先週は若いヤングなロックと年取ったヤングのオーディオイベント

美音Y本邸でオーディオいじりをして遅くなってしまい(今度あげます)

Yさんと慌てて電車の飛び乗り

知人からお誘いで下北沢

久しぶりだ~

細い路地に並んだ商店街 雰囲気は変わってない。

そしてこーいうイベント

下北で7組

次回は確か渋谷の

トーナメントで勝ち抜き決勝戦はドイツだという!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

お誘いは4組目のLIBERIAL

イメージ 5


イメージ 4

打撃系好きなおいらです
パーカッショニスト鈴木 理絵さん カッコイイですな


iphone動画ですのでご参考程度にね。
もっとちゃんとした動画はLIBEREALで検索してあげてください。



19時からだったので大遅刻で吉祥寺年取ったヤングのオーディオイベントに移動

トリプルブッキングは厳しい。

こちらの模様もまた次回。
スポンサーサイト



DW’S 新年会 銀座三ツ石

前記ダニエルY邸の音でパワーが満タンになったカイザーさんの車でポルシェカイエンと銀座までのカーチェイス!このベンツ君は加速度組み立てや新開発のインシュレーターが装着されており、旧車のまったりしたフィーリングながら、なめらかなところが魅力的。

加速度下車中です
イメージ 1

到着したら、皆様お揃いでした。

イメージ 2

さて、これからは怒涛のごとくフグ!フグ!フグ!

イメージ 3
イメージ 4

一枚一枚なんて食べません!夢に見た<ガサッ>と箸に取り食べた!

イメージ 5

まだまだ怒涛のごとくフグ!フグ!フグ!

イメージ 7
イメージ 8

イメージ 6

会長はお仕事、遅れて到着。





イメージ 9

オーナーはここでもカルテ..ではない。新兵器の画面でブログの回覧。

イメージ 10

見入る面々 TADSHINさんもお元気

イメージ 16

そして美酒に戯れ、西やんさんの美しい時計拝見!

イメージ 11
イメージ 14
イメージ 15

イメージ 13


ヒデさんは新幹線を待たせてました。

イメージ 12

新年早々、<夢のガサッ>も叶った完璧とも言える充実した1日でした!!

ダブルウーハーズ新年会_2

カイザーさんの戦闘力が少しばかり下がったところでダニエルY邸に移動しました。



車組と電車組、別れての移動で、小生が電車で到着は車マイナス30分… 
お部屋に入ると図太い!!漆黒の低音、ブラックホールに吸い込まれるような波が鳴り響いております。

イメージ 1

イメージ 5


以前にお聴かせいただいた時になかったものが..大変貌です!!スフォルツアートの超弩級クロックと試作機のネットワークプレーヤー!!そしてシルテックのトップエンドケーブルで同期している。


イメージ 3

マークレビンソン氏が表敬訪問し、認めたという音は
重さと解像度が両立された低域に中道、王道の中高域です。

小生は2階席から聴いたのですが。

イメージ 2


それでも低域が抜群の解像度を保ったまま襲いかかります!!Tさん持参のCDはどれも15年近く前に聴きまくったオーディオリファレンス。懐かしさとともに、え..こんなに良い低域だったんだ!!という発見の連続です。ダニエルYさんに「スフォルツァートクロックとシルテックの威力はものすごいですね」と言ったら「それもそうだけど、後ろのクローゼットの中の吸音材のチューニングが最も効いたかな」と。  毎度のことながら..恐るべき吸音材の魔術師です。神聖なる空間..皆様ただただ聴き入る..

カップ片手に余裕のオーラを放つのはもちろんオーナーのダニエルYさんです。

イメージ 4

すざまじい変貌に驚きました!!

興奮さめやらぬまま、銀座三ツ石に大移動です。

続く

ダブルウーハーズ新年会1

昨日ダブルウーハーズ新年会が銀座三ツ石で行われました。その前に小生のところにお寄りいただきましたカイザーサウンド貝崎さん、スフォルツアート代表小俣さん、福島からお越しいただきましたMrヒデさんMrダニエルYさん、謎の超マニアT中さん、そして寺島御大に美音で挑んでいるY本さんという濃厚すぎな面々!

イメージ 1

イメージ 2


まずはアデルのブルーレイ。

イメージ 6



すかさず怪人K崎さんがミッドを0.5db絞ったらって耳打ち。そう、ブルーレイはCDよりらいぶっぽい。ボーカルは チョットPAっぽくトンできます。小生はこっちの方が雰囲気すきなんです。。なんですよってご説明、他の音源を鳴らすと、オッケーって。(ホッ)

まあ、いろんな味付けの音源があるから楽しいですね。


そして最近ムンドのリニアトラッキングのアームに装着の光カートリッツジを鳴らした。


暗くって見えませんね。。。すみません。。

イメージ 3



美御大持参は井筒香奈江 

イメージ 4




さすがに美しい声。聴き入ってしまう。しかし、小生は重箱の隅をつつく聞き方は大変なんで逃げ腰なんで、タダシンさんに頂いたこれで攻撃した。


イメージ 5


それでもピンピンしてるカイザーさんには最後の攻撃。





よし。だいぶ効いたな。戦闘力が下がった!!

この後はMrダニエルY氏邸に大移動

その2に続きます

年末のことですですが生田の会 オーディオの集いに参加しました。

年末のことですですが生田の会 オーディオの集いに参加しました。

主催は
イメージ 1

林 デザイン室室長

イメージ 9


試聴機材は

株式会社ヒット開発研究所 
以前にメグでも鳴らしました、福島代表の造られた
  3極管特性のトランジスタアンプLTC10155S

イメージ 2



石川さんデザインのAZIS 

イメージ 3

などなどです。

博士から業界企業のかた、幅広い方々が集います。
各機材をケーブルなども交換したりと幅広く聴き比べ、談義しあいます。

AZIS  Mr Ishikawa
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

また、マニアのOさんという方の持ち込みはダリの小型SPを改造したもの

これをB&Wやノーマルのダリと鳴らし比べ。


イメージ 7

イメージ 8


小生 物量投資、重厚長大なシステムマニア集合傾向な昨今でしたが

なになに シンプル かっこいいディスクトップオーディオの出す音も魅力。かっこいいだけに、ディスクトップじゃもったないかな。

渾身のアンプ、LTC10155S これもまたなんとも魅力ある音。大企業の合議制ではだし得ない部分が感じられます。


またOさんのこだわりのダリ改造モデルは解像度がぐーんと向上し、中高域の艶が乗ったサウンド。この値段でこの音がしてしまうとは...

美味しいお茶とお菓子、すばらしい環境と音を提供いただきました。すばらしい体験の1日でした。ありがとうございました。

新年会1



Mプロデューサー 1月3日の新年会です。

今年もお邪魔させていただけました。

なんとオーバー50名 
イメージ 2

イメージ 1

音楽談義 エフェクター談義 ミュージシャンはもちろん、焼きそばやさんや

イメージ 3

プロレスラー  タケシマケンジさん 


イメージ 4
イメージ 5

逢瀬アキラさんとMプロデユーサー

イメージ 6


イメージ 7

イメージ 8

逢瀬アキラ特設サイト http://akira-ouse.com/
逢瀬アキラ公式サイト http://akira3351.web.fc2.com/
ギガコネクト通販サイト「GC SHOP」 http://gigaconnect.shop-pro.jp/
猫くんも人間が多くって行き場がにゃい
みんなにかまわれるし
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
この人数です。
料理をしっぱなしです。
かたつけも考えるとぞっとします..
本当にごくろうさまです。
めちゃくちゃ楽しかった!!!
皆様今後ともよろしくお願い致します。

SAEC+カジハラ・ラボ+ポーカロ・ライン


メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 Vol.54『SAEC+カジハラ・ラボ+ポーカロ・ライン』特集
SAEC 北澤様、カジハラ・ラボ 梶原様、ポーカロ・ライン 村山様をお迎えし、各社の製品群をとことん試聴三昧。
第1部 19時00分~20時30分
カジハラ・ラボ,ポーカロ・ラインの最新の機器でカジハラ・ラボ 新導体PC-Triple C高品質電源ケーブルをはじめ、各種ケーブルの試聴。
第2部 20時45分~22時00分
カジハラ・ラボ IKEDAトーンアームにて各種IKEDAカートリッジ(ステレオ・モノ)試聴三昧+ポーカロ・ラインの電磁波シールドの効果、等々、楽しみましょう。
いつもの通り、愛聴盤 アナログレコード、CDをお持込み願います。


というメグイベントでした。

去年ですが...





吉祥寺のココナッツで腹ごなしして

イメージ 1


中塚会長 いつもお疲れ様でございます

アナログ,CDP DAC,PREAMP   新しい線材料 などなど 周辺アクセサリー含め
熱いですね。

満員でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 7

MCカートリッツジ アナログの音色
SAECの新ケーブルの違い
CD DAC PREAMP の音は?

神妙 真剣に聞き入らせる皆様。

この日は珍しく辛口のマニアもおられ、音にダメだし発言も!!

個人、好き嫌いがありますし、盛り上がるな~って私は思いましたが..

珍しくTしまさんがなだめに入りました。

丸くなられた..

会場の様子 














イメージ 4

イケダのお墨付きの音色 カンチレバーなので扱いも優しくなりました

イメージ 6
イメージ 5




リニアトラッキングと光カートリッツジ

DS-AUDIO の光電式カートリッジ
DS-W1http://www.phileweb.com/news/audio/201410/10/15028.html

注文殺到で導入しようにも在庫がないという。

マイクロファラッドさんが店のデモ機を正月休みの間貸し出してくれました。

ゴールドムンド スタジオにつけてみよう。

今はライラ タイタンですが、ウエイトが足らず、重りを追加してますが
DS-W1は4gほど軽いので、追加しなくてもいけそうです。

イメージ 2
イメージ 1

箱さ戻しただ。

実働時間は50時間ほどでしょう.... アナログはあんまり.. 

イメージ 4



交換しようと思ったら、リード線、か細いリッツ線の被覆がめくれ上がり線もほつれてる。

この際だから直しとこ。

イメージ 3

被覆がおそ松くんのイヤミの靴下状態なのでシリコンでコーキングした。
固まるまで暇なんで

新旧比較

リンク記事にもありますが、中身も相当改良されております。
裏打ち配線が見えます。

左の旧型のトランスに巻いてるのは3Mスポーツのノイズ対策シートです。
ウチの劣悪な環境ではあったほうがいいですね。

イメージ 8
イメージ 7
イメージ 6

さて、固まったぞ。

ぴったし1.5g

イメージ 5

ならした

実体感が素晴らしい。

DS-01で感じた低域のキレの良さ。 中高域もそのキレの良い傾向はあり、気に入っていたが
DS-W1はそんなもんじゃなかった..って感じです。

実体感はさらにリアルになり、キレというか、曖昧さのない音。
そういうと、贅肉の無いきつい音という印象が思い浮かべられると思うが、
そういう次元とは異なった、要するにリアルな音。

リニアトラッキングだったり、プラッターもアクリルと胴のハイブリッドだったり
ラックも大違いなので、全てが影響してるため、純粋な比較ではありませんが、
なんにしても、この環境の方がダントツに良いですね。

いやはや すんばらしいもんです。

イメージ 10
イメージ 9



プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR