音吉meg オーディオ愛好会 100回記念

去年のクリスマスのイベントです。
年明け早々4つお仕事が重なり、1つはお役所のようなところ(生業の別の組織(-.-)y-., o O笑)にお願いする案件。やりたくないが、基本。
超ストレスの溜まること満点の星空。

残りは自分で頑張れば済むことだから気が楽。
その1つを完全に忘れ、歩いていたらその関係者の方とすれ違い。あれ?、、
なんか、、、
思い出して真っ青になる始末。
やばい。
物忘れが激し過ぎる。

と言う長い前置き。

この音吉イベントは揚げ忘れていたわけではありますせん。。
、全く手が回りませんでした。

去年のクリスマスのイベントです。

お店のFacebookのキャプション。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



ヘビー級。搬入も大変。

イメージ 5




高槻電器さんご挨拶。キャプションにありますが真空管メーカーとして発足からアンプ製作までのお話


イメージ 14





超弩級のアンプは筐体からハイセンスな作り。

イメージ 6



自社製の球
不純物の少ない球は非常に透明度が高く、薄いガラスに見えますが実はかなりの厚みがある。

製造設備図面等いろいろな資料も存在せず、まさに手探りの開発からだったと。
、ガラス以外は完全に自社生産。
JAPANクオリティ!


スピーカーはリワイアの小笠原さんの秘蔵のハーベスは特殊な貴重な、逸品。
消して能率の高くないスピーカーで、アウトプットトランスとのインピーダンスも完全には合わない状態ですが、そんなの関係ねぇとばかりにしっかりなります。

ものすごくクリアなサウンドを奏でますがもちろんつるつると味気ない音ではない。ハイクオリティーな音。

いわゆる真空管アンプのやらかな音とは別格のハイファイなサウンドです。

高槻さんをご紹介頂きました林先生も球のアンプを自作、数多い製品も聞かれているが、やはり球から開発されたアンプにはたまげていました。


やっぱり球はいいねぇ。300Bは憧れだねと納得の会場。

イメージ 7




高周波成分やコンデンサや、低域、調整ができる機能満載です。詳しくはリンク先をご参照ください。


https://www.takatsuki-denki.co.jp/products/300b-amp.html

熱い思いを語っていただきました!

イメージ 12



この調整で音の変化は絶妙です。やはり人によってこれがいいとかこっちがいいとか好みは別れてそこがまた面白い。いろいろな音源で聴きまくり前半時間を大幅に超えてしまいました。



後半は球の差し替えで音の違いを楽しみます。それが真空管アンプの醍醐味でもありますから皆さんワクワクです。



さてこの1本1,000,000はしてしまうであろうウェスタンの真空管、

イメージ 8

イメージ 9



前半の熱の上がり方で後半の時間がほとんどなくなってしまいました。
と言うことで前段の差し替えはほんのちょっとでして300Bの聴き比べ。

イメージ 10



リワイヤー 小笠原さんの熱い球を抜いて。さすがの手さばきです。しかしパリンになったら大変です。ヒヤヒヤです。

ウェスタン、さすがの嗅覚、ツヤ、力、なんとも形容しがたい。

まいったなぁと言う感じも漂いますが、もちろん高槻さんの完全オリジナルのハイレゾに対応する広帯域サウンドも良い。全く人間贅沢なものです。

贅沢三昧です。ウェスタンの球を年代別に差し替え聴き比べます。
、挙手を求めましが、やはり好き嫌いが分かれます。

メグ来られる方々はジャズ好きが多いので比較的方向性は定まりますが、多様なジャンルの方が集まれば結果はもっと幅広くなると思います。音と言うのは奥深く人それぞれ。

と言う感じで時間がいくらあっても足らない素晴らしいイベントでした。楽しくも良い勉強ができました。

それから会場から高槻さんにウェスタンの球の良さを再現はできないのかと言うご質問。

私もそれは聞きたかったところ。

いまや禁じ手の材料や、不純物のなせるところもあるのかな?

超超ハイファイな球にさらなる魅力を加えたらどんな世界が待っているんだろう?

素晴らしい音が流れるなかイベント100回記念して
中塚名誉会長に花束贈呈
中塚名誉会長半泣き!?

イメージ 11


イメージ 13



素晴らしいイベントでした
スポンサーサイト



。。遅揚げです。。

年始からいろいろ立て込み。
もうブログとゆうかスマホというかを放置するかな。ですが、
メーカーさんせっかくやってくれた事などたまってますので。

音吉メグ オーディオイベントの模様。

ティックレコードから坂上さんのケルティックハープ アルバム発売に合わせて、なんと坂上さんハープミニライブとアクセサリーの試聴会でした。


イメージ 1

イメージ 2



搬入のお手伝いに行ったら、
テレビ東京さんのアド街天国、今月26日放映と聞きました。の収録が入っています。


イメージ 3



収録後慌ててリハをしてイベント開始。

林先生からご紹介頂きました
ティートックレコーズ 佐々木さんです。

坂上さんの新譜発表会です。

写真を全然撮り忘れちゃいました。アクセサリーも静電気除去やゼロ磁場などなかなかの効果。

イメージ 4

イメージ 5




こちらなアクセサリーは

イメージ 6



なんとブラインドでどちらが効果があったか?
目をつむって挙手したら
ほぼ
100%の正解。



坂上さんのハープ
歴史や楽器の話、
弦の種類や、弾き方、いろいろな楽しいお話し。
目の前のケルティックハープから出る音生砂かぶり状態、、最高!

生音はすごいですね。音色がしっかり。

CDに入っている曲を演奏し、その後にCDを流します。


入魂のレコーディングです。立ち上がりの良い艶やかさもあり、細かい演奏をされているところまで目の前で聞いているような感じです。

しかし、やはり、生は
力があり音色があり、荒っぽさとも感じる勢いと柔らかさが混在する。

オーディオだと勢いはない。荒っぽさはあるが、それは、
安い音、電気っぽい音に感じてしまう。
だから、、、カイゼンすると、
薄い音色、聞きやすい音、は生とは違う要因。

(個人の感想です。健康食品のコマーシャル的に)

まぁそれはさておき、CDでは生では聞こえない音も聞こえます。弦のこすれる音。
。まぁよく言う所ですね。ライブではありえない無音とか、生では聞こえない、ケルティックハープならではの爪で金属弦をピックする音。それが気になると言うご意見の方は演奏もされるかなりの方のようですが、アクセサリでのさはきっぱりわからんと。

生では聞こえない音が聞こえるのがオーディオの楽しみの1つと言うご意見もあり。


よく言う話。オーディオマニアは音を聞いているのか?演奏を聞いているのか?

なのかなと思いながら。

目の前で生音を聞いて、それを自分のシステムで鳴らし比べたくなる。それができるイベントはいいですね。
CDは発売前でしたので予約と言う事でしたが、小生はハイレゾを求めたいので小生それをゲットします。

さてと。

音の没入が欲しく床と天井に沢山追加して、
50インテレビを反射板にやらが、
昨年中に終わりませんでした。

4日にやっと鳴らせたので、
オーディオの巨匠皆様に聴いて頂き。

Sさんのエール音響の音は東京一良い音になり。
それをプロデュースする凄腕mfdさん
マークレビンソン氏が聴き絶賛されてたY邸
Mマイスターは、プロ中のプロ。

そうそうたる皆様が聴きに来てくれました。


イメージ 1



小生の場合は思いつきでやってる自己満。
自分の気に入った音にはなった。
まぁ自分がいいと思えばそれでいい。
評価会もない。何のプレッシャーもストレスもないのは最高(笑)
なのですが、調整するのは大変。
その調整は、皆様の音を聴いて勉強。
オーディオマニアではまず行わないであろう(笑)本音で意見をぶつけ合い、
ご意見をいただいき、客観的に調整。

一人でこもって、ホントに自己満では小生じゃあ酷いことになりかねない。
皆様に感謝です。


あ、個人的な話です。あくまでも1人で自分の感覚だけでオーディオやるもいいんじゃないかな(一応書いとかないとね)
それが証拠にクラシックは全然感性が異なるみたい。
自分ではいいなと思ってますが今回もやはりだめでした(大笑)
まぁホントはいろいろだめなとこいっぱいあるはずです。
自分も他の音を聞くとそういう感覚はあり。
それが人間、個性ですから。
ただいいねいいねとやるのではなく結構ガチンコで聞かせあうのは楽しいことです。


ということで、
皆様のおかげでした。


イメージ 2



さて、ものがあふれてひどい状態
オーディオから距離を置いて
片付けしないと。

球交換

というか、電球交換のまき

青い色で寒々しいので

イメージ 1



ちょっと雰囲気を変えようかなとLED電球をアマゾンで検索

これ面白いなと購入しました


イメージ 2



しかし

真空管からトランジスタは
球から石になりましたが、

フィラメントから発光ダイオードになってもLED電球
今回買ったのはガラス球の中に入ってるのでまぁ電球っぽいですが、
この先面発光や、OLEDの照明になったら球と言う呼び名も消えていくかな?



さて工作ごっこ


イメージ 3




部屋の向こうと端っこにくっつけてなかなか雰囲気いいかな


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


脚立を持ち込みついでに

アデルのライブを見ていたらロイヤルアルバートホールの響きはいいなあと。
おー、皿みたいなのがぶら下がった天井がかっこいいなあ。
あれだな。
真似してみまた

イメージ 7



どうでも良いことですがはんだごて、
こんなとこに置いておくと踏んづけて火傷すんだよなと思いつつ、やっぱりふんつけて足の裏火傷。



イメージ 8



おしまい

新年明けましておめでとうございます

オーディオをメインであげているブログですが、オーディオ仲間皆様のおかげさまで楽しい1年を過ごせました、

今日からまた新しい1年始まっちゃいました。
しかし世の中異常気象や天変地異、経済も日本の工業製品、ジャパンアズナンバーワンと言われた時代から考えるとどうなってしまうのやらと。
なんにしても、、


というわけで、まずは次にやりたいこと、

このセラミックベースのダイヤモンドコーティングなんたらと言うユニットは、
ジャパンアズナンバーワン時代の名作ですね。
そのような良いものが正しい値段で流通していた時代が夢のようです。

高級1000円花瓶エンクロージャーをゲットしたので合体してどっかで使うかなと


イメージ 1




こういうののセッテング、初心に帰って、演奏はできないですが生楽器の音出しやドラムマシンの音でのコンパリソンで調整、最近怠けてやってませんでした。


イメージ 2

イメージ 3




今年1年良いことがあれば、
ツキがあればいいなと(^^)


イメージ 4



本年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR