERICオーディオを存分に楽しもうです。

皆様 宜しかったらご来店を!!

M目先生襲来から蕎からY本邸訪問からコットンクラブからスペインBAR


M目先生が小生小屋を通過されました。

蕎やさんの予約の都合上、うちの滞在時間は1時間弱ですので
今回は機材の個性を一瞬ずつお聴き頂くという企画。

事故アンプをあわててとりあえず音が出るようにし、
直してる間にリザーブから復活したコヒレンス2と比較。

イメージ 1


DACはエミライさんからお借りしたINVICTA MIRUS


曲を固定して、コヒレンス2ととりあえず音が出るようにしたアンプ
を聴き比べて頂きました。

その後にINVICTA MIRUSとMYTEKの比較

短時間の試聴の上、(今回も)一台のアンプのSW入れ忘れという失態

まあ、今回のメインはHALIE LORENやY本邸です
容赦ください

またゆっくりお聴きください

イメージ 2


      そんなこんなでなんとか無事に通過。

        西国分 おいしいですよ!!

イメージ 5



イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



Y本邸で試聴

イメージ 10


イメージ 9

シャンパンで乾杯
イメージ 11

アナログの醸し出す音の雰囲気がすばらしい

M目先生もアスリートな音に感銘をうけたところで東京駅へゴー

イメージ 12


マイクロファラッド高橋さんも合流し、すばらしい演奏とHALIE LORENの甘美な歌声を堪能



そして同じビルのスペインBARへ

おいしいエスパニョールなワインと食べ物で盛り上がりました。

イメージ 3

イメージ 4




同じ階にあるメキシカンレストランも雰囲気最高です。
薄暗い廊下を抜けるとドカーン! 穴場です。

小生ブログご覧の方、コットンクラブもレストランもおすすめです。

楽しかったです。ありがとうございました!!



間違いの修正&異臭騒ぎ

お借りしてるDACは新型で、まだ入荷まちのデモ機という貴重なものです

イメージ 1

下の写真がES9818にアップグレードした新モデルとなっている
上段の写真が上位機種だが、写真も小さいし、機種名が文中に入ってしまい
よくわからん。ぱっと見には下の写真が上位機種に見えてしまう。



旧態以前的な熟読を要するカタログや取り説
読むのも面倒なんでたいがい取り説は見ない。
もうすこし直感的に理解出来るようになってくれればなあと思います。

さて 


ですので家にあるのは新型で9018をチャンネルあたり一枚      
使うという素晴らしいスペックのモノです。 

さて、間違えついでに、実はいろいろ起こってました&やってしまったことを。 


間違え① 

先週土曜日、サミングアンプのヴォリュームをロータリーSWでヴィジェイの抵抗で組んだものに交換しようと思い ましたが、50kΩと思って買ったら500kΩ・・・  よく見えないので読み間違いの間違え発注・・・・ 

        後ろに転がってるのがそれ
イメージ 2


せっかくあけたからと、球を差し替え、最近お借りしたPure  Goldという金粉ものを試そうか 
以前に球の足、熱が上がるところに他メーカーのこの手のものを塗ったら 変質しかえって不安定になった・・
なので、別電源から本体につなげるコネクターの端子部分にほんのチョットだけつけてみた。 


前記試聴の時に事件は起きた。 

DAC  いいですね~!!! 

って一時間程聴いていたら、なにやらキーンという音と共に・・音が出なくなり  異臭が・・・ 

はい~  お開き 
 で 皆さんで食事に行き 
帰宅  電源ばらしてみたらCに残ってた電気で指が焦げ・・ こんどはタンパク質系の異臭・・・ もう寝よう・・・ 

月曜   溜まってたって事は電気は行ってるな・・・  よくよく見たら2kΩ5Wのセメント抵抗裏が黒こげ。 


    ケミコンの向こう側 黒こげセメントを外したところ

イメージ 3


手持ちのものは10Ωとかの低いのばかり・・  Netで頼んだ。  1本84円の抵抗に送料やらが1500円・・・・まあこれだけのことで秋葉に行くのもなんだし ポチリ..便利だこと。

昨日届いた。
イメージ 4


今さっき交換し電源単体で通電は問題なし、アンプ側の原因か調べるがどこも悪くなさそう 

アンプと繋いで通電 ・・・・・

 やはり抵抗がどんどん熱くなる・・・ 

端子から行ってる線を外しながら調べていったが・・・ なんと・・・端子だけにしても・・熱くなる・・ 

ためしにCに貯めた状態で端子単体のオスに電源から来たメスを刺すと・・さした瞬間にパチンという・・ 


イメージ 7


え?? 金粉で短絡??   はみ出る程は塗っていないが...
覗いても金色らしいものは見えないが???  WHY???


端子間にトラッキングの痕跡発見。 


イメージ 5


一時間ほど聴いてる間に金粉が舞って沿面放電し炭化、短絡に近い状態になったのだろうか。。

パーツクリーナーと麺棒で洗っても洗って
見た目は奇麗な樹脂なのにパチンは起こる・・・・ありゃふしぎな 


マイナスドライバー突っ込んで樹脂表面をガリガリ削ったらようやくなくなりました。 

イメージ 6


球なので電圧も高いのでリークもしやすいが・・・・なんというか・・やはりナノの世界は凄い事が起こるんですね。
 
なので間違え②は電圧の高いとこには塗ること。 

私は針を使って塗りましたが、付属の筆は太すぎヤバイ。
毛が三本くらいの
イメージ 8
もので物凄くちょっとだけ塗らないとまずそうですなぁ。



付属の筆でUSBやLANなどの細かい部分に塗るなんてことはやめといた方が無難な気がします。

それだけ優れているとも言えますね。この金粉..接点の導通を良くしてくれることは間違いないようです。

この手のものは自己責任ですがコンセントなどに使う場合は注意したほうがいいかもですね。








レゾネッセンス ラボ DAC

マイクロファラッド代表が

INVICTA MIRUS
イメージ 1
というDACを持って聴きにこられました

          エルガーの上の小さいやつです

イメージ 2

繋いだ  聴いた  エール音響すごいシステム構築中のSさんも聴いた

イメージ 3

いいですね~!! マイテックは骨格がしっかりした音
場の再現や音階なども優れていますが反面、もちょっとユルい方がナチュラルなのではってことも...
このDACはそういった部分がうまいぐあいにうまい鳴りかたです。
傾向としてはdcs方向。

SDカードから鳴らすのもいい感じ。

ESSの性能発揮ということらしい!!!

週末にM目先生襲来に備えてちょっとお借りしました。


INVICTAの新フラッグシップモデルINVICTA MIRUS

イメージ 4
こいつはもっといいんだろうなあ..
島さんに問い合わせしよう!!

佐村河内守さんのHIROSHIMA@東京芸術劇場


       

        佐村河内守 さんの HIROSHIMAを聞いてきました。



            またまたR-リサーチ 社長にご招待いただきました。

      佐村河内守さんのことをご存じない方もいるかもしれません。
R-リサーチ Yさんも偶然NHKのニュース番組の中の特集で見たとの事。
        私も知りませんでした。 ばたばたしており、ググる時間もなく
             全く予備知識なしでの参加です。

イメージ 3


                    転載です

1963年、被爆者の両親の間位に生まれる。ピアノの英才教育を受けた後、
作曲を始めた。現代音楽教育に共鳴できずに大学進学を断念。独自で音楽活動を
続けた。17歳で『交響曲第1番』の作曲に着手。同年から原因不明[2]の偏頭痛や
聴覚障害を発症。ゲームのための音楽を書きながら生活のたつきとしていた。
その後全聾となり完全に聴覚を失う。常にボイラー室に閉じ込められているかの
ような轟音が頭に鳴り響く頭鳴症、耳鳴り発作、腱鞘炎などに苦しみつつ、絶対
音感を頼りに作曲を続ける。
2008年に最初の交響曲である「HIROSHIMA」を広島で披露。喝さいを浴びる。
2013年3月31日、佐村河内守を特集したNHKスペシャル「魂の旋律 ~音を失った
作曲家~」が放送される。番組では、『交響曲第1番』の成功、聴力を失った
苦悩、東日本大震災の被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」作曲に至る経緯など
が紹介された。この番組が反響を呼び、交響曲第1番のCD売上がオリコン週間総合
チャートで2位を獲得。(Wikipediaより)

指揮アレクサンドル・アニシモフ
東京フィルハーモニー交響楽団。



                    東京芸術劇場

イメージ 1

                      天井です

イメージ 2

                  すばらしいホールです

イメージ 4

            とにかく壮大です。 大きなドラム、ドラ、
                 コントラバスも8人の演奏
                  ロシア的なスケール感

              普遍性ってこういうんだろうなあ

                  大編成は最高ですね

              音に包まれ演奏に浸たる時間でした。


                


                 

        

メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 ヒット開発研究所

遅くなってしまいましたがメグ・ジャズ・オーディオ愛好会


ヒット開発研究所の福島彰社長をお迎えし、
三極真空管と同様の特性を半導体の回路で実現した
新発売のアンプ『LTC101055S』を徹底的に聴きましょう。
当愛好会イベントでは初めてのトライアンプ試聴にも挑戦します。

第1部 19時00分~20時30分
 『LTC101055S』アンプ1台での試聴および福島社長自作の
 シングル300B(セトロン製)
 ステレオアンプ 5W×2との比較試聴。

第2部 LTC101055S トライアンプ徹底視聴
 アンプ2台駆動(バイアンプ)⇒3台駆動(トライアンプ)の試聴比較。
 
 ☆いつものとおり、試聴用のCDをどしどしご持参をお願いいたします。

 【LTC101055Sアンプの特徴】
 ・出力:60W×2(8Ω) ・無帰還アンプの良さである自然な音。
 ・無帰還でも低歪率。フルパワーで1%以下 ・スピーカーを適度なダンピングで駆動できること。
 ・DF約10大容量ネジ端子電解コンデンサとRコアトランス採用の強力電源搭載
 ・電源はすべて定電圧電源 ・RCA端子、スピーカー端子はロジュームメッキ
 ・内部配線はOFC電線を採用 ・筐体はすべてアルミ製
 下記のURLでカタログをご覧下さい。


イメージ 1

イメージ 2


LTC101055S 艶やかさのある音質です。

セトロンの球アンプもさすが。

会場からはその球アンプは売らないかとの問いかけも。







イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


いろいろな音楽を聴きましょう AKB 48


R-リサーチ  代表が超ゲット困難チケットを取ってくれました!!

イメージ 5

       






                             AKB 48  

イメージ 1

                  UDXで腹ごしらえ

イメージ 3

       秋葉という街の一面か..

イメージ 2

   さて いざドンキービル8Fへ

イメージ 4


     開演前なので失礼してぱちり
        
      ステージは超近距離です


R-リサーチのニュースレター

NL128号「秋元康~テレビを見限った男~」
NL129号「覚醒」をぜひ見てください

なるほどと思われると思います

小生
基本的にはJAZZを聴くことが多いですが
お出かけiPhoneはPOPばかり
今回のAKB 音楽的にもノリがよく、なんといっても一生懸命な姿に感動をおぼえます。

楽しいです。楽しいことが一番です。
眉間にしわ寄せてうんちくたれて聴く世界もありますが...
こういうのもいいもんですよ!!
アメリカなんかは爺さんがROCK聴きますし!!
なんか、型にはまりたがる日本とは異なりますな。
こういう音楽で育った若者のじじいになった時の好みはどうなんだろう?だいぶんスポンジーなのでは?

たのしかったのでまた行きたい










イメージ 6



プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR