ハロウィンから銀座

渋谷を、見てみよかなと。 

移動するかたがた(^.^)

イメージ 1




混雑が嫌いなんで止め(*_*)

銀座。


イメージ 2


イメージ 3


スポンサーサイト



北の究極 エール音響コンクリートホーン

1週間前の事です。いやーあの瞬間に戻りたい(≧∇≦)

まずはオーディオショップ
audio mindさん訪問です。


お店はちょっと駅からあるとの事、北の信者さんの車で連れて行っていただきました。

イメージ 1

ダイビングショップかな?と言う感じのおしゃれなお店です。

イメージ 2


イメージ 3

東京のショップでは見られないレアなものがたくさんあります。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



菅野先生の色紙
入魂の音と書かれています。

イメージ 8



エール音響、入魂の音が広い店内に響き渡ります

イメージ 9

たくさんの品揃え、こちらも半日は必要なほどの規模でございます。


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16

気さくで、またものすごく頼りになる店長さん、S3はエールの件で色々と突っ込んだ話をされてました。


イメージ 17



いやー時間がいくらあっても足りません。

いろいろとお話、良い音をお聴かせ頂き有り難うございました。後ろ髪引かれながら移動開始です。

イメージ 18


イメージ 19

長くなりましたので、究極は、、すぐにあげます

音展からダイナ、マラソン試聴会

遅(*_*)
北のほう行っていたので全く追いつきません。
北の事を上げる前に、ほんとに簡単にですが。



会場はいつもの看板が

イメージ 1

このオーロラサウンドの
アンプは石と球のハイブリットでルンダール特注トランス、すごくいい音がしています。

イメージ 2



イメージ 3

不思議なスピーカー  独特の音色ですね

イメージ 4

ルボックスのスピーカー、アルミのヘアラインでかっこいいです。
アルミ削りだしと書いてありましたがどうやら貼ってあるように見える。そこんとこどうなのかしら?

イメージ 5

アイオーデータの新しいナス、土方さんの講演は面白いし分かりやすい。
NAS でこんなに音が違うのかってびっくりですね


イメージ 6



イメージ 7

ダイヤソウルルのスピーカー、
DACがマイテックになり、ハイレゾもご披露されてました。
さらに良い感じ、早い立ち上がりで鳴らされていました。

イメージ 8




羽田さんの平面ユニットのスピーカー、良い音でなっていました。羽田さんはちょうど不在で残念



最後に林先生の女子オーディオ
こちらは会場が広く、ちょっと鳴らすのは難しい環境でしたねぇ。井筒さんのCDうまくなってなかったなぁ。
会場で聞いた皆さん、あの音は参考になりませんよ(失礼)まぁ会場

ですからね。皆さん自分ちで聞こう。



井筒さんにおしさしぶりとご挨拶しさーて



ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



イメージ 15




慌ててダイナ、マラソン試聴会へ



受付でタペストリーとプログラムをいただきました。

イメージ 9



ちょうど入れ替えの最中です。しかし超短時間でと言う間に入れ替えいろいろ聞かせていただける。まさに夢のような出来事です

イメージ 14

新しいルーメン、こいつはなかなかすばらしい。正常進化しているスピーカですね。

イメージ 10

川又さんのプレゼンです。さすがのプレゼン力、あっという間に時間が過ぎます。

イメージ 13



イメージ 11

トリはCHで鳴らすヒロアコースティクス
広い会場を魅了するサウンド。がんばれメイドインジャパン!

イメージ 12

朝から晩まですばらしいシステムに魅了されたいちにちでございました。

北海道 グルメツアー

エール使いのSさんは、札幌に長くおられた方。

地元のグルメな方々の集うお店をご存知です。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

 最高な食材、まさに大自然の恵み(^.^)
tabearkyさん、T中さんも大満足(^.^)
撮影を忘れた品が沢山。
それくらいおいしい(^.^)です。

満腹(≧∇≦)



札幌駅ではこのようなイベント(^.^)
おいしいものがあり、文化的なイベントあり、素晴らしい街です。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10

ショップやマニア邸、訪問記、
また上げます(^.^)(^.^)(^.^)

 

北海道オーディオ行脚


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6



到着、まずは?

広い(^.^)
素晴らしい品揃え(^.^)
いい、感じで音楽が流れてます。

堪能(^.^)

これからグルメ(^.^)

足利 ゴトーユニット コンクリートホーン

遅上げです。

Sさんがすでに詳細を上げられております。




Mさんとは

イメージ 1

海外からも取材を受けた有名人です

イメージ 2
イメージ 3


威風堂々

イメージ 4
イメージ 5

上を見上げると低域ホーンが!!

イメージ 6

裏には超低域

鉄板のバッフルでエンクロージャーは裏側に200MM厚のコンクリの部屋!!!

イメージ 7


床や壁も音響に良いと思われる工夫が施されています。

施工時にとにかく妥協なくやり尽くしたと。

それでも、音をまとめるには相当苦労されたと。
例えば、上の青い線はウェスタン、被服は剥ぎ、試行錯誤した
自然素材で絶縁を施したという。

ホーンの乗った丸太はフェイクではなく本物!!
当初は背が高かったが、少しずつ短く詰めていって落ち着いたと。
これを切るだけで大変な重労働。
TWとリボンは近接配置するために下の台が凹まされています。

システムから出る音、
昨今のノンカラーレーションというフレーズは当てはまりません。
(ノンカラーレーションといってもどこも違う音ですが)
ホーンの心地よいカラーとインパルスとは対極の大海原的な低域、
現代のピュア系では絶対に出し得ない音。

独自のこだわりの美学が聞こえます。
例えば送り出し、CDはルボックスで14ビット演算。
マランツの現代物などもお持ちですが、ビンテージ系でのマッチングが
図られたシステムはやはり古い年代の組み合わせが心地よい。

そう。現代の機材とは美学が異なると感じます。
ハイレゾなどを再生しても同じ印象を受けるのかもしれません。
ヘリテイジという単語が浮かぶ音。

情報量やキメの細かさが足らない感じを受ける音ではなく、
かといって十分と書くには語弊があります。
要するに、そういうところに耳を向けさせないなにかがあります。
普遍性というのでしょうか?
そこが備わっていればそれでいいやという。

情報量や、付帯音、ノイズの排除などに目くじらたてる..
なんていうこ.とも...あるんじゃないかなと感じました。

すばらしいシステムお聴かせいただき、大変勉強になりました。


足利遠征 その一 エレックスさん

遅上げです。。。

あいほんを一寸紛失  写真がなかったので(汗)

足利 ゴトーユニット コンクリートホーン訪問まえに
エレックスさんをたずねました。

巨大な建屋です。

岩田代表です

イメージ 1

広い店内にはお宝が所狭しと並んでおり数時間見てても飽きませんね!

イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 7

エレックスさんの真骨頂 ホーンやかっこいいシーメンスのBOX

イメージ 11
イメージ 8
イメージ 10
イメージ 9


この大型システムをお聴かせいただきました。

機材を移動しベストな環境作り。ぬかりはありません。

イメージ 12
イメージ 13

岩田代表のお人柄が音になった感じです。
自然体でおおらか、控えめにも感じますがしっかりした音。
スケール感も大きく、ずっと聴いていたくなる音。

小生の、尖った成分もをさんざん出して、トゲも集まりゃ結果丸くなるかな?っていう音の
対極

おおらかな揺らぎをもった音楽の中にキラリと光る鋭さがある。

大変勉強になりました。

また伺います!! 宜しくお願いします。。


コンクリートホーンは次回

音展、ダイナ マラソン試聴会 などは


遅上げ告知 すみません



音展とダイナミックオーディオマラソン試聴会

今週末です。
先日ダイナ5555に伺いました。

最新のハイエンド機材、すばらしいですね。

イメージ 1


イメージ 2


ジェフとソナスの組み合わせ、明快でハイスピード、いつもと違った印象。

組み合わせ方や鳴らし方で色々と変化がありますね(^.^)

イメージ 3


イメージ 4




初めて見ましたが、なんじゃこりゃという感じ。足がすごい。
なんともすごい電源です。


イメージ 5




たくさんの機材の移動やリハーサルなど本当に大変だと思います。

明日は楽しみです。

後藤ユニットのコンクリートホーンなどなど、遅あげなってしまいますがとりあえず明日もイベント情報でした。


イメージ 6





キャンデーダルファー @ブルーノート

昨夜は表参道ブルーノートでキャンデーダルファー(^.^)


イメージ 1


自称30歳位(^.^)?
毎度元気なステージ!
飛び跳ね、ステージ狭い。

パパさんテナーの掛け合いが凄イ!
日本発公開の曲は、日本のこえた耳で
ウケたらレコーディングする。
イマイチならしないとかいうスペシャルお披露目。

曲名は忘れましだ(*_*)が
好きなように着飾るとか、生きるみたいな歌。
魂こもった演奏!

皆様総立ちで踊り!

イメージ 2

毎度、元気をもらえます!

最高!

締めにブラジルワインとソーセージ
ムール貝

最高(^.^

でした。

イメージ 3


イメージ 4


出水電気 訪問

久しぶりの出水電気です

レイアウトが微妙に変わってます。

イメージ 1

リボンTWの横の箱はNW?

イメージ 2

ではなくこれ トランスのCT0.1でした。

CT0.2はパネルのみですが肉厚アルミに刃物長にC面カット、ブラスト仕上げでカッコイイです。

各デジタル機材につけるというモノなので機材側で見せるとマニアックな感じでいいかな。

イメージ 3

もともと完璧だった電源環境。
小さなトランスを入れるのは(お金の)順番から言ったら逆ですが
どういう変化になるのかな???

島元さんのご説明は.まずはなし

そう。イベントだと前置きが20分あり、バイアスたっぷりでやっと音出し
ってのがありますが。


それなしでね。。


で聴いたら、SNが更に良くなりっていうと雑誌みたいでわかりズラいな。

装飾時間という音源で聴いた時に特に驚きの場、楽器の分離と、
強力なドライバーから飛び出す音が耳障りではなく、より潤ったのは
CTでよりアイソレートされたのが大きいのでは?

しかしこのドライバー、いままで他でも聞きましたが、モニターライクな
正確、純粋というどちらかというとつまらない音という印象でした。
しかし、電源でより、正確、純粋になったであろう結果が潤いが聞こえるとは。
しかもこんな安い小さなもんでね。

でかくて高けりゃイイってもんではないな。


島元さんによると
専用に設計したトランスで、昨今のちょっと消費電力が上がった機材用に0.2
通常の機材へ0.1という用途。

馬鹿でかいトランスから沢山引き出してもXだし
馬鹿でかいのから一つもX

トランスで目につくのがこれ
なにやら超弩級のプリメインなような。
開発中です!! 楽しみ!!


イメージ 4




ハイエンドオーディオ・高音質スピーカー DIASOUL(ダイヤソウル)試聴2

前回は


評論家先生など同席で、数分の試聴でしたので
再度お聴かせいただく機会をいただきました。

同行いただきましたのはダニエルYさん
グランセプターはほんの一部のTさん
エールSさん
という、面々....

到着しまして、まずは

寺本さんによる技術説明です。

写真ではサイズが大きく見えますが、以外と小ぶりです。
ウーハーも小型ですがDSPで補正され、下まで伸びるという。
このサイズなら置き場所にもそれほど困らないですね。


イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


まず一番手で持参のCD、アデルのライブ盤をお聴かせいただきました。

前回はプリアンプやCDPはアキュフェーズでしたがスペクトラルで
統一されたので、メーカーの特徴がよく聞こえます。

統一されたから?とお聞きしましたら、それだけではないとのお答え。
内臓アンプやデバイダー、今回の変更点など、ほとんどが㊙️
お教えいただけないということは、三菱ならではの凄い技術が詰まっているのでしょうか?

それはさておき。

機材の差がよく出るSPだと感じます。
横に置かれた機材も様々です。
パスでならしたらまた違うのでしょうね!!

イメージ 4

球体に置かれたTW、目を閉じると左右に広がるステージ、声のホールエコーがよく聞こえます。
アデルの声の尖った成分も気持ちよい。ボロンのスピードですね。


ツワモノみなさまの持参された難問音源での試聴。
場の広さ、高域の速さはどの音源でも活きますね。

やはりスピードと力、場の広さは乗れる音、
音楽再生には必要ですね。

いい音でした。
しかし、寺本さんは、まだまだ
さらなるブラッシュアップをしていくという前向きなお話です。
また試聴会などありましたら聴いてみたいと思います。

九段下ご近所で中華後解散しました。
ありがとうございました。

イメージ 5








珍システム来客~インターナショナルオーディオショウ~晩御飯のこと

遅上げ申し訳ありません。

5月から始めた
増築旅館的なこと。
とある物で短絡などなど、まったくもって来客のたびに異なるトラブルの連続でした。
ようやくまとまり出し、M目さんとT田さん、Y本さんにお聴かせしました。

ライブが大好きで、細かいことは大嫌いで、雰囲気が重要、学術的なことは知りません。
ということで、あいかわらず、音を煙でごまかした。

ケムリプシュー  まあ..フナッシーならぬジャナッシーですな。

イメージ 3
イメージ 1
イメージ 2

さて、まあ、こんなんでお許しをと。

有楽町はT田さんの車で40分ほどで到着。さすがです!!

会場での音は完璧ではありませんから、なにやらは判断が難しいですが。
皆様頑張っていい音出してます。

下からのライティング&音もさすがです。

イメージ 5

オーシャンウエイを聞きたかったが、時間がとれず。
この小さいのはちょっとこの場じゃたいへんね...
でも、頑張ってるってとこに関心がいくのもマニア?

イメージ 10


やはり質量がない発声体は素晴らしいですね。
羽毛のような優しさと早く力もある高域

イメージ 9


復活万歳
美しい仕上げ
この焼肉屋さん的な網はどういうおとになるんだろう?

イメージ 7

イメージ 6

そういえばアバロンも持ってるなあ。
こいう世界もいいんでしょうね。


イメージ 8

ブースごとじゃないし、超抜粋ですが
アナログはも熱いですね。
値段も暑い。グローバルウオーミングですな。

イメージ 11


カーボンのアームがカッコイイなと思ったら
一番奥のアームは500万近いような(恐怖)

カーボンといえばこれ

ウイルソンベネッシュも復活。

値段は据え置かれませんでした(笑)

イメージ 12


こちらはシンプルなデザインが素晴らしい。
まあ
安いわけないですが。
おいくらまんえんかな??



イメージ 4

モニターオーディオは良心的な価格
音ははっきり系かな。
小生はイイとお思います。

芳醇というか、クラシック系な高額機器が多いような気がしますが
高額商品の購買層はご高齢。
ゆったり系な音を聞いて、キレがイイとかいうのは
もちろんご自身の感性、物差しなので
なんの反論もありませんが

でも、もさもさだねって。

そして

廉価品は若い子が買える。
EDMとか聞いちゃうしね。
いろんな音が
聞こえちゃうから
こういう音なのかしらん

自然の摂理かな(爆発)

イメージ 14

翌日のジャズフェスがありましたし、

福島へ早めにお戻りのMさんや会場で久しぶりに会った方々と
中華をサクッとたべて帰りました。

サクとかいいながら紹興酒飲みすぎましたが...

楽しかったです。
皆様ありがとうございました。


イメージ 13



プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR