AK380


美音Y邸

久しぶりにお邪魔しました。

この日はメグ、ローヤル産業さんのイベント
その前にお邪魔しました。

メグイベント、会長、副会長のNさんYさん

重鎮参上(^.^)
みんなさんで美音探訪します。

Yさん持参 アナログ
盤は完璧(^.^)
DSオーディオ、光カートリッジ、赤で聴いた(^O^☆♪
太く快速な音(^.^)

さてCDは、
あら?

AK380というプレーヤー。
あら?AK240だったが、
あっというまに
アップグレード(^.^)
されてます(^.^)

しかし
高い(*_*)。ケータイなのに

鳴らしたら(^.^)据え置きでも
音イイ(^O^☆♪
ツャヤカ、ガシャーンもあり(^O^☆♪強く早い。
ハイレゾはイイ(^O^☆♪


pcトラポとDACって考えてみたら

左右別チップDACと
バッテリー駆動、
SSD(^O^☆♪

これをオーディオ機材で揃えたら
すんごく高い(*_*)

AK380 .そう考えてみたら、
安いですな(^.^)


近所で、
カレーステーキも堪能。



イメージ 3
イメージ 1
イメージ 5
イメージ 2
イメージ 4

スポンサーサイト



狂気振り切れMAX!


狂気振り切れMAX!
なーんていうテーマのオーディオ
なんと甘美な響きなんだろう!


スピーカーから煙なんて、なんてマニア心くすぐる響きなんでしょう(≧∇≦)


イメージ 1


そうです。

Sさんが゛上等であげられたところです。


http://blogs.yahoo.co.jp/audiovideo_fan/65256885.html


また行きたいなと書かれてたので、
便乗し体験しに行きます(^O^☆♪


狂気なサウンドで振り切れたいたい
(^O^☆♪

イメージ 2

横の壁に並ぶSP

イメージ 4

スクリーン下

イメージ 3

予告編の音はなんとも情け無い(*_*)
バランスもおかしいし、不明瞭(*_*)
まさか?これなの?
大分後ろの席だから?(*_*)

と心配しましたが、本番は、
ドーン(^.^)バーン(^O^☆♪
ガシャーン!(^O^☆♪
ズシーン!ψ(`∇´)ψ

格闘シーンでタンクローリーの横に隠したグロックを取り出し、奪とうとしたら気がつかれ奪われ、格闘の音、マガジン抜かれ、カシャーン、格闘音バスバス!、チェンバー内の一発を頭の横で撃ち!頭の横なので、右上でキーーンつつていう耳鳴りの感じなんて、経験者として(*_*)涙目(^.^)

また、追っ手をスナイパーが追撃する再に、残弾が後一発、バイポッド代わりに肩かして、ぶっ放すシーンも当然耳鳴りキーーン(^.^)
今度はライフルだから耳鳴りもデカイ!
ナイスな演出。

実際のショットの耳鳴りより低い周波数、揺らぎの演出あり、減衰も早いですが、
ナカナカリアルですな~(^O^☆♪

なんか、マイブームで耳鳴りに反応してしまい(^.^)ました。

芸が細かい(^.^)
迫力(^.^)サイコー(^O^☆♪

あまり音楽トラックはまざりませんが
後半、バイオリンが鳴りますが、そこはちよいと
デカイし、太いし、美しくない。残念かな。

あと、砂嵐に突っ込むシーン
凄い音かなと、身構えたら、意外にフツー。車のガラスも磨りガラスになっちゃうはずが、綺麗なまんま。
(^.^)ん?

なんて、面倒くさい見かたはイケマセンね。

タノシカッタ(^.^)(^O^☆♪
です。


(^O^☆♪


プリンス

passed away。・°°・(>_<)・°°・。
RIP,.


パープルレイン(^O^☆♪
通勤中、行き帰り、一年中ウオークマンで聞いてました。

CD.たくさんあるはずが、大量、分散、詰め込みまして何処にあるやら。

あ!

iTunesに一枚だけ入れてあった。


イメージ 1




一枚発見してDAWで32/192に


イメージ 2




時代はカセットテープのウオークマンからマイクロSDのAKに。
今、電車、AKで聴きながら。
時は流れますね
しかし、まだ行くには早かったな。

RIP



5月連休は結局またいじってるかな

去年の始めぐらいから平面ユニットを追加しだしまして

未だにまだ追加している最中です(^.^)

しかし311のことを思い出させる状況に
((((;゚Д゚)))))))

ちょっと落下防止

イメージ 1

このお稲荷さんみたいなスピーカー、振り子のように横にぶらぶら動くので固定しよ

ホームセンターで買ってきたこんなのちょっと曲げて、かこつけて穴開けて

イメージ 2

こんなふうに固定して

イメージ 3

ついでにいろいろ見直して

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

そういえばこのラックのジェフ、コヒレンス2と845のモノラルランプ、両方使ってない(~_~;)

イメージ 7

撤去して模様替えを始めました

イメージ 8

ここにチャンデバ4台とパワーアンプ20チャンネルぐらい追加しようか、はてさて(~_~;)

イメージ 9

(^.^)

吉祥寺メグ、オヤイデ 荒川さんのイベント

先月のイベントですm(__)m
満席でした(^O^)

ケーブルが好きな方が本当に多いんですね((((;゚Д゚)))))))






内容です(*_*)
メグ・ジャズ・オーディオ愛好会
「オーディオ実験工房1周年記念、切売り電源ケーブル一斉比較試聴の巻 前編」
出演:「オーディオ実験工房」パーソナリティ オーディオ評論家 炭山アキラ、みじんこ荒川(オヤイデ電気)

みじんこ荒川ことオヤイデ電気の荒川さんおよびゲストとしてオーディオ評論家 炭山アキラさんをお迎えし、2015年4月より衛星ラジオ放送「ミュージックバード」で
放送されているオーディオ専門の人気番組「オーディオ実験工房」。

同番組のパーソナリティーを務める「みじんこ荒川」が自作し、
4月から5回シリーズで放送予定の電源ケーブルを、番組開始1周年記念企画として、
なんと放送前にメグのオーディオシステムで鳴らします!


日本市場に出回っているオーディオ用切売り電源ケーブルをほぼ網羅!
 さらには産業用電源ケーブルの切売り品や、こたつ用ケーブル、ビンテージワイヤーなどなど、
みじんこ荒川の趣味趣向でかき集めて、仕立て上げた電源ケーブルなんと56本! 

本数が多いので前編(3/26)と後編(5/28)に分けて実施予定。
オーディオ実験工房の“情熱”と、電源ケーブルの“今”を貴方の耳でぜひご体験下さい。

登場ケーブルブランド:オーディオテクニカ、フルテック、S/A LAB、AET、オヤイデ、
ゾノトーン、アクロリンク、サエク、アコリバ、ナノテック、クリプトン、リアルケーブル、
フジクラ、ウエスタンエレクトリック、ベルデン、昭和電線、HS&T、富士電線、塩田電線、
協和電線、三ツ星電線、極東電線、品川電線、こたつケーブル、照明用ケーブルなど

というイベントです

(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)


中塚会長による荒川さんご紹介です

イメージ 9

しかしこれだけの量作るとはm(__)m相当大変m(__)m

イメージ 2

炭山アキラさん登場
明快で的確なご説明をいただきます。

イメージ 1



この数のケーブルを同じ曲の同じところだけ繰り返し聴きます(^O^)

中塚会長持参スチューダのA730の電ケーを刺しては抜いてのIEC.グラグラになってしまうかな(*_*)

イメージ 5


最初のFケーブル、元気な男の子な音。
それら3本も集中して聞いたら(*_*)
開始後僅か10分で(´・_・`)
ごめんなさいm(__)m
へろへろになった小生( ? _ ? )

とは違い、
御大ご一行様、巨匠の皆様は至って元気ですW(`0`)W ψ(`∇´)ψ ψ(`∇´)ψ


イメージ 6


同ポジで真剣に聞くvinvan先生、
向こうに見えますのはアコリバ石黒社長とエンジニアの女性の方。

イメージ 7

同じ型番のアコリバの線で作られた荒川さん作品と、アコリバ技術者の作品のきき比べです。

挙手の結果は、若干女子作品の方が数が多い。もちろん音の差( ´ ▽ ` )ノ

美人さんだからね~
荒川さんだからね~
( ´ ▽ ` )ノ
があるか無いかは分かりませんが。

寺島さんが音の差がなぜ現れたのかなあと。

この日は出川式電源の出川さんと、カイザーサウンドの貝崎さんもこられており出川さんはプラグのメッキの違い、ニッケルメッキがいかんと。
電位の話がしばらく続けました。

カイザーサウンドさんは線の長さが違うのではないか?と。
カイザー論がしばらく続きます。

何方にしても、いろいろな要因で音が変わると言うこと。
面白いですね。

なんとアコリバさん太っ腹です。ジャンケン!
勝ったらこのケーブルをプレゼント。
私は初回敗退(*_*)

iさんがゲットしました。(≧∇≦)

イメージ 8

そして、
林先生による


「みくりやクワイア」女性コーラス隊のご挨拶とCDの紹介

イメージ 3


イメージ 4

本当に盛りだくさんのイベントでした。

どれが良かったか?
じゃあもう一回!
こたつケーブルはどうなんだ?次回の予定です。
なに?!!今聴きたい!
などとものすごく盛り上がって、
終了時間を過ぎてもまだまだ続く。
残りの品はまた次回ということで楽しみです。




さて、来週末、23日のメグのイベント告知です。

よろしかったら皆様ぜひお越しを(^O^)


株式会社 ローヤル産業の代表 小久保様をお迎えし、あの時代の音を求めるオーディオファンに

ローヤル産業が贈る至極の励磁型スピーカーシステム、3システムを思いっきり試聴。http://www.royalsangyo.co.jp/   

【第1部        1900分~203013僖侫襯譽鵐故綣Х織好圈璽ーシステム RSS-133および172way励磁型スピーカーシステムの徹底試聴。さらに60mm励磁型ツイターRF0503を追加してどのように変化するか、存分に楽しみましょう。

【第2部        2045分~2200】フラグシップモデル30cm 3way励磁型スピーカーシステムRSS-3000の徹底的試聴およびDEER専用励磁電源 RPS-1000の魅力をとことん追求します。


 

 

耳鳴り対処&地震again

眠れないいほど耳鳴りが酷くなり。
小生、確かにうるさい音を聞きすぎて、
4Kがちょっと落ちってるのですが、

耳鳴り自体は小さい時にはるか彼方から来る電車が来るのがレールから出る高周波が聞こえたり、過敏なところがあって、今はもう慣れっこなのですが(*_*)

キーン(≧∇≦)久しぶりにすごい。前回の大地震の時もそうだったので(*_*)


自分の発見した柔らげ方なのですが、
耳鳴りはこういうので高い音を聞いたり、左右で違う音、またサイン波以外でスイープを聞いたりして、耳のマッサージなのか?少しは緩和されます。

て言うのをやってたら、九州、さらに地震が来まくっていて、ずっと寝られずテレビを見ています。


論文道路が寸断されるし、電線用いられます。雨も降るし(*_*)
政府は何をやってんでしょう?早く避難してる皆さんを中央構造線から離れたところ、ちゃんと屋根のあるところで大移動して
そして
原発は止めて電源とか固めてm(__)m
まだ耳鳴りが(*_*)


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3





(*_*)地震

(*_*)

今日は検診日でした。
しかしすごい耳鳴りで聴力検査がさんざん。
ちょうど4キロ位でキーと言ってて、わけわかんなくスイッチをおしてたら、係りの人がスイッチ壊れたのかと思ったらしい。

わけを話したら頭の上におっきな?が出てました。再検査だ。面倒臭い。

低気圧が来てるからかなぁと思ってたけどもしかしたらまたでっかい地震かなと思ってたら(*_*)



詳しい被害状況がまだ入ってませんが、いろいろな関係者がいるので心配

いよいよ九州から東南海に伸びてくるか?

火山にも影響があるだろうし(*_*)

イメージ 1



こんなんなったらシャレになりません。

イメージ 2

現在も耳鳴りが凄いです。
原子炉さんは早めに止めときましょうよ(*_*)

アイソテック登場の巻

いよいよ
アイソテック タイタン開梱しました。

イメージ 10



一晩あたためた後に音を出します。
まずは値の測定です。

電磁波測定、全然漏れてませんね。すごい筐体ですm(__)m

イメージ 1



ノイズは
お!000出ました!

イメージ 3

フラフラ
うちはやはり環境が… 2から5、そうか自衛隊のレーダーか?
あるいは見上げるとすぐそこに高圧線が縦断してるし((((;゚Д゚)))))))(爆)

イメージ 2



イメージ 4


これだけ劣悪な環境、それでも安定してこんなに小さい数字です。

うちはヒトケタ台にするのに4段ぐらいいろいろかましてるのに、

こういうやつね

イメージ 9

こういうのとかね

イメージ 8



これ1つでこんな数字が出てしまう!凄いです!

つなげる場所は(*_*)
選択肢がたくさんありすぎます(*_*)

とりあえずアンテロープ エクリプス384に行くところ.ノイズ値006の
所と交代して繋いでみます。

イメージ 5

より安定感が高まり、輪郭がしっかりとした音に変わります。

デジタル系
チャンデバにつないでみるとやはり同じような効果です。

サミングアンプ、ノイズ値30ほどだったところ
アイソテックに交代してみましょう。
サミングアンプの電源はこちら
ふつーのブリッジ
ふつーのチョークと
ふつーのコンデンサ。
GT管のアンプ側にサンタンシがついた
ハイエンドオーディオ機器にくらべたらなんとも(^.^)

イメージ 11



少しは気をつけたふりをして、ソニーの
磁気フロートのインシユで浮かれています。

イメージ 6

お?(^.^)ここが1番効果がありました。

しょぼい電源ほど効果があるのかな。だったら家にはもってこいか(*_*)

この状態で翌日ナスペックさんに聞いていただきましたm(__)m

イメージ 7

コントラバスマリンバ、アデル、マダーナのライクアバージン!なんて
聞きながら、
アイソテックにしたり、元に戻したり(≧∇≦)

うちの場合はアイソテックは立体感、奥行きがより一層深まり、位置情報もさらに良くなります。
力はデフォルトの方がにじんでいる分力強く感じますが芯があるのはアイソテックが勝ち!

それにしても、
すげえなぁという印象です((((;゚Д゚)))))))

この日はTさん、Sさんも参加してくれましたが.その効果には驚き。

しかしホールトンガンガンのライブなどなどはデフォルト状態がライブ感があるよと言う意見も。
私もそう思います。ソースによって通したり通さなかったりと言う楽しみも生まれますね。

むう(*_*)
欲しくなりました。私も努力目標といたします。
小生の場合、買えるものなら買いますが、性というか、金ないし(*_*)
自作してやろうと言う気持ちも起きてしまい。
金策自作、いろいろがんばってみようかな。(≧∇≦)

ノイズ

いろいろ見てみました(^.^)



まぁうちは一般的でない環境、高圧線まで徒歩1分、パラボラアンテナまで徒歩3分ですのであまり参考にならないと思いますm(__)m
何もしないとMAX
1000オーバー((((;゚Д゚)))))))かな

TEACの電源デストリビューター
そこからタコ足状態のものです。
パソコン、iPhoneの充電器、HDDやらいろいろ刺さるタップリ状態(*_*)
まあ、一般的なコンセントはこんな感じですよね。


MAXから600位に減りましだ(^.^)
ノイズの雑音が減った分ラジヲがさらにクリアーに聞こえます(*_*)

ちなみにサージを短絡させるOAタイプのアダプターです。

オーディオ機材のところにも使っています。
刺さりが緩く、抜けてしまうこともあるので、このアダプターをコンセントに両面テープでくっつけています。

アナライザーのプラグを軽く触るだけでガサガサいいます。
やはり接点のコンタクト状態は重要ですね。

雷も怖いしね(^_^)
イメージ 5



この不細工で重くておっきいやつは
設備用の電源装置、LCのフィルターやチョーク、いっぱい詰まったやつ。
11まで下がりました。
これでチャンデバを駆動しています(^.^)
ラジオ、ノイズも全然聞こえ無くなりました(^.^)


イメージ 3


これはティアックのタップのとこなんですが
電磁波測定器の数字も大体同じような関係を示しますのでこれで見ても何となく分かりますね

イメージ 1


EMIフィルターに電磁波吸収シートなどを詰めた自作もの
三相のちょいおっきなやつを使ってますので音痩せが少ないです。
29ですね。
イメージ 4

この設備のやつと自作フィルターを通すと001

(*_*)あー惜しい。あと1か
でも置き場によってはゼロになります(^.^)

イメージ 6





これは昔オーディオで流行ったパワーバンクと言うのにパワーエンハンサーというものを組み合わせたとき。
TEACのあとに繋いでるので570

イメージ 7

壁コンからだと713です。
イメージ 17

TEACから繋いでパワーエンハンサーを抜いた状態。
40位あがる感じですね。
イメージ 8





ノイズカットトランスにEMIフィルターを入れた自作品 MAXが42に下がります。
ラジヲも聞こえないし静か。この辺はアンプ系に使っています
イメージ 2


SONYデストリビューター 壁コンから繋がって、複数の機材が刺さった状態
うっすらとラジヲが聞こえます
 
イメージ 13



パナソニックのフィルター付きのOAタップ   。
なんとなくさしてみた。
結構検討してますね。なにも刺さってないから好結果でもあります。
でもOAタイプは優秀だね(^○^)
イメージ 14



ちなみにこんなのだと(*_*)MAXのまんま(*_*)
たしかノイズなんたらって言って売られてたような...
トランスならなんでもいいというもんではないみたいすね(^.^)
まあ、ノイズなんたらは氾濫してますからね.....イメージ 12



120ボルトが必要なところはステップアップトランスを。
いろいろ通った後でこんな所のごちゃごちゃの中に置いてある状態(*_*)
通常のオーディオきいてる状態です。
信号やら電気さんがスパゲッティーナポリタン状態。
オーディオファイルからしたら見るに耐えない状態でしょ?(*_*)
このステップアップは自作のトランスから分岐してまた昇圧しているところです。トランスあければ120のタップもあるので、出せますがめんどくさいのでついつい余計にこんなことになってます(^.^)
ごちゃごちゃぐちゃぐちゃ(*_*)
まぁ実力値って言うところで。
サミングアンプに行ってる電気です。

イメージ 18



出水電気のトランスMAXの壁コンから繋いで、
057まで下がります。フィルター入っていないのに優秀(^.^)
イメージ 15


出水電気のトランスは自作トランス、EMIフィルター、測定値42の後に入れ006でアンテロープの384DACに入ります
イメージ 16




ほかにもいろいろ、トランスペアレントつのタップだったり
CECだったり、信濃だったり
またケーブルやコンセントでノイズ対策とか言うのやら(*_*)

引っ張り出すのがめんどくさいので、そ一部、
こんなんも流行りましたね。

さぁどんな効果があるのでしょうか?

壁コンに入れてもマックスのまんまなのでティアックのフィルター後に刺してみましたが
あらまあ(*_*)なんと?
数値が上昇してしまいます(*_*)
測定方法の違いなのですかね?
イメージ 9



こちらは数値的には変化なし
まぁこの辺はオカルト系なのかな?
イメージ 10


というわけで、今回は数字のご紹介でしたが、値が低ければ音がいいと言うわけでもないらしい。

さて大方うちの惨状がわかったところでナスペックさんからお借りした
アイソテックのタイタン!試聴。


次回は音のお話です
イメージ 11





東京電力の電気をmains noise analyze で見てみてら



mains noise analyze

イメージ 3


ナスペックの水次さんの私物をお借りしました(^.^)

あんまし測りたくないなぁ。
昔オーディオプリズムの音にするやつで家を測りましたが酷かった(*_*)

すぐ近くに高圧線の鉄塔と
パラボラアンテナ

ちいさなリピーター局ではありません











です(*_*
まさにモンスター((((;゚Д゚)))))))
エナジータップリ

イメージ 2



多エレな八木さんでも
ノイズとghost
だらけで見れたものではなかった
NHKになんかウッラなかったなあ。
なんで金払ってたかな(*_*)
てくらい
後にケーブル
が来てようやく解決


いいことは

と同じネットワークなために計画停電はしなかったことかな。


さて
壁コンに刺しましたら

イメージ 1




やっぱりね

マックスって言われてもどれだけmaxなんでしょうか?



凄いノイズ(≧∇≦)
NHKがラジオ並みに聞こえます(^.^)
バリバリ(*_*)


よくわかりました。
すみませんでしたm(__)m


見なかったことにして(z_z)

続く


CHORD DAVE

Yさん演奏のダニエルヘルツで聴いたCHORDのDAVE、その音がまだしっかりと記憶に残っている最中に
Nazo otokoさん演奏のブログの、山本さん取材前にお披露目がありました

取材前の時はこのように足がセットされております。
イメージ 1

見下ろす形だと立体感があってかっこいい良いのですが、横から見ると土偶のように見えてしまうようです(*_*)
イメージ 3

確かに離れてみても1つ浮いてますね(^.^)
これは足が長い方なので、置き方によってはカッコ良いのですがね(^.^)
なかなかセンシティブな世界です(^.^)
イメージ 2


アイオーデータのfidataの組み合わせで
こちらのラックの顔ぶれのプレーヤーで聴きました

fidataは隣のラックに収まっています
シンプルで良いですね

イメージ 13

スピーカーはエクスクルーシブの上に巨大ステンレスホーン

イメージ 15


井筒香奈江さんの音源で、ハイエンドネットワークプレーヤーとの聞き比べ
その結果は(^.^)

CHORDが1枚も2枚も上手な音と私には感じられます。

イメージ 14

デジタルはやはり日進月歩、
カタログを見てもものすごいスペックです(^.^)

しまった。アンテロープよりこっちの方が(かな?*_*)。値段も近かったし、、まぁ比べないと分かんないし、気に入ってるし(*_*)

(^.^)(^.^)(^.^)

そしてアポジーのチャンデバとアンプ、
アナログやデジタルの組み合わせなどのガラガラポン聞き比べも行いました(^.^)
イメージ 4


今回のノーチラス君はカバーされてます
イメージ 5

アボジーのガラガラポンは大変です。
会長自ら配線を変えます
早くしないと忘れちゃうので慌てます。
イメージ 6

こちらはやはりゴールドムンド、デジタルの圧勝でした。
鳴り出した途端に皆さん即こっちだなぁと(≧∇≦)

fidataー会長も絶賛で思わず話が盛り上がっております
イメージ 7

興奮冷めやらぬまま、オーディオ談義にいつものお好み焼き屋さんへ

今回も皆さんで焼き具合、味加減、コンペティションです(≧∇≦)
イメージ 8

mfd Tさんが修行を積んできました。
成果をお披露目
今までの最長記録と言う感じで長く混ぜて、なじませてから(^.^)
豚玉 肉は別焼きあとのせだよーーんと手際よく焼きます
 
イメージ 12

まだまだだなと言う感じで眺めながら、実は結構修行を積んだなと感じている会長
(^.^)
イメージ 9

Tロードの
さん
実はなんと有段者でした(^.^)
思わぬ刺客が出てきました。
イメージ 10

お好み焼きもますます楽しみになりますね(^.^)

イメージ 11



最新鋭の機材をガラガラポンと比べるなんて言う贅沢(^.^)
そして修行を積んだお好み焼きの食べ比べこれまた贅沢(^.^)
ありがとうございました(^.^)

シンフォキャンバスお花見

いよいよ春本番ですね


恒例のお花見&音の森シンフォキャンバス&Taguchi試聴会&音ミュージアムパーティ開催
に行ってきました

----------------------
真っ白な幻想空間にリニューアルした7階のシンフォキャンバス・スタジオでは、
多数の新曲プログラムを初公開します。
64本のスピーカーの森を自由に歩きまわって、音のシャワーに包まれ、
音楽のリアルな空気感・臨場感をと光と振動の演出をゆったり&じっくりと感動体感していただきます。


2階では新型スピーカーシステム試聴会『Taguchiの音ミュージアム』を開催します、
たくさんのスピーカーをじっくり&とことん聞いて使っていただけます、
ご持参CDや音源等の試聴もオーケーです。
天井の高い響きのよい空間ですので気持ち良いですよ。

素晴らしい選曲と華麗な女性DJのDr.DJ ATSUKO
のスペシャルライブを開催


●場所:新木場・デザインアートセンター 
●入場料:¥2,000、15歳未満¥1000、未就学児は無料
●ビュッフェスタイルのお食事付き(飲み物は格安別料金です)
●アクセス:地下鉄有楽町線/JR新木場駅より
【徒歩】約15分
【バス】http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/noriba/shinkiba.html
バスのりば東陽町駅前行き(新木場循環)に乗り、2つ目「新木場東」下車。
道を挟んで反対側のセブンイレブンの隣のグレイのビル 屋上に“dac”の看板あり
住所:東京都江東区新木場1-15-10 DACビル
https://www.youtube.com/user/0102Casey/videos
♪~☆~♪~☆~♪~☆~♪~☆~♪~☆~♪



この電車で行きます(冗談)

マニアさんがいっぱい(^.^)
パチパチやってたので
マニアのふりしてまざってきました
イメージ 12

HUBLOTですね
イメージ 10

黒船電車かっこいい(^.^)
イメージ 11


普通の電車に乗ってですが(^.^)
到着でーす

イメージ 1

ちょっとわかりずらいのですが、エレベーターホールにこのような看板があります
イメージ 2

エレベーターで7階に上がるとこのような空間が広がっています

自動演奏のピアノが美しく歌います

イメージ 3


バスドラムを大改造したエンクロージャーのウーハー
絶品の低音(≧∇≦)

イメージ 4



イメージ 13

オリジナルの平面ユニット

イメージ 14


オーケストラがこの空間を埋め尽くします。

人間は視覚優位なのでオーディオマニアは映像があると気が散ったりで
画はいらないとか、
音が画に負けるとか、

ありますが、こちらは画が音に負けております。
負けてしまうのはもちろん音に臨場感があるからですが、
スクリーンもこのサイズがいいように感じます。


私はうちも小さな画で、サムネイル的におまけ情報として画をだしています。

あと以外といいのがHMD

こちらでもHMDで見ながら聴いたら陶酔しそうだ!!


イメージ 5


4階では素晴らしい選曲と華麗な女性DJのDr.DJ ATSUKOさんがダンサブルな曲を回しています


スピーカーはこれが4本、四隅に置かれます
爆音に思わず体が動きます(^.^)

イメージ 7


ヴァイナル300枚ほど、持ってこられてました。
重いし箱ぶのタイヘンそうです。

今はUSB一個で済むのにね(^.^)
アナログに針を落として、形で見えるのがかっこいい。
CDJだと味気ないし、iPadだともっと味気ないかな。DJ回す姿としてね(^.^)


アナログ 頭出しする姿!! アナログです。

イメージ 8

イメージ 15



イメージ 9

この日は夜はメグでした
N会長に新木場経由でいきましょうと合流していただきました
イメージ 6


7階のコンテンツは宮本先生の肝いり、
この日はピータバラカンさんもこられていて楽しい会話が弾み、
4階ではクラブ系の漠音、DJの素晴らしい選曲、音楽を堪能、
2階は田口音響さんの新作を色々と聞かせていただき、その上軽食がついて
これで2,000円。
ものすごくコストパフォーマンスの高いイベントです。
次回のイベント、告知いたしますので皆さんぜひ(≧∇≦)





プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR