ダニエルヘルツ ユーザーの襲来

絶対価値の世界 Mr Mark Levinson の Daniel heltz 



でご紹介しました氏とY本さんの襲来がありました。

絵に描いたような素晴らしいシステムとお部屋の氏が

イメージ 1

絵にもかけないキテレツな宅に来られました

イメージ 2



少しは崇高な要素をと悪あがきします。

この子をアバンギャルドのホーンを鳴らす300Bの入力にかましました。

イメージ 3

イメージ 4


ライティングも少し上品にしたつもれでしたが..あれ...
赤系と青系、チューブとランプが逆転しただけでした...

イメージ 5

鳴らしつけないクラシックなど。



独自な世界に喜んで頂けました



ついでに28日(土)の吉祥寺Megのイベント告知です。

小生導入のDACをはじめ様々な試聴をエミライさんが行います。
PCオーディオに興味がある方、超初心者からヘビーユーザーまでぜひお集りください!!

【イベント主旨】
エミライの島様お迎えしPC音源で最新DAC聴き比べ、 DACの素晴らしさを体験しましょう。同時にPCオーディオ基礎講座を簡単に説明を加えるなど、最先端PC AUDIOとDACの性能をフルに発揮してみましょう。
使用アンプも今回はホルダー1010プリアンプ、850パワーアンプ、スーパーツイーターも好評のキットヒットで鳴らされます。音色の違いに注目!

第1部 19時00分~20時30分
PCオーディオ基礎講座を簡単に行ってから
 (1)OPPOを使ってディスクでハイレゾを聴いてみよう
 (2)INVICTA MIRUSを使ってSDカードでハイレゾを使ってみよう
 (3)新しいネットワークオーディオのカタチAurender S10+AURALiC VEGA
第2部 20時45分~22時00分
人気機種の挙手選択で皆様持ち込み音源の聴き比べ、また、ヘビーユーザー様のより深い世界など
ご質問ありましたらご対応いたします。
持ち込み音源も今回はデジタル音源大歓迎!! 老若男女皆様、これからのAUDIOを楽しみましょう。
・Aurender S10  http://www.aurender.jp/products/s10/
・AURALiC VEGA  http://www.auralic.jp/products/vega/
・Resonessence Labs INVICTA MIRUS http://www.resonessencelabs.jp/products/invicta-mirus/
・OPPO Digital BDP-105JP http://www.oppodigital.jp/products/bdp-105/


よろしかったら
イメージ 6


文字ぽちお願いします。



スポンサーサイト



アキュフェーズのサウンド@メグ・ジャズ・オーディオ愛好会



メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 第39回


アキュフェーズの山本様、渋谷様をお迎えし、《オーディオの本質を追求し、科学技術を通じて人々の精神生活を豊かにしたい。》という創業理念に情熱を燃やし続けているアキュフェーズの洗練された魅力的なサウンドを存分に楽しみましょう。

『プリメインアンプ E-460』、『SACD/CDプレーヤー DP-550』
『プリアンプC-2420とプリメインE-460ののパワー部』『クリーン電源PS-1220』

 『SACD/CDプレーヤー DP-550』に『プリアンプC-2420』と『パワーアンプP-4200』を接続し、セパレートアンプによる音質・音場の向上効果をす
C-2420に『フォノイコライザーユニットAD-2820』を増設し、CDとは異なるアナログレコードの魅力などのイベントでした。
イメージ 2


王道をゆくアキュフェーズです。

高信頼性、安心のアフターサービス。
ゆるがないブランドを構築。
欧米、特にドイツでは評判良いという。


しかし..ならしだしたら...寺島さんが、音が飛んで来ないと...
なにやら結線を変更し、なに~とばかりの音量に!!

イメージ 1


寺島さん、素晴らしい!!と反応

セパレートですから!!みなさんもここまで上がってきてください」とメーカー談

...プリメインとプリ、見た目にどっちがどっちなんだ??は小生の至らなさ。


通常のショウではありえない質問も。

例えば、音がまじめですね。とか

デザインが代わり映えしないのは買い替えても奥さんにばれないメリットがあるから??とか..
大して興味の無いものからみたらそうでしょう。デザインビュウで見ると、そこには大変なご苦労があると思う。
変えられない。しかし変えなければならない。大企業の大変さ、合議制やらなんやら??
しかし、今回の電源などとてもかっこ良く高級感があるモノになっていると感じます!

イメージ 5




買い替えちゃえよ!!
イメージ 6
メーカーもばれないようにっ作ってるって言ってたぞ!!!






さて..

飛んで来ない発言のおかげさま...前列にいる小生には厳しい音量になりました...耳が痛い...正直...辛い....のは私だけ?みんな平気な雰囲気..

聴かせて頂きました音は良質です。また、一貫したジャパネスクデザインも海外では独特な舶来デザインです。


過去に様々なアキュフェーズを使いました私の主観ですが、出音は中高域に独特なキラビやかな特徴を感じます。
そういう部分と寺島さんのお狙いのJAZZ音の相乗効果か??
中域が元気な音.. 
イメージ 7


それが目の前のDUO...メガホンが耳元にある音...
....前席近接大音量は辛い音質だ.... 明日は耳鳴りだろう...




真ん中膨らんだのはアキュフェーズのせいではない.機材の相性という部分か?
これは...堅実なメーカーとアバンギャルドな寺島さんの相性なのかぁ??

ケーブルも持ち込みだし、パワードウーハーのセッティングはオーナーが許さないのかデフォルトだ。

 使い手によって音が異なるのはよくある事象
鳴らし手の音になってしまうオーディオ機器のオカルトな世界

ジャズの御大の念力が上下を切った!

イメージ 8
















科学技術を追求したのだ!ありえん!!




イメージ 9













イメージ 10
変わるもんは変わるのだ!
















小生は
イメージ 11

















なんてやり取りはありませんでした。




電源比較  波形の潰れもですが、なんとメグの汚いAC100Vは実は汚いAC90Vダッタという事が判明。
ご自宅はマイ柱なのですがねえ... さて  電電オンで奇麗なAC100Vに変身!   当然効果は抜群!

近接でも若干聞きやすくなりました。

イメージ 12




後半は渋谷様によるオーディオではなく完全なるレコード演奏イベントです。
ノリノリで楽しい進行です。
こういう方もアキュフェーズにはおられるんですね。(失礼な..だれがいったんだ??っwww)なんて声も上がる盛り上がりです。

イメージ 3





一貫性と安心感
いつも思うのだがインターナショナルオーディオショウのブースに入ると昔にタイムスリップした感さえある。
イベント的には多くの顧客で大盛況!!成功!となるだろう。 成功だから変えたくないだろう。
ユーザーカードも気に入って買った客だから当然良い事ざんまい。

今回のイベント、アキュフェーズを応援するお客さんが大半だったと思う。
だから聞きにくい質問も飛び交った。


物造り王国日本の象徴
すばらしいボリュームだったり回路だったり。
テクノロジーな部分は図解や数値で懸命にアピールするが、だったらどういうお部屋でどんな人が使うの?
どんな音がするの?って言うのが伝わらない。

オーディオはモノですが音楽はコトなんですが...コトが下手なのも日本の象徴。
外観もカッコ主体なスタイリングやさんの頑張りによってデザインとは言えないものに成り下がる。
アキュフェーズの場合、陳スタイリングにはなってないのは良いところであると思う。


高齢化した顧客のお部屋に定番ラック、セオリー通りにSPの間に置かれた同じ顔の製品が整然と並ぶ。
安心、整然、王道、中道。

反面 つまらない.......

アキュフェーズファンの方には怒られますね。小生は端っこ好きなひねくれ者だから「おがまいねぐ」ですが...

もしアキュフェーズが飛躍し、海外製品に負けない個性や音を目指して造ったらどんなモノが出来るのだろう?
なにもぶっ飛んだものとは言いません。
アキュフェーズデザインの良い部分はまもりつつ、
一目みただけで買いたくなる素晴らしいデザイン、また、音もきっと出来ると思う。
そうしたらきっと違ったユーザーさんや市場の声が生まれると思うなあ...

アキュフェーズがんばれ よろしかったら文字ぽちを
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)イメージ 4
[[

Resonessence INVICTA MIRUS MACに繋いだ

エミライ取り扱いの384kHz/24bit&DSD 5.6MHz対応、ResonessenceのフラグシップDAC「INVICTA MIRUS」

CANADAから送られたようです。
なあんだ..旅費出してくれれば取りに行ったのに..

イメージ 1


384kHz/24bit対応PCM、DSD 2.8MHzおよび5.6MHzに対応したUSB-DAC。ヘッドフォン出力を省略してESSの「Sable 9018」DACチップをチャンネルあたり1個使用したぜいたくな仕様だ。
 SDカードスロットを搭載し、メモリーカードおよびUSB入力(DoP)の両方で384kHz/24bitのPCM系音源と2.8M/5.6MHzのDSDファイル再生が可能。対応フォーマットは、WAV、AIFF、FLAC、DSDIFF/DSF。
 本体サイズは、220(幅)×282(奥行き)×50(高さ)ミリ。重量は2.9キロ。フロントパネルのレイアウトを変更してサンプリングレートの確認が容易になったほか、IRセンサーの位置変更によってリモコン操作に対する感度が向上しているという。Apple製IR Remoteによる操作にも対応する。

というスペックです。


難しそう??

いえいえ

MACのばあいやることといえば

1  ブス

2  ポチ

3  ポチ


そんなもんです。


イメージ 3


イメージ 2

音だしです。
暖気もしないでですが。
すでに素晴らしい。


CDをリッピングしたものの384上げですが、今まで聞いた事の無い音が出ています。
ハイレゾはもちろんいいのですが、大量にあるCDがこれだけ鳴ってくれるのは素晴らしい!

すべてのCDをハイレゾ買い直したと思えば(配信してないので無理だが)なんとお安い買い物なんだ!

今itunesやHDDに入ってる2000枚くらいのCDが@2000円としても
暗算できるすうじですな  う---ん  考えないようにします。


なんにせよ素晴らしいです。

イメージ 4

[https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)]

TAGUCHI 造形さん その2

前記、イベントに行く前に集合した時にお聴かせ頂いた機材です。

操作されているのは藤田サウンド代表

イメージ 1

CDJです。ベリンガーのアナログチャンデバからアムクロンのマルチ。
ピュアオーディオ的には低クオリティーですが、反面、元気な音。
SPの配置は狭いスパンでしたがダイポール状の箱と高能率な反応のいいユニット。平面波がつくる広大なステージと下までのびる低域。

イメージ 2

こちらは小型化したもの。

イメージ 3

8cm特注ユニットです。

イメージ 4



後ろ向きに撮りながら離れてますのでぶれぶれです
中高域、8m程は慣れても減衰は少ない!

離れた位置です

イメージ 7

8m離れてもこれ
立派なピラミッド型、20kまでのびてます。

ハイエンド、ピュアおーでおって下が薄くって上は14kくらいから無くなっちゃうばあいが多いのはなんでなんかなあ.....

イメージ 5

こんどメグでも持ち込んで鳴らしちゃうイベントでもやりましょうかね!!


プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR