取材があったのですが発刊まで黙ってました



秘密基地で引っかかったのでしょう。

カイザーサウンドのHPにうちが出てます。

貝崎さんにつないでほしいと連絡が入ったとのこと。
 


イメージ 1






このようなテーマで取材。


まあ、怪しいエズラが取れますからもってこいか




イメージ 2


オーディオ誌なら話が通じますが..なにはなすっぺって思ってましたが


運良く


カメラマン、ライター、ご両名共バンド経験者でした。

イメージ 3


なんと!

ご自分の愛聴盤おもちでした。

イメージ 4


そういうことならって

とっとと仕事終わらせ、音楽タイム

イメージ 6



生よりいいって言っていただけた。

記事にもそうんなことが書かれた。


イメージ 5




オーディオマニアより、演奏者にそう言ってもらえると嬉しいです。



スポンサーサイト



よい電源環境 富士宮の怪人邸 その1

先日、ダブルウーハーズ 富士宮の怪人邸にお邪魔しました。

イメージ 1


今回で2回目になります。

今回も素晴らしいお天気。

なにもこんな日に...
お庭には素敵なバーベキュウサイトがある....
インドアでオーディオ聴かなくってもっていうすばらしいロケーション。

イメージ 2



いえいえ

それ以上にすばらしいオーディオシステムがお出迎え

まずはアンプ部屋を拝見

相変わらずの壮観な眺め。オーディオマニアは意味富士山より驚く

イメージ 3


そしてこの電源!!!
ぶり返すが、某場所とは大違い!
この綺麗な電源環境+日本発のマイ柱

イメージ 4


そして第一のお部屋へ

高い天井

遥か彼方にプロペラが回る

窓からの光が美しい

この風景だけでお腹いっぱいです

イメージ 5


アルテック+オープンデッキ
球アンプはWEのパーツで固められた特注品

フィールドのユニットからは早い低域が飛び出ます。
ゆったりとしながらキレがある音。
現代オーディオでは出し得ない情緒です。



イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8

さらにお腹がいっぱいです。

まだ前菜ですが..

メインダイニングは続く


オーディオ ミジンコで有名な荒川さんイベント

メグ オヤイデ電気イベント


オーディオ ミジンコで有名な荒川さんです!

『わなげやりまーす』
イメージ 1

的は中塚代表 「頭に入ったらプレゼント」

(うそですよ~)

イメージ 2

【第57回 ジャズ・オーディオ愛好会イベント主旨】
 オヤイデ電気の荒川様をお迎えし、オヤイデ電気の「魂のこもったエンジニアリング」開発理念の製品、電源ケーブル、各オーディオケーブル、電源タップ、それにオーディオ専用グランドボックスを中心に、徹底的に試聴三昧しましょう。また、開発中ケーブルの試聴も楽しめるかも。
 
【第1部 19時00分~20時30分】各種ケーブル試聴三昧 
  電源ケーブル BLACKMAMBA-αV2,BLACKMAMBA-ΣV2, TUNAMI GPX V2、TUNAMI GPR V2
  ラインケーブル TUNAMI TERZO RR V2、亜C路SS750RRV2、PA-02 TR V2
  スピーカーケーブル EXPLORERシリーズ、TUNAMIシリーズ、OR-800シリーズ  
  電源タップ OCB-1 SX V2、MTB-6 その他、時間が許されれば新旧ケーブル試聴比較
【第2部 20時45分~22時00分】本格派仮想アースの決定版!スウェーデンのEntreq社製 Tellus(テルス)およびSilver Tellusの試聴・比較 



評判のケーブルの視聴!!!
しかし、音がおかしい…音が歪みむ...


スチューダ730、OUT PUTを差し替えると治るが、
しばらくしたら再発した。
壊れたか..いや違う。これはきっと故障だなと...ワイワイ...



ワディアに変えたら直りました。やれやれ。







荒川さん 動画で、ホッとしましたといってますが...

しばらくしたらワディアも歪み。

あれあれ.....プリだったんじゃ??

ジタバタします。

ワディアからアンプに直でもダメ...

じゃあパワーアンプ?

クリップ?

アバンギャルドのパワードを外すと治る。

SP接続、端子が盤の裏のナットが緩んでる。グラグラ。
うちに来た御大のアンプも同じだった。ブログに書いちゃった❤️
裏で配線がねじられ、線がほつれてた。
線変えばかりやるから....ね❤️
だからここが短絡気味なのかなあ?

と疑ったが......



イメージ 4
イメージ 3
イメージ 5




フェーズメーションの球アンプも音がおかしくなり、修理に出したら問題なしとか言う話。


ついに音が出ない..イベントにならず…


アース ステルスは重たいものを搬入したものの..

また次回という流れになりました。



お客さん 参加費300円しっかりとられましたが..

終了後 明日から商売ができないから直してくれ。
治んなかったら直せないやつたと雑誌に書くぞ

ボランティアなのに なぜに..
いろいろやってたら治った(ようだ)

おかげで終電も無くなった。
大出費。

まったく ブ  ログにかいてしまおう


笑い話ってことでね





原因

メグの電源環境がかなり悪く、電圧が相当降下します。
まあ築40年って話。
碍子に線をバインド線でしばってあるし、鉛のヒューズだ!!。(嘘..さすがにそこまで古くはない)

が... 悪いのは確かです。

これは数年前のアキュフェーズイベント時にわかっていた。

夜中になったら電圧上がって治っただけね。


これね❤️

イメージ 7
イメージ 6


電源が大切だと歌う御大
わなげなんかやってないで(じょうだんですよ)
生業の場所もそろそろやっていかないとね...

翌週に古いOAタップなどが使われていた部分や
一部屋内配線はオヤイデ、荒川さんがボランティアで手を入れられたと。
小生、用事がありお手伝いできませんでした..ご苦労様です..


さて、来週末はヒロ アコースティック ラボラトリーの
マンションと同額のスピーカーです。

アンプは日本を代表するテクニカルブレーンという組み合わせ!!

急遽電源持参ですごい音が鳴り響く!!

みなさまぜひお聴きください!!






NAZO OTOKO邸にてナゾケーブルと新機材三昧

NAZO OTOKO邸にてナゾケーブルと新機材三昧

ダブルウーハーズ会長邸

イメージ 9



怒涛のごとく押し寄せるアイディア!
細かな追い込み!

ケーブルもビンテージから最新モノ!
そしてナゾの新作線!

詳しくは動画で。



そう、この創造力とバイタリティーはもう宇宙人レベルです。


ネットでひろいました

こちらの宇宙人はくるくるPだ.

イメージ 1






もとい


徹夜で半田ごてを握ったり、機材のセッティング


なのにピンピンしておられます。

やはりエイリアンなのか…




エイリアンパワーが注がれたノーチラス



イメージ 2


それは火星人化していた


NHKさんの拝借
イメージ 3


アナログチャンデバのオペアンプ交換は鮮度が上がった。

デジチャンで均整の取れた感じになった。

しかし、やはり、箱、消音器という抑圧を感じたが、まあ、しょうがないんだろうと感じていたが。。

こいつで生まれ変わった!!

イメージ 10


まさにSPが消える!! 今までこんなノーチラスは聴いたことがない!! 

抑圧された音という印象はない。

自由になった感じ!!  火星の人に見えてきた!!





4450は常にトップランナーです。

懐かしいJBLサウンドは踏襲しながら場や立体感も備わった音。

オリンパスは現代アンプのドーピング  しかし全くへこたれない。
速く乾いた低域、JBLという音! 恐るべきJBL!!


ルーメンホワイトは何時ものように美声

エベレストはさすがに素晴らしい。

ヤマハのホーンのダブルバーガー増築中!!

イメージ 5



そして


TADはエベレストに負けじと新たなユニット

イメージ 11


オールベリリウムのドライバーとSONYの強力な低音は魅力的です。

TADとSONY  コンビが良すぎるのか、周りが引いてしまうほど..

それも一つの魅力です。

そう。単システムで何としてでも自分の音に手懐けようという音ではない。

様々なシステム、素材の味をさらに際立たせた音たち、90度聴く方向を変えながら堪能するという究極の楽しみ。



それらはナゾ線で鳴らされていた。

イメージ 7


イメージ 4



線と言ったら誰にも負けないぞと自負されるタダシンさんの登場

いつもの力作 自作5N銀線パラレル攻撃!!


イメージ 8


一聴ですが比較した。


鮮度が高く、この場ではタダさんウィン!!


仕上げは豚しゃぶをご馳走になりました!!

イメージ 6


しかし、オーディオっていうのは面白い。


ウチでナゾ線を聴いたのだが….其の結果は??


富士宮の怪人邸訪問記  青梅の怪人、メグ オヤイデさんのイベント

またまた遅あげ溜まり..


そのうちでございます。

ダイナミックオーディオ 50Th Anniversary

続編です。

トリのイベント 5555 7F HALでのHIRO Acoustic Laboratory Model-CCS Improved

前段からアンプはESOTERIC Grandioso

ネットワークからSP間のケーブルはナノテックシステムズ

久しぶりにほとんどがMADE IN JAPANで組み合わされた!! 強烈 ド級システム。

このシステムのピレゼンターはもちろん 7F 店長 川又さん

イメージ 3

HIRO Acoustic Laboratory Model-CCS Improved

イメージ 1

廣中代表

イメージ 2

HIRO Acoustic Laboratory Model-CCS 

Improvedとは 今回お披露目の究極的なアナログネットワーク

裏側の端子がまるでRCAのように見えるが実際は大型のターミナル

重量も30Kとか40Kとか。

部品は特注のものがぎっしり!!

詳しくは正式リリースで!!

イメージ 4

比較でdcsやアイーダも聴きました。

こちらのラックはフィニッツ エレメント かっこいい!!

イメージ 5

イメージ 6

ESOTERIC Grandioso

イメージ 7

小さなユニットだが、広大な場と速い立ち上がりのみならず

オーディオとしては十二分な音圧です。

イメージ 8

動画、高剛性密閉型の低域のキャラクターについての説明です。

小生も共感

昨今小型 ブックシェルフなど
バスレフで聴かせる低域が多くを占めますが

この密閉型SPのような低域も大変魅力的です。

そう。箱とバスレフ

小生はそおこんとこが耳につく

というか、そこんとこが生音から乖離する要因と感じるから。

もちろん箱やポートは一部の要因ですが。

あんまり書くと怒られそうだからやめときますが。


そうそう

ステレオサウンドに箱の後ろに1センチほどの穴があいてるから完全密閉型ではない
と書かれています。

このイベントでも説明がありましたが、音質的には密閉型と変わらない。
穴をふさいでも空いていても音は変化なし。

穴の用途は呼吸穴。

それはそうでしょう。

例えば車のヘッドライトとかにも穴はあります。

完全密閉型なんてありえません。

組んだとこと使うとこの高度差

気圧が変わったら振動板の位置が変わってしまいます。

山の上のポテチ。

というわけで、Sさんの訂正ってわけではありませんが

工業製品としてのご説明でした。



音は



幅狭バスレフて球面波に近い音波

MBL使いの小生も大きな違和感ない。

なんて書くと何様ジャになりますが.

それはMBL使いたおしてからご判断を


いずれにしても

素晴らしかった。

川又さんの進行 演目も素晴らしい。

70年代録音から現代録音の比較

このスピーカーで聴くと!!!









ダイナミックオーディオ スプリングフェスティバル1

ダイナミックオーディオにて、スプリングフェスティバルが開かれます。

富士市の薬剤師、廣中さん開発によるアルミキャビネット、セラミック主体のダイヤフラムによる
スピーカーも5555の7階で聴くことが出来、廣中さんともお話しが出来ます。


本日までです。 力が入ってます。
じっくり聴けますのでお時間ある方ぜひ。。


昨日 野暮用すませ午後3時ころやっと出発

大宮

美味しそうな特産品  明日も来るからちらりと徘徊

イメージ 3


アキバ到着
天野さん  受けつけすませまして

イメージ 1

ヘッドホンは熱いですね。

イメージ 2

視聴会開催中の部屋は満員御礼  入れ替え合間の写真 

どのフロアーもセッティングやリハが大変だったでしょう。いい音でなっております。

イメージ 4

イメージ 5

座ってれば機材が入れ替わり比較試聴が堪能できる。

夢のよう。。

ご苦労様です。ありがとうございます。

イメージ 6

トリはHIRO!!

イメージ 7

続く

ダイナミックオーディオ スプリングフェスティバル

ナノテックシステムズの林さんからのメール

ダイナさんのイベントです。

HIRO 超ド級SP 聴きに行きます。

土日やってますのでみなさんお時間ありましたらぜひ聴きに行ってみてください。



イメージ 2
イメージ 1
イメージ 3



関係者各位、

差し迫ってのお知らせになってしまいましたが、今週末の土曜日・日曜日(3/7-8)に、
ダイナミックオーディオにて、スプリングフェスティバルが開かれます。

富士市の薬剤師、廣中さん開発によるアルミキャビネット、セラミック主体のダイヤフラムによる
スピーカーも5555の7階で聴くことが出来、廣中さんともお話しが出来ます。

お時間とご興味が有る方は、ぜひご来場の程、お願いいたします。

私どものケーブルもこのスピーカーに使われていることを書き添えておきます。

(株)ナノテックシステムズ

TW祭り

ひでさんに触発されTW上げ

イメージ 3
イメージ 5
イメージ 1
イメージ 4
イメージ 7
イメージ 9
イメージ 6
イメージ 10

イメージ 2
イメージ 8

そう 12面体の小さいのもTW使いです。あとリアロンが加わるので計44個R/L

多けりゃいいってもんでもないが、各自の音色を生かし、調整にあけくれれば..

多けりゃいいって感じになるかもしれません。

うまくなるまで大変なんでやめといたほうがいいかな

ヒデさんの音が!!

昨晩は恒例メグ ジヤズオーディオ愛好会 オヤイデさんでした。

模様はまた遅あげ予定です





メグで福島から出てこられたヒデさんが開口一番に

「うちは今最高にいい音で鳴ってるぞ!!」

それは、先日ブログであげられていた

イメージ 1



の山本さんが来られたからだともいう。 


小生、以前に音に戯れる会に会員ではないのですが、ゲストで脇に
座らせていただきました。

その際お会いしましたマニアの方、うちに来ていただきました。
スタジオK’S音と戯れる会の会員様こられました>会員の方、鋭い感性に驚きましたが、ヒデさん邸にはその御神体の襲来です。
辛口という話も聞きます。
小生など怖くてとてもお聞かせできません。

**************************


山本さんの鋭い提案、しかしたったの0.5クリックの調整でOKが出た!
さすがです!!

ところで0.5って.....
SWではなくVRなので、間もOKなのですね。
小生既成概念で間で使うという発想はなかった…


うちのDUOのパワードウーハーも、SPから繋いだ場合はクリック、上げると大きい..下げると小さい..
というジレンマは感じました。
ラインで入れてチャンデバ側でやれば問題無いのですが、そんな面倒なことしなくても..頭は使いようです。


Mチューンや目に前の携帯局の基地がなくなったこととか、いろいろな組み合わせの化学反応!


山本さんの書かれております訪問記


を拝見するそうとうな!!いいいおとだと想像できます。


小生のところなぞ軽く凌駕してるのだろう。


ウチも比較されたらたまらないからヒデさんにもう来ないでと言いましょう

でもやっぱりたまにはおよりいただきたいので。




精進..


イメージ 4




リアロン プラズマTWすでに15年つかっており、問題はないのですが一応菊原さんにご相談。メンテすればこの先一生大丈夫ということでお願いしました。

うちは音がちょっと大きいのでTW自体の音波が空気を動かした流れで放電が消えてしまいます。タフネスもあげていただけました。


(注)常識ある音量なら問題無いのですが、たまに小生は気が狂うので..

リアロン不在..シンバルや拍手、低域、すべてがおかしくなる。
ちょっと困ったので手持ちのフォステクスのFD30を入れてみた。


イメージ 2

縦置きは昔から375やラディアンやらでおばけホーンやモリタラボやらで、いろいろ試したのですが、
上下方向の場が広く、うまくいったことがあるので踏襲。

この豆みたいなTWですが、16K BW-24で切るとなかなか鋭いいい感じ。
、プラズマとは違うがこれもありだなあ。
もっと追い込もうとケーブルも変えてみました。

イメージ 3


この線はリアロンで扱っている極太リッツ線になにやら追加加工したもの。
アニールなのか?秘密かもなので詳細はお聞きしてません。

結果はさらに柔らかくなりながら速く尖った、繊細さもあるという音。
TWにはもってこいって感じです。

ほんとにこのリッツ線はいいですね。
こんなに太いのもなかなかないしね。


とか真面目に...背筋を伸ばして真剣に聞いてるようなこと書いてますが

寝椅子でつまみ食いしながら音楽鑑賞 グダグダに見える聴き方。

イメージ 5



リアロンが戻ってきましたが、フォステクスのFD30もどこかに置こう。
100KG級に比べたら片手で持てるもんだから、豆TWでブログネタにするのも恐縮だ...。

精進余談でした。しつれいしました

プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR