いろいろやってみたい が2

浅く広く

食い散らしてし。

まぁ性分なんですが好きで食い散らかしてるわけでもないところも

今日は朝から病院やら何やら。すごい人の数で内科、その後、
介護関係の書類のために必要と言うことで身長体重測るのもわざわざ他の部屋でまたまたされて、

薬をもらうのも大騒ぎ。こんなんで1日なくなってしまうと言う。


日がな一日iPhoneからブログで
食い散らしの状況を上げられるようになったのはまぁ良い事ですね(笑)



これはだいぶ前に
音源をばらして沢山のスピーカーにアサインして鳴らそうとして買ったもの。結構うまく例えばアルトサックスだけボーカルだけと分けてトラックに保存して、RMEから出しましたがとにかくめんどくさくてやめました。

イメージ 1



また、

DJはどんなことをやるのかなと思って買ったもの。


イメージ 2



引っ張りだして
動作確認します。
マッキーのパワードは後ろにパッシブラジエーターがついてる。
バスレフよりもベースの階位域は判り、なかなかのもん。


イメージ 3



さて、動きましたので、
ポタラからかしてたコレ
リサイクルショップで見つけたソニーのガラス板を静電気で鳴らすやつ。
どんな音がするんだろうと言う興味と、このガラスTwをばらして部品使いでもしようかなと思い。

ふと、、夜中に鳴らしてみようと。


イメージ 4




とりあえずつないで音出しましたがやっぱりね。鳴りません。
まぁばらして直してみようかな。


これね(^_^)
ハイファイ堂さんのページか(^_^)

イメージ 5




そういえばこのスピーカー前も買ったな。そうだドラマの音いいマイクプリやら置かせてもらってるメーカーさんと散らかしています。


結局このまままたどっかへ突っ込んじゃってしばらく手付かずになりそう(//∇//)


iPhoneから送信
スポンサーサイト



いろいろとやってみたいことがありますが

どうも人と同じことをやったらつまらないのでいつも変なことばかりしてますが

ダニエルサイモン Facebookが素晴らしいと思う


イメージ 1




というわけで、
ピュアなオーディオ、ハイエンドなオーディオの方々はあまり興味を示さないのかもしれませんが、、、
KORGのnutube
今はもっぱらヘッドホンで聴いてます。
オーディオのバッファアンプとしての方は
ほったらかしてますがちょっとずつ隙を見、まずは電源のとこ。
出川式電源、メグでもイベントをやられて出川式電源のこうかは確かに聞こえたので取り入れてみます。


イメージ 2





それからこんなものも。これを見て分かる人は凄い。

イメージ 3




と言うただ単にほったらかしてる状況を乗せただけでした。(汗)

寺島靖国オーナーでのLAST メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 Vol.93『アキュフェーズ特集!♪


寺島メグの最終回の例会ということもあり、日本が世界に誇るオーディオメーカーであるアキュフェーズ株式会社の会でした

技術の方から創業以来の伝統、
今今の会社の風景など、通常の試聴会ではありえないコアな内容で皆さん注目です。


使用機器
アナログプレイヤー:bergmann Magne, 
カートリッジ:AC-6
フォノアンプ:Accuphase C‐37
CDプレイヤー:Accuphase DP‐560
プリアンプ:Accuphase C‐2850
パワーアンプ:Accuphase A‐250×2
クリーン電源:Accuphase PS‐1230, PS‐530
と大量です
搬入 設置 I社長自ら先導し技術のYさんQCのSさん、また
メグの会にも常連の方が新入社員になられたりで皆さんの総掛かりです


イメージ 2
イメージ 3
イメージ 1
イメージ 4

アバンギャルドのDUOは寺島さんによる数百回?のケーブル交換で
ターミナルも披露しています。
ケーブルのYラグが+-くっつきそうな勢い。
Yさんが心配して絶縁しますが、それでも短絡気味になり、
音が歪む。
Yラグ部は気をつけたので、まさか短絡は疑わず。
TWがブリビリいうので疑うが、どうもコイルタッチの音じゃない。
タフなアンプです
壊れずにクリップしながら音が出てしまいます。
そんなときにメーターがあるのは便利。
どなたかが、ン十Wでてるよ。そんなわけないぞ。
で短絡気味が判明。
さすがの信頼性。
短絡解除したらなんとも無しで快調そのものです。


まずは、アキュフェーズのY様による創業精神、音に関するコンセプト、最近のラインアップなどのお話で盛り上がります


2番目の写真は組み立てラインでのひとこま
担当者がなにかきになって耳を当ててます。
トランスのかすかなうなり。
NGとして戻されると。
この工程には時間の制約無し。
納得いくまで調べ、改善されるとのことです

イメージ 18
イメージ 8
イメージ 6
イメージ 13
イメージ 10
イメージ 14
イメージ 12
イメージ 19
イメージ 17
イメージ 16
イメージ 7
イメージ 15
イメージ 5
イメージ 9
イメージ 11


クリーン電源の有無はやはり差があからさまです。
ノイズの影響もありますが、波形の影響
また、電圧も、メグは昼間の無負荷でスレスレ100vですから、イベント時は下がると考えます。
この電源は降下も補うのがいいです。

ここはエアコン用ね。

イメージ 23



CDプレイヤー:Accuphase DP‐560はUSBで11.2まで入る優れもの、今回はCDだけでしたがハイレゾもぜひ聞いてみたいですね。

演目のひとつ、写真のCDは出川さんの関係するもの。
他の、出川式電源を入れた機材で制作されたCDをこのCDプレーヤーでかけましたが、違う録音の音楽、比較は困難。
ですが、私にはいつもより出川式電源有り無しの差が少なく感じたのは、やはりアキュフェーズの優秀なためだと思います。


それにしてもCDなのにものすごいハイクオリティーです。ボーカルの中に浮かび音場が広がり、寺島さん含めこんな音は初めてだと。オーディオの不思議ところですね。寺島さんオーナー最後の会なので機材もものすごく気合が入って過去最高の音を出してくれてると思います。




後半は、アナログレコードのSさんコンサートです。

アナログプレイヤー:bergmann Magne, はオーディオユニオン
からアクシスさんにお借りしたもの
かっこいいしエアーベアリングは快調。
フォノアンプはAccuphase C‐37によります

イメージ 20
イメージ 21



途中で古い製品も修理する体制を整えた写真、お話しを挟んだ、絶妙なバランスの演奏。

イメージ 22



あまりに良い音で鳴ったため
レコード演奏が止まりません。
10時になります。
ダブルウーハーズ N会長も茨城から駆けつけてますが、
電車が。
Sさんに耳うちし、最後の曲を。




そしてNさんから花束をおおくりします

イメージ 24

イメージ 25


満員御礼でした。
終盤は立ち席客多数。
アキュフェーズさんは、社長含めて関係皆様は外に出て、お客様に入っていただき。
オーディオみじんこ 荒川さんも駆けつけますが、入れない。外にいるとFBに投稿。
愛好家、アレンジャーの林先生も皆様優先的に、ご配慮。

こんなにたくさんの人が
吸音が凄い。
音どころじゃない。

とは、ならずに、
過去最高に良い音でした。
少し余裕を持って花束おわたしし、林先生からもお話し頂いたり、
みなさんで記念写真とか
ご歓談とおもいましたが、
そのようなMCもなく、
そんなわけでおしおしで、このあと皆さんあわてて駅に走ります。
寺島さんとお話したかった方々も多かったと思います。
だいじょうぶです。

MEGは無くなりません
寺島御大もいらしてくれますよ!!
新しいMEGを引き継ぐ柳本新オーナー 東京新聞にデカデカのりました。
リサーチ会社経営から、超オーディオマニア、ついにはMEGの新オーナー
天は3物あたえるとは...

イメージ 26


と見守る名誉快調NさんとYさんです


イメージ 27

新しいメグは音吉MEGとして4月にリニューアルとのことです。


毒を喰らわば皿まで サウンド

ここまでやったのなら、最後までやり通そうというたとえ。

副作用が少ないクスリ、
水でもプラセボ効果、
オーディオマニアには気になる言葉か?

本題

その日はメグジャズオーディオ愛好会、寺島さんオーナーとして最後のアキュフェイズのイベント

その前に愛好会、中塚会長の体調不良のため、交代したKさんのお宅を訪問してきました。

複数のシステムを構えおられますが、メインはこちらです

イメージ 1



スピーカーはアメリカンタンノイ。米松のハコの上にはタンノイのSTWがあります。

イメージ 2



小生、昔アーデンを直ぐに手放してしまいました。

それ以来タンノイには縁が無く知識もないのですが、確かハーマン傘下になったり離れたり。


ハーマン期にはラインナップを増やしUKとは違うアメリカ的な音だとか、

ハイファイ堂で何回か見ましたが、直ぐに売れていたかな。

貴重なスピーカだと思います。


フィリップスのLHH2000

イメージ 3



私も発売当時1000を使っていました。良いプレーヤーでした。

SACDが聞けるように新しい機材もあります。

FMのフォノやコニサー2.0
ガラード、EMTのカートリッジはインピーダンス違いのサウンドを楽しんでおられます。

イメージ 4

イメージ 5



FMのフォノで鳴らすタンノイは貫禄。


ビンテージな中道的サウンドに感じます。

オーディオ店だらけだった秋葉原の風景が蘇ります。

持参したCDRをフィリップスでかけましたがポツポツノイズがあるものの、ビンテージサウンドでは気に障りません。

アメリカンタンノイは乾きめな西海岸的な音でジャズを歌ってくれました。
しかし、
この、組み合わせは何か物足らないとのご説明ののちにこちらが聴いてもらいたい音と。

イメージ 6

イメージ 7



オペラやカルメンをアイドラとコニサーでかけていただきます。

たまげました。
最初にお聞かせ頂いたフィリップスとFMのサウンドからの変貌!

この薬に慣れてない私には有毒
耐性のある方には麻薬的なサウンドなのか?
アイドラのワウは聞き出した瞬間はバスに酔ったような感じ。まあ、なれればコレも薬になるのか?

アイドラの音の良さについてメグのイベントでも熱弁を振るわれましたが、なるほどこれは全く違う音がする。
30年ぶりの再認識と言う感じです。

コニサー2.0はとにかく俺の音を聞けと言わんばかり。(こちらは個体差があるとのことで、ロットによってかなり違うとの事)
同じ機械を使えばこの音になるという事ではなく使い手が変わればまったく違う音がします。
使いかたも様々創意工夫がされているようです。
WE111が挟まっていると。
小生も持っていますが、ナローにしながら力が強くなったりは経験していますが、そんなチンケな経験値は吹っ飛んでしまう音。

インタービーのブッ飛び迫力爆音とは全く違います。
耳の真横でコーチがメガホンで喝!

数日でさらばしたアーデンは箱が盛大になりました。
タンノイは設計の違いをミュージカルサウンド、
モニターライクな製品はストレートサウンドと呼んでいたような記憶があります。

クギを刺して固定してあるネットをわざわざ外してくださいました。

イメージ 8

イメージ 9



この音は、ミュージカルでもストレートでもない。
毒と知りながら皿まで食う勢いでまとめ上げたのか?
非常にエネルギッシュな方なのでご自分に喝を入れるサウンドなのか?

今風に言うと自分にパワハラか?

メグの集合時間になってしまいますがまだまだレコードは回ります。やはり俺の音を!な音!

イメージ 10




その後のKさんからのccメールで納得しました。
それは某社に送ったメールが、貴社の製品はおとなしい音、優等生、無機質、刺激がたらない。

その後そうではない音もそこの製品から出たと言う感想も書かれておりましたがとにかく刺激的な音が好きなようです。

毒を食らわば皿まで!
無味無臭ピュアオーディオや
ノンカラーレーションの対極!

あれ? 天つばか?
おまえん家も同じたろーと言われたらぁあおしまいですね。

凄い刺激を受けました。
ありがとうございました。


この後メグに移動。

イメージ 11



また上げます。

プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR