ダブルウーハーズnazo-otoko会長、けやきホーンと蜂の巣を導入

ダブルウーハーズnazo-otoko会長のブログでけやきホーンと蜂の巣を導入したと。


聴きましょうとお声がかかり訪問しました。

超マニアのMさんと、ダブルウーハー初代からのメンバーのこさとうさん集合です


本日のメニューはこちら
厳選した機材と巧みの組合わせは
どんな化学反応が起きるのか?


イメージ 1





美しいアンプは211と300Bウェスタン、
アンプのケースも全く歪みの無い美しさ。
板金、溶接、仕上げ、表面処理、
随所随所に技とこだわりがあります。

イメージ 11





ウッドの温かみのあるサウンド
ボーカルに湿度感がありウットリ。
蜂の巣はハリのある元気な音
ジャズはコイツの独壇場かな?


イメージ 2

イメージ 3




4350とのマッチングもすばらしい
ジャズとクラシックを鳴らし分け
はまります!
4350-ノーマルも聞くことができました

バッフルの広い箱なのだが、これがまた立体的。
先日のPMC QB1一Aも大きな箱なのに立体感が出ていました
これはやはり音源の進歩と正しい位相で送り出すアンプ類の仕業なのかなぁと思う。
誇張感もなくなんともいいサジ加減。
こんなに高いポテンシャルだったのかとびっくり


エベレストはヤマハの混血となった和魂洋才これもまた良い。


イメージ 4



ノーチラスもゴールドムンドのデバイディングで更なる高み。


イメージ 5




TADはウーハーをsonyからJBLの1500ALにしてスピードが速くなった感じです。
低音の方向性まで感じる。
床面に伸びてくるなんとも迫力ある視覚的な低音が楽しい!

ウーハー入れ替えにより
ステンレスホーンがよりなじみが良くなった感じです。

艶やかでスリリングなサウンドはとっても魅力的


イメージ 6



兄貴たちに挟まれているルーメンホワイト
発売当時はセラミックの鋭い切れ者のスピーカーと言う印象でしたが今は他のスピーカーの過渡特性が良いのか印象が変わってしまった。
久しぶりに聞くルーメンホワイトはなんともウェットな音でした。

ゴールドムンドのフルエピローグは次元の違う音を奏でます。
箱の音がしないことと、
ユニットの裏側から出る波
多くのユニットで鳴らす振幅の少ないサウンド
それらの要素が自分の音と似ているので1番すんなり耳に入ります。

最後にリンのアナログからデジタルのプレイヤーとエクスクルーシブの純粋アナログ


イメージ 7



レコードはヤマハの NS1000発売時の非売品に菅野先生サイン入り!


イメージ 8




こちらのレコードはSPUの中身を使い銀リードで送る特製カートリッジ。
絶妙で良い感じです。

クラシックはリンで聞いていい感じ。


そしてセカンドルームに行くと初代クレルで駆動するアポジーがあります。

イメージ 9



初代クレルは
パネルが角が尖っていて、ピカピカ。トランスもウェスタン。
天板もチェロのようなもの。
曲げ加工では無いバラバラなものをボルトで組み合わせてます。

アポジーは緩やかで、良い意味で大雑把。嫌な音がしない。
平面だと早い音がすると言うわけではない。ゆったりと空気が動く感じが魅力的。


長時間にわたりいろいろな曲をフルシステムで堪能させていただきました。夜になってからこの霜降りをしゃぶしゃぶで。


イメージ 10




この肉なんと食べ物ではありません。飲み物でした。噛まずに飲めちゃいます。素晴らしい音だった話とお酒と、素晴らしいお肉。


手塩にかけた機材、調整、
素晴らしいサウンド、
堪能した1日でございました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



音吉メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 Vol.101 回はCSポート 超弩級真空管 212でした

音吉メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 Vol.101


1月のイベントは超弩級でした


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




送信球
今回は101回
むかーしアマ無やってたときに
八重洲のFT101もあったなあ。
イースポ出ると、頑張りすぎて、プレート上げすぎて球をぼかしてた。




モスキート NEOを鳴らす。

この巨大な球は何ワット出るのかしら?

イメージ 4





モスキートNEOは
ダイナミックオーディオ7F
HALの超弩級アンプ、
ボリュームガンガン!
で聴いた素晴らしい音
脳裏をよぎるかな?

と思うこと一瞬。

ぶっ飛んだ。

更に上。



まあ、ダイナミックオーディオさんは
15年前くらい前の話。
今のアンプなら凄い音が出るということ。

オーディオも進化してますよね。


リニアトラッキングのたんて
フリクションのほぼない摺動。
空気で浮いたプラッター、



イメージ 5



静電気除去するから更なる静寂。

カートリッジはオーディオテクニカの
針近くにコイルがくっついちゃったものすごいもの。初めて聞きましたこれがまた格別にすごい。
それを増幅する前段もものすごい。とにかくすごいものを聞いてしまいました


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



超絶贅沢なイベント。堪能しました。

アナログも良いですね。

藤田恵美さんのトークイベント

オーディオマニア御用達音源
オーディオ クイーンと呼ばれる
藤田恵美さんのトークイベントでした

会場は今回初めて行くところデジタルハリウッドだか何とか。名前がカッチョイイ

イメージ 1



到着してちょっとブースを見回って、それからイベント会場に行ったらもう完璧に満席


イメージ 2



運良く前列の左側空いてるよと林 正儀先生に手招きいただき^_^


移籍第1弾となる最新アルバム『カモミール・カラーズ』は新たな気持ちで望んだ作品。その思いのたけを恵美さんご本人、そして制作者の阿部さん、金井さんとともに語っていただき、一緒にその音も体験できるイベント





https://feedclass.com/posts/jwp2Uamu


http://www.phileweb.com/amp/news/audio/201812/27/20496.html


音元出版の野間さんのMCは
音楽とオーディオと、ウィットに飛んでとっても楽しい


イメージ 3







カモミールはオーディオマニア必須のリファレンスCDでした。

小生もスゥ100回のヘビロテ


藤田さんの音への拘り
この日も、林先生がマイクを離し過ぎたり、位置が悪いと、、
数回にわたり優しくそっと直してますが、、


イメージ 4



林先生、またマイク持たずに話しだし^_^
藤田さんだめだし^_^
愛嬌あり、音にこだわり、
ハーマンさんのハイエンド機材
素晴らしいサウンド


イメージ 5



収録の話は、
確かスチューダのテープでレコーディング。
そこからデジタルや、
バイナルを作成
バイナルは5月に発売しますと。
会場からえーCD買っちゃったと。
アナログも買ってくださーい。と。

のちに

ブース出展でいらしてた中塚名誉会長と林 正儀先生とオーディオ談義

藤田さんのナマゴエをメモリーに焼き付け、さぁ
聞こうっと。


楽しかったです

イメージ 6

イメージ 7

オタリテツクさん訪問 PMC QB1-A は素晴らしい

オタリテツクさん 訪問
PMCのQB1-A を聴いてきました

インタービーにて
PMC QB1 Aのサウンドに驚きます

イメージ 1



しっかりと聴いてみたいと思っていました。

Mマイスターからオタリテツクさん訪問のお誘いを頂きました。

高田馬場駅からすぐにある
オタリテツクさん

イメージ 2




マイスターと小生の貸し切り状態

イメージ 3



持参の音源を聴きます。

インタービーの会場では聴こえなかった音!

イメージ 4

イメージ 5




ありきたりな表現ですがウルトラワイドレンジ。そして正確な場の表現と細かい音の描写が素晴らしい。
とにかく力があって明瞭。
場が広く。この広いバッフルから想像もつかないような広がりを聞かせます。

といつものオーディオ用語を羅列しましたが、
ハイエンドのコンシューマーのスピーカーで語っている🔈が1だとしたらこいつは
2といってもいい位、倍位力があって細かい音が聞こえている

なんて定量的なこと言ってもしょうがないんですが、通常のスピーカーと言うのがどれだかもわからんしね。
さすがにどこどこのなになになんて言うメーカーや型番をあげるわけにもいかないし。きい使ってるんですよ(笑)
まあ、小生の勝手なイメージですからね。

しかしまあ、、
モニタースピーカーは進歩しています。

ちょっと前に老舗のモニターを聞きましたかまぼこ型のちょっとなろうな感じ。

PMCはハリウッドのスタジオで数多く使われていると言うこと。
実は某スタジオもPMCと言う裏話も。
やはり破裂音やガラスの割れる音など速さや力が必要なモニタリングには音楽用では物足らないのかなと思いを巡らせながら聞き入っていました。


オタリテツクのIさんからハイハットが刻まれる様子などまるでヘッドホンで聴いているような細かなところまで聞こえると。

小生もまさにそこ。
臨場感と力と細かさ、三身一体がないと音楽は聞こえてこないと言うのは小生のお好みサウンド。
出っ張った所はいいところ?どんどんやりなさいみたいな。
なんてかくと中道からはみ出た異端児のようですがそんな事はありません。
。シンバルがたわみながら材質が感じる。うねりが聞こえたり。

マイスターもこいつはスピーカーのみならず、フルセットのDSPやデジタルの強力なアンプがキいてるねと。

イメージ 6

イメージ 7



コントロールが入ったセンターとマルチアンプ、スピーカーで13,000,000円これってハイエンドオーディオから比べてみたらオッケーなお値段。


もし今まっさらからオーディオを始めるんだったらこいつかなぁと。これにあと数10本アンビエント持たせてやって緊張感、音に囲まれたらもう言うことなし。

なんてお話ししました。

素晴らしい音を聞いた!
。ありがとうございました。

クラシックの二大巨匠(オーディオの)

クラシックの二大巨匠
金町のYさん邸と千葉のTさんのお宅に伺いました

クラシックのお勉強です。
小生クラシックはほとんど聞かない。
どんなふうにならしたらいいのかわからない。

と言う次元のお勉強です。

オーディオのクラシック向けなサウンドとは?
タンノイとか。むかーしむかーし
アーデンも使いましたが。

小生的に言うとやはりジャズのガツンがないしジャズの細かな音も聞こえない。(小生には)

クラシックの無音から立ち上がる音だとかよく聞く言葉ですが、ジャズだと(俺ら的には)そういうの気にしない。というか客はガヤガヤうるさいもんだし(笑)

かといって繊細なブラシワークなんかは大好き。そういう細かい音は大きな会場では遠すぎて聞こえない。

と言うことでジャンルによっては聴きどころが違うというか聞こえる音が違う傾向があるのかな。
と済ませてしまっている。

そうは言っても聞きに来る方はくらしく聞かせてよと言うのでたまには鳴らすが
何がちゃんとなのかがわからんのが小生。
もちろんいろんなホールに聞きに行った事はありますが、。
そんときの大迫力のホールが音に満ち溢れるところなんかは大好きでその辺を再現して自己満でこういうクラシックが好きだなぁと思っていますが、
多分聞き方がいかんのか?違うだろー!
と言われてしまいますね^_^




まぁ何でもなるよと言うシステム(当社規定による(笑))もあれば、きっぱりと俺らのはそれはならないよと言うシステムもある。

と言うことでお勉強をさせていただきに伺いました。


金町のYさん邸
千葉のTさんと伺いました


イメージ 1

イメージ 2



さらに磨きがかかったシステム、
チューニング方法はほとんど移動していないような寸法での微調整は、スピーカーのみならず周りに置いてある機材の位置もちょっとずつ動かしては聞かれて追い込みをされています。

以前よりさらに音量は下がってじっくりと聴きこむ感じ。

おいらの耳は益々耳鳴りがする(泣き)

そんなんでオーディオやってんじゃねーよと言われるでしょうね(汗)

バイオリンのソロのパートなんかはとっても音が遠くて小さくてフラストレーション。
シンバルもバシャーンというのが何か飛んでこない。

それでも勉強した。
ホールで演奏しているのを思い浮かべるとなるほど原寸大。

そうすると音がとってもよく聞こえてくる。

生では聞こえるはずもないようない、わざとらしさは微塵もない。
強めの力加減やツヤ感、そういったものは虚像と切り捨てた感じかな?
エール音響やごとーのシステムとも共通する、zenの世界観なのかなとも思う。


おいしいお寿司屋さんでオーディオ談義。楽しい1日、そして次はTさんの所だねと




さて次の勉強先は千葉のTさんのお宅

イメージ 3

イメージ 4




FPSのユニット用の箱が完成したと
ずいぶん時間がかかってしまったらしいがさすがの作りの良さ。音の調整用の取り外し可能な構造

共振防止で鉛の板が貼られたりチューニングを追い込まれています。

MUTEC10Mhzリファレンスクロックジェネレーター REF10 を導入されておりました。これでおお化けしたと。

イメージ 5



途中でアクトンのセラミックのユニットのものとダイヤとを比べをしました、以前はそんなに差がなかったと。しかしこのクロックにしたらさがありすぎてもうセラミックは聴けないかな?と。
同感。ちょっと濁った感じのセラミックは、、、、になってしまいました。
まぁセラミックはその辺の良い濁り加減が逆に勢いだったり疾走感になってくるわけで、箱がならない構造だったりするとそちらの方がいいとか、
立松音響の古典的な箱バスレフにはスンナリのダイヤとの組み合わせがいいとか、、。クロックでピントがあったからの変化とか、、
奥深い。


おいしいお蕎麦屋さんでオーディオ談義。

肝心のクラシックの鳴らし方とは?

うーん、、、

やっぱおぃら的には力があって飛んできて音に満ち溢れるホールの感じが好きだなぁ。

難しい事は、、、

よくわかりませんでした(笑)

小さな音で、遠目の席から聞いている脳内補正をして聞くことをちょっとわかった気がしました。

その音量だと逆にマスキングされない音が耳に届きますし。

またまた勉強します。

プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR