SARPの青梅開発室でのオーディオ集まり

SARPの青梅開発室でのオーディオ集まり


過去あげ


https://blogs.yahoo.co.jp/radjyaradjya/18234916.html

https://blogs.yahoo.co.jp/radjyaradjya/18386501.html

時間が経ってしまいました。
前回の集まりの模様です。


この日のトピックは
上に貼りました内容の進化版の確認
、このような風景です。


イメージ 1



メンバーはメーカーの方、開発者の方、自作派でものすごい方々。オーディオ研究家の集まり雰囲気ムンムンです。
音源を決めることにも真剣。いろいろな音源を聞いて頭にインプットし、セッティングを変える顔も動かさず同じポジションで真剣に聞く。
エアコンをオフ、暑くなってきてまた入れて。
非常に細かなところまで神経を研ぎすまし。そんな感じです。



相島技研さん



http://www.aijima.co.jp/


イメージ 2



開発中のアンプ。
床に置いてあるCDの前のラックの最上段の小さなものです。その向かって右下にあるタップに刺さっているアダプターで駆動しています。

イメージ 3


灰皿の上に乗っかってると思われるでしょうがなんとこの灰皿はあの制振合金でできています。

アンプは卵形スピーカーとセット販売を考え開発中。
灰皿は非売品ですね、、、

今回も卵型で聞いてから、
B&WやJBLで鳴らしてみます。
こちらはSARP代表の福島さんが分割振動を抑えることなど様々手を入れてありノーマルとはかけ離れた鳴りとのことです。

イメージ 4


アンプは
非常に小型、そして電源もアダプターや少し大きめのスイッチング電源。
平成ハイエンドオーディオからしたら信じられないほど軽い仕様。

こんなに小さいのにメリハリのあるグリッピングの良い音がします。これは開発のご本人もなんで こんな音が出るのかと言うもの。

また、
コーンスピーカーもアルミ削りだし超弩級も鳴らした。


イメージ 5




NWはエムジェーのoさんの技術投入。
小型ユニットと頑強なエンクロージャーのため余分な鳴きがない。ローは無いもののそれ以外の魅力は特筆すべきものがありますね。それがより明確になったと言う感じです
もともと音楽を楽しむよりもマスタリングなどでに特化しておられたと聞いています。
そのように集中して聞く場合はいい仕事をしてくれる気がします。



次はMJ系の皆様のパート
360度水平スピーカーをパワード化し、そのアンプはマルチアンプ化されてユニットごとにデバイディングされた心臓。
最適化されたアンプでよりクリア。非常に心地よく聞こえます。



イメージ 6

イメージ 7




この独特の気持ちいい臨場感はお店で聞いたりしたら良いでしょうね。ということでこのNさんの作品は来週末土曜日の吉祥寺メグのオーディオイベントでお披露目することとなりました。
とっても楽しみです。
さぁジャズの直接音の世界に殴り込むこの音場型スピーカー、どんな風になるかとっても楽しみです。興味のある方ぜひご一緒しましょう。


そしてこの超重たいものを車で運んでこられました。
自作球アンプはものすごい物量を投入したものも聞き比べ。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10




メーカー製とは異なる個性のある魅力的な音です。
勿論おかしな音と言うことではありません。
好みにハマるとものすごく良いところがどんどん聞こえてます。

オーディオ研究の集まりは大変勉強になりました。
スポンサーサイト



フェーズメーションさんに行ってきました

遅あげです。

他にもいろいろなことがありましたがなかなかちょっと忙しい状況で。順次上げていきたいのですが、、

さて、


フェーズテーションさんに行ってきました。

イメージ 1



http://www.phasemation.jp/

5月連休頃のお話ですが、フェーズテーションさんが自社の試聴室でのデモンストレーション、一般公開しだしたとのことでした。
連休明けに特別に我々の日を設定していただきました。

アレンジャーはmfdーの高橋社長

この日はスピーカーはB&Wを鳴らされております。


全景はこのような感じ。
石井式のお部屋です


イメージ 2



クレーンの付いた工場をベースに改装されたと言うこと。天井は今までで1番高い位。


このCDプレイヤー、憧れました。物量とこだわり!
デジタルをコードのDAVEに入れております

イメージ 3


アナログはT2000超弩級のトランスと、Pー500ハイエンドカートリッジと、これまたマニア憧れの機材。

CA1000コントロールアンプとCM2000パッシブプリアンプの比較はデジタルアナログ共に行います。
ステップアップトランスも色々とお聴かせいただきましたがやっぱり高いほうがいい。あからさまにいいから困ってしまう。


イメージ 4

イメージ 5


アナログはものすごいバランスも体にセント

MA1500パワーアンプは300B 直熱3極球。

B&Wが今までにない艶やかで魅力的な音!

もうだいぶ前に、吉祥寺のメグでフェーズメーション、フラッグシップの機材、
ウエスタンの300Bドライブの845で鳴らすイベントは凄かった!
あの時のとんでもない音がした景色が思わずよみがえってきます。
あの時は寺島さんもびっくりしてしまい、本当に欲しいと言っていました。その後機材を貸し出していただきましたが電源環境が悪く、ちょっと音が歪んでしまったり。昭和の建物の電圧は夜は90ボルトわってましたからね。

こちらの電源は完璧、その下のクラスでもとんでもない音が出ちゃうわけです。

イメージ 6



まずはリファレンスの音源のご披露をいただいてから各自持ち込み音源をかけていただきます。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



特注のトランスは巻いてはタップを出しまた折り返してまた巻いてタップを出すと言うものすごい手間のかかるもの。

もちろん半導体等は一切使わないのでゲインはありませんが、それなのにこいつを通すと音量が上がったような気がする。


場も情報量も格段に高い。

いつもの耳タコリファレンス音源を本当に真剣に聞かせていただきました。ハイハットを刻んでいるところ、ほとんど聞こえないような音が全く埋もれることなく素晴らしい音色で聞こえます。

コントロールアンプ、決して悪いわけではないがこれと比べてしまうと…
いやはやまったくたまげました。


プリアンプ不要論と言うのはこういう機材を使うと初めて現実味が出てくるんだなと思います。


うちは今アッテネーションをするところがなくなってしまっていましたが、もしそーゆーシステムだったらきっと清水の舞台から飛び降りてしまうようなサウンドです。


長時間大人数で各自の音源を聞かせていただき、全員たまげて聞き惚れてしまった1日でした。

その後お勧めの親子丼の美味しい居酒屋さんでみんなでオーディオ談義をしました。残念ながら写真を撮り忘れてしまいました。

イメージ 10



この素晴らしいメーカーの皆様と
素晴らしい機会が持てて本当にありがたい限りです。

libero邸 異次元空間への旅

機材の詳細等はヒデさんが書かれております。
他力本願です。すみません(汗)

https://blogs.yahoo.co.jp/banshikoji55/50520349.html

たじろぐ皆様


イメージ 1



フェスの会場!??
別の次空につながる入口です。
たじろぐ訳は、ホームユースとしては日本でここであろうトリノフ&インフラソニック!
どんな音を聞かされるか?
打ちのめされるのでは?


覚悟を決めお邪魔します。

ゆったりとおおらかにクラシックが流れています。
真鶴の絶景が見える開放的な部屋。
サウンドも開放的で爽や、自然界のダイナミックさのある音。
窓のない閉塞的なオーディオ部屋と違う音はこのシチュエーションじゃないと生み出せない極楽の世界なのでしょう。

この時はGS1も同時に鳴らされていました。

イメージ 2




長年のコンビが歌うかのような感じ。


同じ機種のラジカセでも二台鳴らす違和感が出てしまうのに上手く鳴らす技、苦労話などは語っていませんでしたが、運び込みセットされたマイクロファラッドさんたちといろいろな試行錯誤しておられるのだと思います。

GS1もやEVも学問的?に見ると置いてあるだけで邪魔なのでしょうが、難しいオーディオは昨今の縮小につながっているような気もする。

好みの機材が組み合わされた枠なしオーディオは車で言えばマスプロではないガレージマシン。


イメージ 3




それを短時間で端正に校正する!
そこにはきっとリベロさんの職業も関連しているのではと感じた。

純血、ブランド派もよし。
自作派なども。
趣味とは楽しいもんだと思います。

と書いたのは、この日はクラフトのトップランナー小澤さんも来られ。
氏はどちらかと言うとコスパ記事系。

さて、この超ハイエンドオーディオにどんな興味を引くかと。
ど真ん中で音源持参!
引き込まれていたのでは?

バイク仲間の方もこられており、その中のお一人はこちらのヘッドホンの代表者。

イメージ 4



トライオード取り扱いに会場で聞かせてもらいましたがやはり周りの騒がしく。どう?
うーむ。よくわかりませんでした。

隣の部屋で静かな中じっくりと聴かせていただきました。

持参のAK.リファレンス、
以前多田さんに買っていただいたロシアの海賊盤?アデルのナゾのグラスティンバリー、ライブ盤冒頭のhello、いきなりお客さんの大合唱の立体感と距離感はヘッドホンの苦手なところ。場と雰囲気はなかなかのもの。
スピーカーからは出ない繊細さ、
ダイレクト感、スピード、
それらもうまく馴染んでいて良い。
先日中野サンプラザで聞いた他の振動系のものと比べるとなじみの良いとも言える古めの音質だがそれは好みの所。

liberoさんがお迎えから戻ってきて会が始まりました。
ヘッドホンはここで外し。
代表の方にお話をしたいなと思っていたが、お話しする前に帰られてしまい、残念ながらインプレッションなどお伝えできませんでした。
ここで変わって簡単にですが素晴らしかったですとお伝えします。

体調不良から復活されたヒデさんがスイートスポット、後に今回2回目にお会いしました紫音さんがその後にと指定席。私は端っこで聞いていましたが、そこでも以前のFujiyamaを真ん中で聴いた感じだなあと。
ライブで気持ち良い反響だからか?
サクララウンジを思い出させる上質なインテリアはデザイン的にも音響的にも相当なこだわりを持って作られたと思います。


紫音さんがスピーカーの真ん前間近のパワースポットに。
パワーオーディオはそちらですね。


イメージ 5




DS audio 光カートリッジと発電型のカートリッジの対決も始まる。

往年のアナログ派には発電型が安心した音がする。
光カートリッジは別次元。
青柳さん入魂の物量を投入したイコライザーはまた別格だったと。
この下のクラスとはだいぶお値段も違うので、針は最上級、イコライザーは下のランクと思っていたが聞いたら、

やはり最上級を導入となってしまったとぶっちゃけ話もありました。

そういった違いがこれだけ出てしまうのも恐ろしいシステム。
そう、何をやっても敏感に反応してしまうシステムは、どんどん何かやりたくなってしまう。先が見えない青天井。



その頃寺島御大が到着。

2回目の乾杯とお食事、
nazootoko会長の日本酒を味わいながら新鮮な伊勢エビ三昧バーベキューです。小生話し込んでて食いっぱぐれましたが(笑)
最高の音がバーベキューエリアまで流れる中での食事でまさに異次元空間。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8





ぶらり途中駅ノリで真鶴探訪、
アナログの取材、音堀端堀(笑)いろいろ聞き出しています。

御大、オーディオはビジュアルだ!
もう見ただけで凄い音がすると。
見た目は大事だと。さすが色違いのアバンギャルドユーザ。


もともと木下モニターのヘビーユーザーですからなじみ深いサウンドも聞こえたと思いますが、最新鋭のサウンドは新たな境地も発見されたはず。

聴き入る御大

イメージ 9



Fujiyamaを浴びて酔っ払っぱらい。
トリは爆音映画祭!

異次元空間!
こちらでライブ盤をかけたらその場所へ瞬間移動するでしょう。

超絶体験をさせていただきました。

アナログの取材も無事終了。
オーディオ業界3大美女の野間さんもご満悦。

イメージ 10



小生の現実空間へ戻るため東海道Time Machineにて時空トリップ。
2駅乗り過ごしてしまい帰宅。
買ったひものを冷蔵庫に入れ忘れ、
翌朝カバンの中から干からびかけた魚の匂いが。

干からびた干物のような空間に戻った。

プロフィール

radjyaradjya

Author:radjyaradjya
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR